私のホームページ

お気に入り

無料ブログはココログ

« 1月 | トップページ | 疲れ~た »

2019年1月15日 (火)

奉唱

月一度の奉唱に行って来た。
菩提寺の女性部が本堂に集まって実施。
寒さのためか参加者が少なく、
お上人様に申し訳なく感じた。
その後は有難いお説法を聞きお茶を頂き
和気あいあいとした今年初の奉唱会だった。
だんだん参加者も少なくなり寂しく、この先
会のあり方も考えなくてはいけないと痛感した。

              Yjimagerrji0u6v Yjimageia8f1duwjpg




いつも行く少年院での食事作りの話し合い。
最近は少年たちの数も減り良いことだと思う。
施設に電話を入れ希望を確認すると、
チラシ寿司が良いとの事なので、
早速内容を検討する。
食べるまでの時間を考慮、
好みや年齢も考慮etc
皆さんが、
各自家庭から材料を持ち寄ってくれるので
不足分のみ購入していき、
材料費は施設で支払してくれる。
話し合いの後はお喋りタイム。
皆さんは更生する者に対して
温かな気持ちの持ち主ばかり。
いつものメンバーで参加する。




010お喋りタイムはピザで





« 1月 | トップページ | 疲れ~た »

社会」カテゴリの記事

コメント

奉唱される方も減ってきましたか。
残念なことですね。
昔からの風習が無くなりつつある今
の縮図のようですね。
少年院でのお食事作りのご奉仕。
本当にご苦労さまです。
このような奉仕があることを感じて、
少しでも更生され世の中に戻ると
良いですね。


お早うございます。

奉唱ですか。
どんなことをするのでしょうね。

お寺へは、葬式と法事くらいしか、縁がありません。


少年院のお手伝い、みなさん、よく、やっていらっしゃいますね。
東京では、施設を持ってくるだけでは、住民の反対がおこるのだそうです。。

菩提寺では、そのようなことをやっているようですが
遠いので、参加はしたことがないです。
それに今もやっているのかは不明。

少年院のご奉仕、頭が下がります。
子どもたちも喜ぶことでしょう。

菩提寺での信仰と活動が一致しているのが素晴らしいと思います。きっと母上様からの継続でしょうか?凛としたお姿を想像しています。
少年院への手作り料理の提供のアイディアが素晴らしいですね。地に足がついている菩提寺の活動、私たちも見習うべきでしょうね。
特別な環境にいる少年達にとって一番心にしみ、一番自然体に帰れる時かも知れません。こういうことが社会に出てから心の支えになるでしょう。
おばさん様の幸せもこういうことのお返しですよ。

「奉唱会」、(ググって)みたら、聖歌隊なんだ。

「チャペル」の乙女たちの聖歌隊じゃなくて、
「お寺さん」の おばさん!聖歌隊なんですね?。(*^_^*)

で、(有難いお説法を聞き)気持ちを新たにして、
「少年院」の 食事作り、立派なお仕事をされているのですね~!。

で、お食事作りは どの程度されるのかな?月1回ほどかな?。

「奉唱会」・・・こちらのお寺ではありませんが、実家のお寺さんではありました。
お念仏を歌うのではないのかしら?
実家の母たちが、お寺さんに鐘を持って集まり、皆さんで唱和されていましたが・・・

宗派によても違いますが、今はドンドン薄れていっていますね。
御寺さん離れも進んでいると言いますから・・・

なんでも、合理的に済ます世の中・・・・
ちょっと寂しい気もしますね。

「奉唱会」・・・京都でもあるのでしょうね。私はいってないんですけど。えらいなあ!!!少年院での食事つくり。「おすし」がいいなんて、なんとなくじんときました。ステーキとかでないところがいい!!!家庭の温かさこそがほしいんでしょうね。頑張ってください。

restaurant Toshi様
時代の流れには逆らえないということかしら。
お寺に上がる人も少なくなり寂しい感じです。
強制はできませんが、この先が心配です。
少年院にはもう何年も行っていますが
だんだん人数も減り安堵しています。

restaurantmcnj様
檀家数は多いのに参加数は少ないのが
講長としての悩みです。
お題目が唱えられない若い方も多く
朝夕 家ではお仏壇に手を合せないのかと
疑問に思いました。

restaurantココア様
宗教は自由ですがわが家は日蓮宗
しかも私は女性部の長を仰せつかっているので
毎月熱心にお寺に上がっています。
有難いお説法も聞くことが出来、実りはありよ。

restaurantちゃぐまま様
悪の道に陥ってしまった彼らも
根っからの悪ではないと信じ
出来る限り寄り添っていきたいと
考えています。幸いに愚息たちは素直に
成長してくれたことに感謝です。

食事はいつもお弁当や
コンビニに頼っている彼らです。
調理担当者を雇う余裕はないようです。
私たちが行くととても喜んでくれ
お手伝いもしてくれますし、多くの事を
話してくれます。
細やかなことですが続けて行く予定です。

restaurantkoutoku 様
おばさんたちの集まりですが
それはそれなりに・・・
詩題目なるものもありますが
私たちはひたすらお題目をお唱えします。
聖歌隊…う ふ ふ
若い時ならそれも良かったでしょうね。
4名が1チームで食事作りに行きます。
家にある野菜や調味料など持ち寄ったり
私は一応料理上手だと煽てられモッコに乗って
いそいそ出かけています。

restaurantねこママ様
だんだんお寺は遠くなった気がします。
若い方たちは全然参加せず・・・
無理もないと思います。
葬儀も最近は自宅や菩提寺ではなく
会館を利用する家が増えました。

これも時代でしょうか? 

restaurantももり様
私はたまたま長を仰せつかっているので
毎月15日は出かけています。
日蓮宗ですがお題目も覚え良かったと
思っています。
住職はまだ若いですが先先代は
京都妙満寺の官長様でした。

少年院へもずっと続いていますが
本当は彼らも良い子なんですよ。
院を出ても受け入れる社会の門戸は
まだまだ厳しいものがるようです。

奉唱会、、いま、お寺に行くのはお墓まいりか、お葬式などに限られていますので
どのような会か?です。
お寺が信仰の場とコミにケーションを兼ねているので消火、
伝統的な場が地域にあるっていいですね。

少年院の訪問ご苦労様です。
おばさんたちの地道な活動が実ることを願っています。

こんばんは!

奉唱会・・・初めて聞きました。
お忙しいのに、いろいろ参加されてるんですねnote
って言うか、リーダーさんなのでしょう。

少年院での食事作りもnote
ちらし寿司・・・各家庭で、いろいろでしょうから。
どんなのが出来上がるのか、楽しみです。

restaurantヒサ子様
若い方々にはお寺は遠い存在のようです。
月1回ですが檀家の婦人部が集まって
お題目をあげます。
歌題目も題目もありますよ。

少年院の食事作りも長いわ。
大したことはできませんが、私に出来る範囲の中で。
協力し賛同してくれる仲間もいるのが心強いです。

restaurantwatako 様
田舎は菩提寺をとても大切に思う
人ばかりです。奉唱も母の代から
続いていますよ。
食事作りも施設の少年たちの希望を
聞き取り献立を決めます。
調理してから食べるまでの時間も
考慮して生魚を使わず酢魚やエビを
中心にタマゴ・シイタケなど。
楽しみに待っている少年たちのためにも
続けていこうと思っています。

いつも思う事ですが・・・・
何事も、生き方も、優等生だなあ、と。
ずっと、これまでも、これからも。
社会を支えられていて、御立派ですね。
お寿司。
なるほどと、思いました。

restaurantくちかずこ様
立派??
とんでもありませんよ。
それが当たり前に育ってきたので
優等生的だなんて思ったこともなしよ。
他の生き方や考え方が出来ない・・・
いうなれば臨機応変ができない
つまらない女かもね(笑)
ですから貴女の一挙一動に注目している私です。
関心度が高く毎回が楽しみよ。
よろしくね。

おばさんさん こんばんは。

菩提寺の「奉昌会」 よくわかりませんが皆さんが集まって説法を聞く・・・
私もお寺が近ければ 参加してみたいと思いますよ。
参加者が減ってしまうのは寂しいですね。

少年院のお食事作り いつも感心していますよ。
手の込んだお料理を食べると 私達も心が和みます。
きっと少年たちも心和むお料理楽しみにしてると思いますよ。
いつまでも続けてくださいね(*^-^*)

restaurantPAPA様
檀家は多くても世代交代が激しく
奉唱に来る若者は少なくなりました。
仕方のない事ね。
少年院の食事作りも長く続けていますが
彼らの前途に幸あれと願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114363/74952016

この記事へのトラックバック一覧です: 奉唱:

« 1月 | トップページ | 疲れ~た »