私のホームページ

お気に入り

無料ブログはココログ

2018年5月25日 (金)

多忙な時間

13日 粗代掻き
15日 菩提寺にて奉唱
16日 主人の友人来宅
17日 本代掻き
    その後お茶の台刈り
18日 田植え
20日 田植えの手直し
    夜は通夜に主人と参列
    葬儀は参列できないので通夜に
21日 サロン
23日 草とり・ラッキョを掘り漬けた
24日 浜松コストコ買い物
25日 午前中は会議


結構 忙しく慌ただしくお疲れモード down down
食事の準備もままならず外食の日も
主人の体調も振るわず散々な時間が過ぎた
皆さんのブログに訪問できない日が続いた
あしからず

29日 市役所での会議
これが終われば5月のスケジュール終了

早くカメラを直そう

2018年5月20日 (日)

スイレン

ラジオから流れてきた歌
この歌が好きとか
歌っている人が好きとか
そのようなものではなく歌詞が気になった
自分の人生を重ねたような歌詞が気になった
それほどの人生を生きたわけでもないが・・



浮いて沈んで 汚れても
泥に咲く花 スイレンの
純な心は忘れまい♪ ♪(歌詞の正確性は???)


スイレンは田土のような粘土質の土を好むのか
一見汚く見える池に咲いている
どの様な場所でも置かれた場所で花を
咲かせる・・・素晴らしいなあ

自分と比べてみると
些細もないことで落ち込んだり
自分は駄目人間だと決めつけたり
自分を追いやってしまったりと
弱い部分や欠点が多いなあ私


どの様な場所でも精一杯生き花を咲かせたい
大きく無くても良い
小さな名もなき花でも良い

2018年5月10日 (木)

夫婦関係

三男が来たときの第一声
えっ~
TV 観ながら食事しているの??
小さい時 絶対許してもらえなかったTVを
二人は今観ているんだ
お父さんもお母さんも変わったね~

何時の頃からか食事するときにTVがついている
観てもいないのに画面は流れている
声が流れている
向き合って食べていたのに今は横に並んでいる
TVを前に三角関係を保っている
特に不仲でもなくむしろオシドリ夫婦と評判


愚息たちへの躾けは厳しかった
というより世の中に出たときに
困らないように…と考えての躾け
世のなかのマナー違反は親が笑われる
これを恐れていたのかな
違うな~
愚息たちの将来を思ってのことだ

三人の愚息たちは友達の家では
勉強しろってうるさく言うけれど
家では言わないね
その代り礼儀・作法はよく注意された

でも今そのおかげで助かっているよ

感謝だよ
母の日には感謝状かな

(あらら 天皇ご一家のようなお言葉を)

まあ 来週の母の日を楽しみに
待つことにしよう



2018年5月 5日 (土)

富士山

富士山世界遺産センターに先日行って来た
老夫婦は人混みは苦手なので平日に
それでも観光バスが止まり乗用車も多くあり
心配したがすんなり入館できた


後方を歩いていた団体が
「なん~だぁ」
「外観は良いけれど中身がいまいち」
いろいろの声が飛んできた
受け止め方は人それぞれだが頷ける部分もあった
螺旋状のスロープは疑似登山が体験できる
思わず「ドッコイショ」なんて言ってしまった


思えば私が初めて富士登山をしたのは20歳のとき
富士宮口からバスで新5合目まで
そこから歩いたわ~
山小屋で1泊してご来光を拝むべく頑張った
8合目の事を胸突き8丁と言うが全くその通り
そこに頂上があるのに届かない
息苦しくなり本当に辛かった


富士山の事を地元の人々は
《一度も登らぬ馬鹿 二度登る馬鹿》
全くその通り
あの苦しさを二度も経験するのは馬鹿だよ

雄大で父のように逞しく
母のように静かに見守ってくれている
富士山は世界に誇れるものだ
笠雲を観てはその日のお天気を占った
朝に夕に目にしている私は結構幸せ者かも





2018年3月11日 (日)

欠点

自分を静かに見つめ直すとがっかり
あれ~
こんなにも欠点が多かったのか??
一つぐらいは良いことが無いのかな

最も悪い点

切羽詰まらないとなかなか腰を上げない
物事は早め早めに取り掛かりなさい・・・と
幼い日より母に注意されていた記憶あり
まだ時間があるから大丈夫と勝手に決め
間際になって慌てて取り掛かる
相手がある場合は
迷惑を掛けてしまう恐れもある

原稿は間に合った


母に注意されてから
どれだけの時間が過ぎたのか
いまだに直らない私の姿を
どのような思いで見ているのかな
直して安心させなくては・・・・



今日 3月11日は
東日本大震災から7年になる
不明者もいまだいるし復興はまだまだ先のようだ
不条理にも庭は春の花々が咲きだした


002_2    014_2
河津サクラ     ウメ
(近所の公園)

009_2 005_2
ツバキ    玄関脇の花




007

友人のご主人様が手作りした手提げかご
プレゼントして頂いた
感謝sign01  感謝heart04


2018年3月 5日 (月)

確定申告

確定申告がやっと終わった
今まではe-Taxでやっていたが
今年からはマイナンバーで作成した
慣れないためか大変だった・・・・面倒くさかった
税務署まで書類を届けに行かなくてはならなかった
それにリフォームしたのでこれが面倒
法務局なんて今までご縁のなかったところにも行き
《住宅耐震をした住宅等の登記事項証明書》
600円の収入印紙を買い手続きした
印紙を買うのも画面に向かいしっかり読んで 
クリックし次に進んでいくのだ
《住宅耐震改修に係る増改築等工事証明書
又は住宅耐震改修証明書》
こんな長い名のついた証明書も提出


市役所の資産税課にも提出する書類もあった
これは固定資産税が一部減税される


主人は全く知らんぷり
え~
今年も私がやるの??
どこの家庭もこの手の物は一家の主たる人がやるんだよ
他人は他人
わが家は君が出来るんだからやってよ
全くもう~
だんだん億劫になってきた
目はしょぼしょぼしてきた


来年はお願いしますよ


2018年1月15日 (月)

免許更新

運転免許の書き換えに行って来た
お知らせの葉書には受け付けは午後の部は
13:30~と明記されていたので時間調整し
出掛けたところ会場は人・ひと
ただいま受付の方は待ち時間60分の掲示
はあ~
なんてこったあ
もっと早くから受け付していたんだ
少しばかり腹がたったがここは我慢のしどころ
免許を頂いてから一言云おうと思った
(でも結局は何も言えず)


※視力検査し ※2500円支払い ※写真撮影
しばらくして手元に新しい免許書が届いた
交通マナーを守って安全運転に努めよう



リンゴケーキに気を良くした主人
1人でレアチーズケーキに挑戦


002 ⇒ 004
↑まだ綺麗にお化粧していない前に撮影したと
主人が立腹

あら 良いわよ
とても美味しそうよ…褒めて伸ばそう




2018年1月 5日 (金)

新しい年

ゆく年の憂きことに少しばかり
感慨を床の中でおぼえていた

元日の朝は静かに明け
今年こそは良い年にしたいと願う

骨折も考え方を変えれば良いのだ
若いから転倒するし起き上がることもできる
年齢が高くなれば転倒はしない



家族のこと・今まで出会った人たちの事
静かに自分を見直す機会を持てた
そう考えると今回の骨折は
憂いばかりではなかったのかな


ブログという媒体を通して知り合った皆さん
そのようなご縁で今回の骨折も心配いただき
優しい電話やメールに感謝です
本当に嬉しかったです

今日から更新できるようになり一安心
今まで通り5・10日に更新予定です
また今まで通り覗いてくださいね
今年もよろしくお願いいたします




2017年9月30日 (土)

観月会

菩提寺の観月会が終わった
本来 中秋の名月は今年は10月4日
10月はお会式もあるので本日になった
女性部だけの観月会なのだ
∴私はご挨拶をするはめになった
講義は慣れているが挨拶は苦手だ
何しろ3分位で観月会の何を話せというのか
ついつい横道へ飛んでしまう恐れあり
主人は書いたものを読めばと言うが
それでは挨拶にはならないじゃん
話したいことを箇条書きにしてみた
要点のみ書きだしておけば間違いなし


勿論 上手に出来ましたよ
(自画自賛です)
前半はお題目奉唱
後半はオカリナ演奏を楽しんだ

会員の皆さんがオカリナの演奏に酔い
知っている曲は一緒に歌い楽しい会だった
友達が3人が参加してくれた
彼女たちは高齢者福祉施設や幼稚園にも
出掛けては演奏しているボランティアグループ

一句詠めば一層盛り上がったと思うが
皆さんそれは反対だった

     ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

サツマイモをもらったので・・・・


003 さつまいもごはん
                  チーズ焼き
        なめらか白あえ
          お吸い物
         サイダーかんてん 少し色が濃かった


サイダー寒天は市内の学校給食で最も好評だとか
シュワシュワ感が良いなあ


2017年9月15日 (金)

墓じまい

5月に亡くなった叔父は永代供養にしてあった
1人娘は嫁ぎ叔母と2人だけの生活をしていた
その娘(私の従妹)も主人と死別しお墓を
守っているし住むところも離れているので
2か所の墓守はできない
誰も後を継ぐ人がいなくなったので
墓じまいもやむを得ない現実


残された叔母の希望でもともとあった
墓をしまうことにした
昨年 我が夫婦も主人の故郷に帰り
墓じまいをしてきたので
叔母が何かと相談してきた
宗派は異なるが知る限りのことを話し
菩提寺や石材店とも相談を重ね
今日墓じまいをした


塩・米・清酒を用意してお墓に出向いた
(喪服はどこだったか・・・どこに片づけたか??)
(慌てて探した・・・あれ~お数珠は??)
まあ なんとか間に合った


お題目をあげて頂き清めてから石材店にバトンタッチ
先祖の骨壺も大事に供養塔に移した
墓碑を建立するときは〇〇〇万円支払った
しっかり建立してある墓碑を粉々にしてしまい
処分する姿に泣けてきた


主人の実家はその過程を見ず任せてきたので
無残な姿は目にしなかったのが救いだったのか



220 これが最後の姿





より以前の記事一覧