« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月25日 (月)

富士山

最近 主人があちらこちらにドライブに行きたがる。
如何したのと尋ねると、今までより綺麗に
ものが見えるようになったので、しっかりと
観ておきたいとのこと。
ならばと、ドライバーをやろうって決めた。



山梨県富士吉田市にある
《富士山レーダードーム館》に行って来た。


以下はガイドの説明より

NHKのプロジェクトX放映
「巨大台風から日本を守れ 富士山頂・
男たちは命をかけた」を元にした
「世界最大のレーダー建設~
富士山頂9,000人のドラマ~」
大きなスクリーンに映し出され50分ほど鑑賞した。
壮大な事業に9000人もの人が係った。
富士山頂にあったレーダードームは
35年の役目を終え富士吉田市に移され、
内部を公開し、実際に使用していた機器類を
展示している。
ドーム内を見上げると ①1分間に2回転するレーダー
実物が観られる。



初めて知った事実

気象庁測器課長として
富士山レーダードーム建設を担当したのは
誰あろう  あの作家 新田次郎その人だった。
此の工事跡に作家としてデビューしたそうだ。
館内にはコナーが設けられていた。

体験コーナーでは、②気温-8℃ 風速13Mという過酷な
富士山頂の環境を知ることも出来た。



018 024 025 026
外観
027 020 028
①       ②
019  山頂で使っていた観測機器を使って
        台風観測を疑似体験する主人
         帽子を外したら髪が逆立ち剥げに見えると
         渋い顔をしていたので㊙UP







008 先日梅を観に行った折り
        偶然お会いした人






| | コメント (34) | トラックバック (0)

2019年2月20日 (水)

ふるさと芸能祭

《ふるさと芸能祭》を鑑賞した。
毎年同じ内容なので、昨年はパスしたが、
今年は友人が行きたいというので一緒に出掛けた。


郷土で長く受け継がれてきた民族芸能を
多くの方に知ってもらい、
後世に伝承していくことが大切だが、
後継者が不足の課題もあるようだ。

が、今年は子供の参加も多く見られ
光が見えてきたかな。
太鼓は子供が多かった。

生き生きとした姿は郷土を愛する心が見えたようだ。
其々の地域に根ざした文化を末永く伝承し地域に
愛着を持ってほしいと願った。


哀しいかな 合併前のわが地からは何もなかった。
故郷をこよなく愛している私には寂しかった。



014




久しぶりに主人とランチに

002 主人は海鮮にぎり
        小鉢も豊富に・デザートも
007 私は赤身にぎり
        半分は中トロでした



008コーヒーはフリー






| | コメント (32) | トラックバック (0)

2019年2月15日 (金)

ゴミだし

ゴミ袋の小が無いから補充して置いてと
主人に頼まれ購入してきた。
そうなんです。
わが家はゴミだしは主人が担当。
ゴミのカレンダーが市から配布され、
分別方法や回収日をチェックしている。
退職してからは、私が担当していたが、
長くは続かなかった。
主婦が集まりなにやら話し込んでいる。
それが苦手で主人に頼んだ。
誰も男はいないよ・・と言われたが無理を承知で。
私はやらなければならないことが多くあり
噂話などしている時間が勿体ない。
第一そのようなことは嫌いだ。


私の性格を理解している主人は黙ってゴミだしを
やってくれ、感謝している。

老夫婦は生ごみは少ない。
食べられる量しか作らないので、残り物はほとんどない。
愚息たちも解っているので、急に来ることはない。


どこの家庭でも実践しているだろうと思うが
野菜くずも出来るだけ利用している。
料理教室でエコクッキングも話しているので
先ず わが家で実践しなくては・・・ね。
決してケチ生活ではないのよ。
人生お金がなくっても楽しく優雅な時間は
過ごせるものだ。
主人が焼いた器に私が焼いたお菓子を乗せ
静かにのんびりティタイム。

こんな贅沢な時間を味わっている。



  004 開けると
 
002 このように見事なチョコが・・・
バレンタインの習慣のない我が家ですが
このような立派な頂き物が。







| | コメント (34) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

剪定

寒い日は続いているが、北見の友人は
もっと寒かろうと心配している。
-29℃の予報も出たので心配だ。

柿の木の剪定が始まった。
人を頼み手伝ってもらい始まった。
先日は林の木々を伐採してもらった。
腰に安全綱を巻いて高い所まで登り
伐採してくれた。
何日もかかったが広いのだから仕方ない。
経費は高額だが主人には無理の仕事だ。
まだ年齢的には十分出来るが、
足そして目が悪いので仕方ない。
人に依頼するしかないのだ。
まあ お金で済むならこれも良し。


私はお菓子を作り、乾燥野菜を作った。
秋に収穫したサツマイモを使ってマフィンを。
そして卵白でメレンゲを焼いた。
勿論 どちらもバッチリ(笑)
ついつい口に運んでしまいメレンゲはUPなし。


002 案外美味しいんです。
        少年院にも差し入れしたの[前回1月]






| | コメント (36) | トラックバック (0)

2019年2月 5日 (火)

蠟梅

「今から出かけよう」
時計はすでに10時を回っている。
へえ~この時間から一体どこへ行こうというのか。
理解に苦しむ主人の言葉に戸惑いつつも・・・・


何でも今 読んだ新聞の《天声人語》
神奈川県の松田町の ロウ梅の記事が気になった様子。
東名高速を利用すれば十分可能な地。
車だから着替える必要もなく、さっと車に。
東名(大井松田)で下車し、とりあえず町役場まで。
主人が説明を聞いている間に トイレを済ませる。
  ( チャカリ者かな )


丹沢の山々に抱かれた
神奈川県松田町の寄[やどりき]地区では、
いま2万本もの蠟梅が咲き誇る。13年前、寄中学校の
生徒が卒業記念に250本の苗を植えたのが始まりだ。
荒れ放題だった畑をを再開墾し、
毎年数百株ずつ植え足して
《寄ロウバイ園》に訪れる人は増え、
丹沢の新しい観光地となった・・・・新聞より抜粋




010           
冬の青空に映える蠟梅      
腕が悪く伝わらないかな?



013
本当に蝋細工の様な光沢

中学校は今年で閉鎖されるとか
でもこの地を誇りに思えるだろうな



| | コメント (36) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »