私のホームページ

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

お気に入り

お友達

« 会席 | トップページ | 秋・・収穫 »

2012年10月25日 (木)

友人より本を頂いた。
001
著者は友人のお嬢さんだ。
退職貧乏 父さんにならない 6つの方法
22日のBSジャパン 7PMで取り上げられていた。
退職貧乏ってなんだろう・・と興味を覚えた。
退職金ももらい、
年金の範囲内の生活をすれば・・・裕福とはいかなくとも
そこそこの生活は可能だろう。
一体退職貧乏とは・・・
ではリッチとは・・・

□妻とビジネスクラスで退職祝い旅行
□自分は仕事ができるいい上司
□退職後は趣味活動で友達づくり
□子供のために支援は惜しまない
□貯金はひとつの銀行に預けっぱなし

以上ひとつでも当てはまるお父さんは要注意とか。
もっと早くに読んでおきたかったな~

でも自分たちの身の丈に合った生活が一番と思いつつも
公的年金は3割減を覚悟しなければならないだろうし、
企業年金だってわからない。
経済的にも精神的にも豊かに過ごしたいものだ。

« 会席 | トップページ | 秋・・収穫 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

退職貧乏!?  当てはまってるゥ~~
身の丈にあった暮らしねえ~?  住んでいるところが都会でなくて良かった!って
思います。 田舎で狭いながらも畑で野菜を作って・・・一石二鳥!?
時々、都会に遊びに行けたらそれが一番いいかな?

今晩は。
なるほど、なるほど、そんな見方もあるのですね。
これまで色々な方に出会ってきましたが育った環境に寄り其々色々なもの見方
考え方が有るものだと関心や驚きを感じたりもしました。

おはようございます
わたしは、年金暮らしらしく身の丈に合った生活を心がけていますが
3に夫があてはまりそうで要注意です。
週に2回~3回のマージャン(健康マージャンでお金はかからないのですが、そのあとの飲み会でいつも帰りは深夜、)年に数回のゴルフ、頭の体操と、体のためにはいいと思いつつ、別に方法もあると思うのですが、
経済的には身の丈のが精いっぱいの生活で精神的な余裕には?の我が家です。

読んでおきたい本ですね
年金は、これから、どうなっていくか不安です。
豊かに過ごすことができると最高だなぁ~

“退職貧乏”初めて聞きました
う~ん、3番目に当てはまっているかも?
我が家は、趣味への出費が多いかもしれません(体が動く元気なうちだけと思いつつ)
でも、少ない年金でも趣味は楽しみたいものですよね。
その代り、普段の生活では身の丈に合った質素な生活を心がけているつもりです。

tomoko様
日経マネー編集部が出している本です。
定年後も自分の足で歩めるマネープランを
持って、そのうえで自分の趣味や仕事に取り組めって
ことのようです・・・・
地に足が付いた生活ですよね

マク様
人それぞれ物の見かたや考え方があり
一概に定義づけることはできませんが
頭の隅っこにとどめ置くことにしました。
読むと案外面白い本でした

さつこ様
わが家も年金暮らしです。
その中で自分たちに合った生活を
楽しんでいます。
精神的に幸せなのが一番。
お金はなくとも、お互いが健康で毎日が
穏やかに過ごせればgoodです。

ちゃこ様
お元気でしたか。
誰しも定年後の生活は年金に
掛かっていますのに、先行き不安ね。
健康で毎日を過ごしたいわね。

さな様
時間が出来たらあれもこれも・・・・・と
誰もが考えていましたよね。
マネープランをもって趣味を楽しめると
良いですね~。
さな様はご主人様と同じ趣味そして
お孫さんに囲まれ幸せね

今の生活を満足して暮らせれば、
(わがまま言ったら切りがないですし)それで十分に思います。
多少の不足?それを我慢します。
不足は多少どころかたくさんありますけど・・・

先日の日経新聞に出ていたような
気がいたします、、、、?
毎日を元気で悩み事もなく三度の食事も
美味しく家庭円満人には親切にし
楽しい人生を送りたいものですね

 笑顔のわらびちゃん 

nyar-nyar 様
今自分の置かれた立場で地に足をしっかり据えて
毎日が幸せなら、良いですよね。
人間誰もが欲望は持っているでしょうが、感謝を
忘れず静かな生活をしたいです

わらび様
そうです。著者は日経マネー編集部です。
友人のお嬢さんが担当。
彼女は将棋の羽生名人と従妹にあたります。

毎日の生活に感謝して、静かに過ごしたと
思います。心が豊かでないと駄目でしょうね

う~ん
私たちの頃には
年金制度は破たんしています。
個人年金を始めたという話も聞きます。
でも、その保険会社も銀行もあてにならないよねぇ?

ポルトガル(だったと思う)のように
安楽死の制度を設けたほうが
いいかも?と、思うこのごろです。
皆さんのご迷惑でない日に
死にたいですものねぇ・・
 子どもには借金も何も残さないって
思っています^^

二色 恋様
年金もどうなることかと、不安は募りますが
身の丈に合った生活を楽しみたいものです。
経済的よりも精神的に裕福でありたいものだわ。

へ・え・え・・・読んでみたい本ですねえ。老後のお金を使いつくして旅行してる私達です。貧しく死ぬ覚悟はしてるんですけど・・・

ももり様
年金生活に突入した我が家ですが、もっと
早くのこの本と出会っていれば・・・・
身の丈に合った生活が良いんですよね。
多少の退職金を手にしましたが、介護があれば
どこにも行けません。
寂しい気もしますが、今の私は母あっての私ですから
あと少し頑張ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 会席 | トップページ | 秋・・収穫 »