私のホームページ

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

お気に入り

お友達

« 新しい年 | トップページ | 奉唱 »

2019年1月10日 (木)

1月

正月はええもんだ
雪のようなまま食って
木端のような餅食って
正月はええもんだ

遠い昔 祖母が良く歌っていました。
このような時代を明治・大正・昭和と
背負って生きてきた祖父母

父は大正・昭和を
母は大正・昭和・平成と辛い青春時代を
生きてきたと思うと今の自分がいかに
幸せであるか・…胸が締め付けられます。



七草なずな 唐土の鳥が
日本の国に渡らぬ先に
ストトントン
 
七草粥も今や遠くなり作らない家庭も多く
一抹の寂しさを感じるこの頃です。

明日は鏡開き
無病息災を祈ってお汁粉にしようかな。


喪中の方に寒中お見舞いを書かなくては。
今年は遅れたなあ。



« 新しい年 | トップページ | 奉唱 »

社会」カテゴリの記事

コメント

お正月はあっという間に過ぎ去って
しまいました。
三が日が終わり、七草も終わり、
そして鏡開きも終わると完全に
お正月気分からは開放ですね。
明日は、小正月のようです。
女正月とも呼ばれているみたいですね。

おはようございます。

「鏡開き」でしたね~・・・
お汁粉しばらく作っていないな~
そっか、今年は作ってみようかな?
小豆付けて置くのを忘れたから、市販のゆで小豆?で・・・

こんな風に、どんどんズルくなっていく自分が居ます。
頑張らないとここ、手抜きは違うのにね

お早うございます。

早いものですね、1月も、1/3終わってしまいました。

昭和も、遠くなるわけです。

昭和の頃、大正を挟んで、遠い明治と思っていましたが、新しい年号が決まれば、
今度は、昭和がそうなります。

目まぐるしい時の流れと変化ですよね・・・
戦中戦後に、辛酸を舐めた人、多いですよね。
そして、今や、私自身が、時の流れにおぼれそうになっています。
寒中見舞い、帰国してから書こうかな、と。
連絡がとれないと、心配されても困るので。
鏡開きのおぜんざいも、帰国後にと思っています。
・・・しなくては、
・・・ねばならない。
これらから解放された生き方をしたいな、と。
年年歳歳、生真面目になってしまった感じで・・・

季節を感じながらの生活もずいぶんと 見られなくなった昨今です
うちは子供の頃から 七草粥というのはしませんでした
鏡開きというのはしていました
なので今日は ぜんざいをつくりました
あま~~い御汁粉で  パワーチャージして 今日は雪かきがんばりました

おはようございます(*^-^)

年々季節感が薄らいできていますね。
我が家も今年は喪中と言うこともあって何だかお正月らしくない新年を迎えました。
子供の頃は元日には枕元に新しい下着と服が置かれていました。
街ものどかだったです。
今はお正月と言ってもお店は開いているし・・・
唯一お正月なんだと思うのは年賀状と買い物に行った時にお店に流れるBGMがお正月の曲・・
味気なくなりました。

おはようがございます。
今日は朝からどんよりしていて寒々しいお天気です。
おばさんのお家からは、今日のようなお天気でも富士山が見えるのでしょうか、
富士山がいつも見られてうらやましいです。

喪中のせいか、新年の感激のない日々ですが時間の速さにおたおたしています。
七草なずな、唐土の鳥がという歌を七草のころテレビで聞きました。
以前も聞いたことがあるような気がしましたが、こちらでは歌わないので新鮮な思いで聞きました。土地度地で七草の歌も違うのですね。
我が家では七草粥、朝の食事準備中、夫に言われてセーフで作ることができました。

二人だけのお正月だったので、普段と気分的にはあまり違わなかったかな?
でも、お雑煮は食べますよ!  これが無くなると、あまりに淋しいですよね。
七草はデパートで半額になった七草を買い、夜に頂きました。
子育ての頃は、伝統的な事(私の知っていることで、出来ることは)努めてして来たつもりでしたが・・・今は手抜きが多いです。
おばさんの生き方には敬服です。

東京はお正月らしさが年々なくなっています。
門松を飾らない家も多いし(我が家も)
年末お飾りなどを売るお店もほとんど見かけなくなってきました。
七草粥は、食べたことがないんですよ。
昔はお雑煮も三が日食べましたが、最近はせいぜい2日まで。
親戚がたくさん集まることもなくなったし
寂しいものです。

Toshi 様
この年になると過ぎゆく時間が早すぎ
ついていくのがやっとです。
小正月の行事も田舎はまだまだくあります。

ねこママ様
いつも感心しています。
祀りごとをきちんとなさり立派です。
お汁粉も年に一度作るだけですが
案外面倒な部分もあります。
老夫婦2人になり今まで祖母・母が守って
きたことを次に継承していかなくちゃ・・て思うの。

mcnj 様
新しい年号が気になります。
そしていつの間には昭和は遠い時代に
なっていくのですね。
活躍しているスポーツ選手の殆どが
平成生まれですもの。
昭和生まれの私達もう少し頑張ってみます。

くちかずこ様
今頃は台湾かしら。
年齢を重ねると一層 昔の事が
大切で守っていきたいと考えます。
そして若い人達に継承していこうと
考えています。

ソフィー様
わあ~
雪かきってやってみたい気持ちですが
地元の方は大変でしょうね。
死者も出るほどの大仕事ですから
大変さも伝わりますよ。
主人の友人は札幌勤務を終わり
千葉に戻り全く違う時間帯を過ごしているようです。

レオ様
そうですね。
お正月はわが家は全員が着物でした。
母が真っ白な割烹着をかけ、おせちやお屠蘇の
準備をしていた姿がわすられません。
今は遠い過去物語だわ。

ヒサ子様
お正月の風景も変わってきましたね。
凧揚げや羽根つきの子供の姿も
全く観られず寂しいわ。
行事もやらなければ駄目というわけでもなく
各家庭で決めてやれば良いのでしょうね。

tomoko様
2人になって時間が出来たので
昔 母から教えられたことが
走馬灯のように浮かびやはり私も
子どもたちに継承していくべきかと
考え始めました。
母が真っ白な割烹着姿でおせちを
振舞っていたことが思い出されました。
父が家族全員にお年玉を渡してくれるのが
楽しみでした。

ココア様
田舎も様変わりしてきました。
凧揚げや羽根つきの音もなく
子どもが外で遊んでいる姿も見かけず
寂しくなってきました。
せめて老夫婦2人で昔からの風習を
守っていきたいなあ。

私も 七草かゆ ほとんど食べたことないです 
七草かゆ食べずに ケーキ頂きました
今回は友達の
サプライズパーティーで ※入籍&誕生日 ケーキ頂きました(笑)

会社でお餅焼いて 砂糖醤油をつけ 頂きました 本当は寒いとよかったのですが
27度まで気温上がって お餅 と熱いお茶が… ベストなんですが~
冷たい コーヒーと 頂きました(笑)

keda様
何とも羨ましいような南国です。
毎日ご近所さんとの会話は寒いわね~です。
冷たいコーヒー
考えられません。やっぱホットでしょう

どんど焼き? 如何でしたか 穏やかな1日と成りあちこちでやっていましたね
屋根の上からの景色は良かったですが 恐い思いしました

ご心配おかけしました

明日は15日で小正月とか言いましたね。

我が家では小豆粥を食べる習慣が両親の時代から
なんとなく現在も続いています。

七草粥は全国的に有名ですが小豆粥は
あまり聞きません、どこの地方の習慣なのかしら?

親父は播州龍野の生まれで母親は大阪市内の生まれでしたけど。

やまめ様
久しぶりで童心にかえって楽しみました。
子どもの頃 書き初めの失敗したものを
持って行き髙く舞い上がるとお習字が
上手くなるって言われていました。

鉄ちゃん爺や様
静岡でも小豆粥しますよ。
わが家ではこの中にお餅を入れます。
ルーツは解りませんが、昔からやっていました。
母にきちんと聞いておけばよかったな。

私の実家も忙しい家でしたので お正月といってもお餅食べるだけでした。
お年玉も親からは貰った覚えがないような・・・(笑)

結婚してからは きちんと行事をしようと七草がゆ・鏡開きするようになりましたよ。
子供たちにも継承してもらいたいと思いながら・・・
子供達 我が家に七草がゆ 食べに来て終わり…とか言われるとさみしくなりますが これでいいのかな?とも思います(笑)

お店も元旦から営業してるしお正月という雰囲気もなくなり寂しくなりましたよね(*^-^*)

「七草なずな、唐土の鳥が、日本の国に、渡らぬ先に、
トントントトトン」←ストトントンとは、微妙~に違うところが面白いですね。
これを家族一人一人が、台所に来て、順番に、恥ずかしそうに
歌って刻みました。懐かしい。
今年は、私が早朝出勤でしたので、お味噌汁の具に
なりました。もちろん、お餅は入れましたよ^^

お正月も早々とすぎさりました。私は9日に78才。主人は80才です。先日も元日の初もうでおお札を持った写真をアップしかけたのですがあまりなひどい顔に愕然!!!人前に出られない気分です。でも・・・なんとか・・・ね。今日は今からCT検査。4年9か月の検査でで、あと3か月で大腸がんは完治ということになるそうです。あ・あ・あ・・・・いいのやら、見放されたのやら???、正和、平成・・もう一代はなんと呼ぶのでしょう

PCの不調で訪問が遅れ申し訳ありませんでした。
只今事務機やさんが来て無事回復しました。

今日は確か昔は「十五日正月」と言ってたような記憶があるのですが・・・・
その日は修行中の職人見習いに新しい服装とそれぞれの家へのお土産それにお小遣い
等を持たせて里帰りをさせたものです・・・・・今は昔の思い出となっています。

最近はやかましいバラエティー番組が正月気分をあおる変な時代になりましたね。

PAPA様
いつもお宅の食卓は賑やかで
お正月のようです。
良い風習は伝えていきたいと
最近しみじみ思います。
田舎ですので昔からの風習は
しっかり守っている家庭も多いかな??

二色 恋様
地域によっても風習は異なりますが、
もしかしたら
トントントトトン」←ストトントン
私の勘違いかもしれません。
出来る限り継承していきたいと
考えている私です。

ももり様
お互いに齢を重ねていますし
こればっかりは誰も公平ですね。
若い時は素肌が自慢だったけれど
今は何とか誤魔化しています。
美しく年を重ねていきたい。
そう思っていましたが無理かしら。

マク様
時代はどんどん変わり今に
昭和は遠くになりにけり・・・なんて
言われるのでしょうか。
寂しい気がしますが、これも仕方のない事。
せめて毎日を後悔しないように過ごしたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月:

« 新しい年 | トップページ | 奉唱 »