私のホームページ

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

お気に入り

お友達

« 危険 | トップページ | 奥浜名湖 »

2016年2月24日 (水)

芸能祭

ふるさと芸能祭を観に行って来た
地元の芸能????

市内の民族芸能連絡協議会に加盟する
団体が一堂に会し郷土の伝統文化を披露した

木遣りや太鼓
舞踊・纏いなどの演目だった
日本古来の音楽を継承するために
保存会の子供たちは練習に明け暮れたようだ
鮮やかなばちさばきに拍手を送った
龍の舞保存会は8頭の龍と
素箋鳴尊(すさのおのみこと)が

戦う舞は圧巻だった
他にも雨乞い保存会などが披露した


我が街にもこのような会があり
歴史と伝統を大切に
地域に根付かせている人たちの
活躍を知ることが出来た
願わくば継承して欲しいとも思った



Img030 パンフレット



« 危険 | トップページ | 奥浜名湖 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

伝統芸能祭でしたか。
みなさん、熱心に、保存されていらっしゃるのですね。

こんにちわ

「郷土芸能」・・・今の時代は少子化で継承される方が減り、忘れられていく存在ですが
保存会の方々が、しっかり保存され継承して行って下さると安心ですね。

地元の長老からの、謂れやしきたりを教えて頂きながらの芸能ですからね。

当町にも、古くから続くお祭りの「三社囃」と踊りがあります。
地元の高校生たちが「郷土芸能部」として受け継いで行ってくれています。
全国の発表会に出られているようです。
昔からの、口~口への伝承ってやっぱり違いますよね。

今朝は雪が降り積雪を期待したのですが鳥の餌台の屋根も白くなっただけでした。
それでも我が家より上から下ってくる車の屋根には雪が積もっていました。
わが社の展示場の上棟も雪が収まるまで現場待機をしていたようですが急激に
天候が回復して無事進行したようです。
ロゼシアターで地元の芸能祭があったんですね。
木遺りもあったんですね。たぶんわが社の協力会社の社長その仲間なんですよ。

昔は上棟式の際にはよく職人が現場でうたっとものです。
最近は関係者の葬儀の際に歌わせています。
私の「葬儀の時も木遺りで送ってくれよ」と頼んであります。
あれはいいものですよね。

コンビニに貼られたポスターで見たのですが、私の近く
の町でも先日「芸能文化祭」が開かれました。

お神楽、獅子舞、民謡などを小中、高校の部活で、その
父兄や地域とコラボで芸能祭に参加、盛りだくさんのプ
ログラムでした。

地域の御輿や山車もお囃子も後継者がいなくなり、祭り
には出身者に呼び寄せてかろうじて実施をしているよう
です。

静岡にも伝統芸能が残っていたのですね。
何でも捨て去るのを苦にしない県民性と思っていましたが、少しは安心しました。
それにしても、東海道沿いなのに、古い町並みもなし、伝統残っていると思った森町で盆踊りに行ったら新しいものばかり、静岡祭りを見ても、、、、
数えればきりがなかったのですが、一部で残っていたのですね。
何かの折には気をつけてみるようにしましょう。

伝統芸能を継承してゆくために、芸能祭を
行うなんて、良いことですね~。
やはり、古くても良いものは残してゆきたい
です。舞、迫力があったのではない
ですか?
木遣、大好きです。江戸の火消したちの
木遣が聞こえると何となくワクワクします。
伝統や文化、継承してほしいですね。

お早うございます。
私も見てみたいです。
静岡の梅ヶ島には、友人の家があります。
ずっと昔訪れた時、お父さんが神楽を舞ってくれました。
最近では、友人が引き継いでいるかもしれません。
もう少しするとFreeになりますので、また訪ねたいと思っています。
郷土芸能や昔からの行事は、いつまでも引き継がれていってほしいですね。

本当に、継承して欲しいですね。
その為には、拍手係も重要ですよね。
高校時代、友達が人形浄瑠璃を継承していましたが、その彼女も、既に57歳・・・
時の流れは早いものですね。

mcnj様
私も今回初めて知ったのですが
もう過去に31回開催されっていたとは
驚きました
もう少し見聞を広めないといけませんね

ねこママ 様
高校生が部活で取り上げられているとは
継承すべきものはやはり今の若者の
心意気にかかっていますね
嬉しいことだと思います
高齢者がしっかりしているときに
教えてもらいまだ次世代に・・・
拍手で~す

マク様
たまたま知ったものですから出かけました
初めて知り我が郷土にも素晴らしい伝統が
息づいていると感動しました
上棟式で歌われていたのですね
生で聴くってないことなのでやや興奮

放念の翁様
何処でも後継者不足に頭を
悩ましているようですね
学校の部活に取り組んでいることは
良いことでずずっと継承して行って
欲しいと思いました

オラケタル様
新しいものもまた古いものも
其々趣が感じられます
伝承していくことのむずかしさ
でも実際に自分で確かめてみて
その重要性も分かります

岡部町の柏や旅館のお雛様
ご覧になりましたか
人の実物大だそうです
先日のニュースで興味湧きました

Toshi様
そうなんですよね
なあ~だ・・・と最初は思っていましたが
実際に鑑賞して感動ですよ
自分の故郷の事でも知らないこと
多くありました
温かくなってきたのでどんどん外に
でて 見聞を広めようと思いました

やまぶどう様
そうなんですわが町富士市にも
これだけの伝統芸能があることに
ビックリ そして過去31回も
開催されていたとは・・・・・
なんのために富士ニュース購読しているのか

昨日ぶらぶら桑崎方面にドライブ
今宮・・・・ 随分立派な家が立ち並び
またまたビックリ
知らない町富士市でした

くちかずこ様
浄瑠璃ですか
それは素晴らしい後継者ですね
大切だと思っても伝承していく難しさ
多くの問題があるようです
せめて拍手担当を担いますね

素戔嗚尊は各地にお祀りされてますが、それぞれに
古くからの、お神楽や古典芸能が伝わってますね。

私が今回に訪れた安芸高田市にも有りましたよ。

何でもヤマタノオロチ退治はここ江ノ川の上流だとの
説もあるとか、あの日も実演が観れたそうですが
バスの時間が合わず、歴史民俗博物館だけで退散しました。

此処には中世・毛利氏の氏神さんで清神社と呼び現存してますが
ここの祭神は素戔嗚尊でしたね。

ここは広島県ですが江ノ川は島根県へ流れて日本海に注ぎます。

出雲が近いので素戔嗚尊が祀られている神社が多いそうでした。


伝統芸能に限らず、伝統あるものを継承していくことの難しさ、
私などが思うに余りあるものでしょうが、それでも
後の世に継ぐ義務があるように思います。
観て楽しむのは勿論ですが、継承する人達、人の繋がりを深める
こと、地域社会の為にも大事なことではないでしょうか?
素朴な神楽を観たくなりました~

伝統芸能祭ですか。

我が家の旦那さんは宮崎なんですが子供の頃にはお祭りの時にお神楽が舞われていたそうです。

私も島根県の須賀神社の近くでお神楽を見たことがあります。
村の人が集まってござを引いてみんなで見た思い出があります。
八岐大蛇を退治するというお神楽でした。
宵闇に浮かぶお神楽が今でも思い出されます。

学生のころ民舞研究会というところで 全国の民舞をいくつか踊れるようになりました
今でも踊れますよ  「秋田おばこ」とか「御神楽」とか
「御神楽」はお囃子の太鼓もたたけます
なつかしいな~~
踊ると元気がでます
いつまでも大切につたえたいものです

私と息子たちは 縁あって 八丈太鼓を教えていただき たたけます
これも聞いてもたたいても元気ができます
大切につたえたいものです

伝統芸能 ほんとに伝えたいものですね。
私も 昨年 秩父夜祭でみましたが 感動しましたよ。
学校が終わってから 練習を2か月間も続けてがんばっていましたから・・・
この子達は継承者として伝える役目があるんですものね。
親たちも一生懸命応援していましたから  涙がでました。

おばさんさんも良い伝統芸能に触れて良かったですね。
毎年 応援にいけるといいですね。

鉄ちゃん爺や 黒田様
各地にいろいろの伝統文化があるものですね
広島でヤマタノオロチ退治に舞が見学
出来なかったのは残念でしたね
出雲の周りにはきっと伝統文化が
発展したのでしょうか

tomoko様
今の音楽や舞が悪いとは思いませんが
クラシカルなものに興味が湧く年齢になったことかしら
もともと和のものは好きでしたが・・・・
継承していきたくとも後継者が少なくなったと言う
ことがいちばんの問題だとか
嗚呼 わが家でも後継者がいなくって
早くお嫁ちゃんが表れてくれると良いのですが・・・・

レオ様
ご主人様は神話の地 宮崎のご出身でしたか
一度 高千穂峡に行ってみたいです
御神楽を実際に鑑賞され今も思い出として
脳裏に焼き付いている・・・素敵です

ソフィー様
民舞研究会の部員だったのね
ご子息共々八丈太鼓がたたけるなんて
良いわね 親子共演を観たいな

私は学生の頃 県人会というのがあり
大学祭の時はそれぞれの県人のひとが
民謡を披露しあった思い出があります
静岡はちゃっきり節を踊りました
ダンスはできませんが盆踊りは好きです

PAPA様
自分の町にこのような
伝統芸能があるとは知らず
少し恥ずかしい思いがしましたが次回からは
毎年出かけようと思いました
伝承していくって大変なことですね
まず後継者が少ないそうです
皆さんのコメントで高校に部活が
あることを知りました

土地にまつわる伝統芸能、
こちらではほとんどすたれてしまっています。
子供の頃でも何にもなかった気がします。
もっとも今ではそれらを受け継いでいく・・・子供たちがまず居ませんけど

nyar-nyar様
そうなんですよね
何処も後継者不足が悩みのようです
でも素晴らしいものは継承していって
欲しいと願っています

岡部町 柏屋の等身大雛は二度見ていますが、等身大以上の大きさがあります。
また玄関先にも、わらじ履きの旅姿をした人形も置いてありましたが、、、、、

やはりお雛様や人形のあまり大きいのはって感じですかね。

「おばさん」さん^^こんにちは♪

最近は乾燥した大地と空気、強い風に一瞬も気が抜けず、勤務に精神をすり減らしております><

「8頭の龍と素箋鳴尊(すさのおのみこと)が戦う舞は圧巻だった」の文面に、似た?同じ?舞いを
TVで観た記憶が有ります。
勇壮にして、素箋鳴尊が太刀を振るい、龍の首を切り刻んで行く姿が圧巻でした。

歴史と伝統・・・今は若者が減り、私の地域でも、職場を休むとクビになると言って、様々な
行事に参加しているのは長老の皆さんばかり(秋風春風だけが若造)です。
難しいですね。


オラケタル様
再度の訪問ありがとうございます
柏屋は風情があって落ち着いた感じの旅籠のようですが
実物大には驚いたことでしょうが
ある程度は良しとしてもあまり大きいのは
お雛様としては可愛げがありませんね

秋風春風 様
なになに
若僧ってか
あんなに可愛いお孫さんがいるのに・・・・
それほど人がいないってことね
過疎化してきたのね

先ほどのニュースで消防士さんが火事場から
家財を盗んだとか
秋風春風様のところは大丈夫でしょうが・
お願いしますよ
部下をしっかり監督してくださいネ

芸能祭!っていいですね
後継者は、少なそうですね

親方が審査員としてテレビに出ます。
3月6日(日)13時15分~14時15分
 日本テレビ「サンバリュ 和食ワールドグランプリ」です。

ちゃこ様
情報ありがとうございました
相撲も国技として若い方たちに伝承していますが
最近は日本人力士の活躍がいまいちですね

お福様
どこの地域にも伝統芸能ってあるものなんですね
今回観に行くまで私も自分の地の事なのに
知らなくって恥ずかしかったです
継承して行ってほしいですが後継者が
居ないのが悩みのようです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芸能祭:

« 危険 | トップページ | 奥浜名湖 »