私のホームページ

無料ブログはココログ

2017年3月 5日 (日)

3月 弥生
草木がぽつぽつと芽吹き
暖かく膨らむ空気に包まれる心地良い季節
自然も人も新たな光を浴び 進んでいく
そんな時間を迎えとても嬉しい
特に気にしなくとも
やはり季節の移り変わりと共に
生きているんだ
時間は過ぎて行くのだ
春・夏・秋・冬
日本には美しい四季がある
春は特に良いなあ
春風が頬を撫る心地良さ
ついつい居眠りに誘われる
身を任せ夢の中に・・・・sleepy  sleepy


【 夢ではなくわが家の庭よ 】
003 ついに咲いた


          002 枝垂れ梅
011 わびすけ

     020 忘れちゃいけない桜餅
             ピンクが薄かった

2017年2月15日 (水)

退院

やっと退院できた heart04

風邪かな 腹痛かな 頭痛かな
いろいろ心配したが結局は入院させ
今日やっと退院でき安堵した
いつも傍らで静かに佇んでいた相棒
同じ時間や楽しみを共有していた相棒
居なくなって分かったことは
寂しかった 心配だった


う ふ ふ
退院できたのはPCよ


更新できなかったのは辛かった
ご心配下さった皆さまに感謝です
PCは今の生活には欠かせないなぁ
老夫婦2人は会話もだんだん少なくなり
1人で話していれば他の人から見れば
認知症かと疑われるだろうし・・


やっと皆様のところに訪問できま~す

今まで通りよろしくお願い・・・・・ね

2016年9月20日 (火)

リメイク

母の箪笥の整理を少しづつ始めた
お正月は全員が着物で席に着く
習慣のあるわが家では着物は多い

020
この桐箪笥は長男が欲しいと
周りが散らかっているのでUPは一部分のみ

手始めに浴衣を始末しよう
どうせ処分するなら駄目もとで
作ってみた
不器用な私はお針仕事は苦手
以前レースで襟を編んだところ
褒められすっかり気をよくした私
褒められて伸びるタイプかな


型紙も大ざっぱなもの
1枚の浴衣でブラウスは2枚
上・・ブラウス 下・・パンツを1組
結局浴衣を2枚解いて作ってみた


010  012
白いパンツと合わせて   もう1枚は後ろリボンで
013_2

母が若い時婦人会で作った浴衣で
これはパジャマ代わりにもなり便利

これが また良いのよ
兎に角涼しい
夏は木綿に限る
夜洗っておけば朝には乾いている


そして肌襦袢は手つかずのものがあった

015 016
袖部分の綿レースを裾にあしらい・・・
少女趣味かもしれないが此の型しかできない



2016年6月 5日 (日)

完成

やっと出来上がった
時間はすご~くかかった
忘れるほどなが~く
でもできたのだ
嬉しい
やればできるじゃん 私
不器用な私だが
努力すれば出来るものだ
最後まで諦めず努力だ
友達の指導の賜物だ
喜びでやや興奮気味の私

020 019
   白と黒のレース襟
お洒落だと自負している

嬉しくって本日のおやつも頑張った
甘夏を頂いたので刳りぬいた
見た目も爽やかに


018



2016年5月30日 (月)

サツキとアジサイ

どの方のブログ拝見しても
綺麗なお花がいっぱい
では我が家の庭は如何なものかと
庭を久しぶりに散策
やはり 咲いていたわ
此の季節はサツキが多いかな

031007010
色が混じっているのはなぜ??

015030001
庭全体は上手にUP出来ずdown

アジサイもそろそろ咲きだした
がブログ友宅の額アジサイが忘れられない
欲しいなあ~・・・・この気持が通じたのか
お裾分けしますよの連絡
奥さまが丹精込められた一鉢
頂いてきた
この色が好きだ

他の色のアジサイの枝を頂き
明日挿し木にする予定

023024

2016年4月 6日 (水)

ノキシノブ

無残にもシンボルツーリーにsign01 sign03
何ということだろう
モッコウバラのみならず
庭の木々全てにノキシノブが
覆いかぶさってしまった
主人と2人草削りで丁寧にはがすこと
3日掛かってしまった
ひどい木は半分枯れかかってきた


046 → 047

庭師さんが今年も来てくれた
毎年 年2回 
綺麗に選定してくれ木々は甦るが
かかる経費にびっくりポン
築山は壊したいほどだ・・・・・


001

綺麗な花や庭を愛でるのも経費は必要かな

昨日からPC調子悪くって
更新が遅れてしまったことが悲しい
性格的に決めたことはきちんと
やらないと許せない点がある
もう少し自分い甘くっても良いかな


013_2
                 引千切を作ってみた
        白餡に入れた紅色が薄かったかな
        まあまあ春らしく
        お雛様には合うかな

2016年3月20日 (日)

良いでしょう

        032

良いでしょう
何が良いかって
それはこのパッケージ
何と説明書がカタカナなんです
少しクラシカルでノスタルジックな
なんとも風情があり好きです
遠い昔を想いだし母のぬくもりを感じ
ほのぼのとした幸せ感に浸ることができた



       
028

奈良からイチゴが先日届いた
良いでしょう
何が良いかって
それはこの名前
古都 奈良に相応しく 古都華 (ことか)
どこか古の大和路を旅しているような

咲き誇るソメイヨシノの下をどこまでも
歩いているような幸せ感に浸ることが出来た


2015年7月10日 (金)

和服

着付け教室に通い始め1ヶ月経過
若い時に花嫁修業の一つとして
通い一応着ることはできるが
今回改めて習い直すことに
ブログ友の和服姿に魅了された
着物は好きで多く持っているが
勤めていた頃は着る機会も少なく
タンスの肥やしといったところ

仕付が付いたままのもの
○○○万円したもの
司葉子さんと譲り合ったもの
父が買ってくれたもの
母が揃えてくれたものetc
活用しないと着物も可哀相だ

暑い時は無理だが涼しくなったら

貝ノ口のような簡単な帯姿で
良いのだから家でもどんどん着よう
長男は着物が好きで多く持っている
全て自分で求めたもの
お茶も嗜むので袴も何枚か
今までは私の着物の管理は任せていた
着る時は助手をやってくれる
後始末も任せていたが今度はからは
全て自分で管理しよう


月下美人が咲いた
その名のように美しく皆が寝静まった夜
ひっそりと咲いている

012



2015年4月27日 (月)

庭の手入れがやっと終わった
庭師さん19~25日の今日まで
20日は雨でお休み
それでも6日要した
庭師さんも大変だったと思うが
9:30と14:30のお茶の接待が大変だった
同じものは提供できず
毎回お菓子を作っておもてなし
帰りのお土産も考えた
結果は喜んでくれ安堵した

月・水・金は通院のなかで・・・・
庭も綺麗になり蘇った
古い木々は枯れだしたものもあり
断腸の思いだったが仕方ない
幼い日より親しみ可愛がってきた木々
主人が思い出にと花台にした

     蘇った庭を一部紹介します(替わり映えなし)
          画像が鮮明でなく…お見苦しく down
         
018_3
       庭の隅にはこのようなものが


 016    →   007_2
 主人が大好きな松も綺麗に

    
003 → 003_2
   庭の中心の築山

    
008 → 013
      ヒバもすっきり

    
018_2 → 011
     モミジも一段と鮮やかに

    
003_3 → 004
      私の好きな紅白梅

   
004_2  これは亡き父がお気に入りだった

041 035 040
027 046 053

045 030  048 047

花の数々はホームページで
観てね

2015年1月20日 (火)

1月17日

1月17日は忘れられない日だ
1995年の阪神淡路大震災
1991年湾岸戦争勃発
想いだしたくない辛い日
忘れてはいけない日
其々に思いはあるだろう

「来年の今月今夜のこの月を
僕の涙で曇らせてみせる」
尾崎紅葉の金色夜叉の一説は
あまりに有名だが
これもまた1月17日だ
そして忘れてはいけない
19〇〇年 おばさん誕生なのだ
何歳になったのだろう
素敵に齢を重ねていきたい

静かで穏やかな時間を送りたい
関わった人々に感謝し
大切にしていきたい


  007_3   大好きなツユクサを描いて
         主人が作ってくれた

011 拡大すると・・・・

より以前の記事一覧