私のホームページ

お気に入り

無料ブログはココログ

« 誕生 | トップページ | 低反発マットレス »

2018年7月 5日 (木)

二宮尊徳記念館


二宮尊徳記念館に行って来た
(少年院に行った時に立ち寄った)

薪を背負って本を読んでいる銅像は小学校にあった
この姿は現在では通用しないかな
交通事情が許さないだろう

母は良く歌ってくれた
小学校で教わったと友が歌詞を教えてくれた
私には記憶がない・・・・さぼっていたのかな

♪ note ♪ note ♪ note 
しば刈り縄ない 草鞋をつくり
親の手を助け おととを世話し
兄弟仲よく 孝行つくす
手本は二宮金次郎

親孝行をしみんな仲良くする
その手本が金次郎なんだと思っていた
そしていつの間にか忘れられていた

どの様な偉業を成した人なのか
その人なりはどうであったのだろうか
全く知らなかった私
ボランティアガイドの方の説明によると
江戸時代中期、荒廃した農村の復興に尽力した農政家
無駄な支出を削り 貯蓄に努め 社会のために投資し
藩の財政をも立て直したとか

そうだっただと知った
あらためて金次郎の偉大さに気が付かされた

銅像からは小柄な人物を想像していたが
実際は180cm 90kgの巨体


001   002_2
生家      金次郎の教え



« 誕生 | トップページ | 低反発マットレス »

社会」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。

二宮金次郎像、小学校の工程にありました。
石造でした。

隣が、奉安殿で、通るときは、いつも最敬礼をしていました。
いや、させられていました。

陛下を敬い、孝行者を尊敬せよと、いうことです。

今日も雨です。
長雨ですね。

二宮尊徳の像。我が小学校にはござい
ませんでした。
しかし、勤労しながら学問に励む姿
の像は、あちらこちらの学校にありますね。
今の世の中には通用しないかもしれませんが、
精神は今も受け継いでほしいですね。

一世紀前の話です、孫達に 例えとして 話してやっても混乱しますよ。
今の時代は、「スポーツバック」を背負って、「iPad」で (ググり)ながら勉強です。(*^_^*)

決して、
(朕がおもうふに、わが御先祖の方々・・・)にと、「教育勅語」を出さない事?。(-_-;)

遠き昭和のまぶしい時代。
皆が貧しく、腹をすかしていたが、希望があり 輝いていたな~!。

こんな事を言う私も、古~い!人間で ございます。(-_-;)

おはようございます。60年前に卒業した小学校に銅像がありました。
4年生までは分校だったので、2年だけのお付き合いでした。卒業後校舎は2度も建て替えられ、銅像はなくなり校名もあの震災の後変わり記憶の中の思い出だけになってしまいました。

二宮尊徳は静岡出身だったのですね。伝記を読ん記憶がありとても貧しい家の生まれだったことだけは覚えています。
歌もあったなんて、初めて知りました。さすが出身地は違いますね。

こんばんは!
この雨、何とかならないのかなあ~~
珍しく、岡山にも特別警報が出ているけれど、まだ危険を感じるほどではないのが
有り難いです。でも畑のある所は水が押し寄せてました。朝。
二宮尊徳の像は覚えていますが、歌は??? です。
記憶が全て霧の彼方に遠くなっていきます。

お母さん^^こんにちは♪

筋肉バカの私は、映画「学校の怪談」で、夜な夜な徘徊する銅像しか知りません><
木造の校舎でしたが、二宮尊徳の像は無かったです。
なので、偉業を成し遂げた立派な方だったのですね♪

すみません^^知識の無いバカ息子でした。
これでまた お母さんの知識に助けられました^^

ところで大雨の被害は無いですか?関西から九州方面は凄い事になってます。
私は、やっと貰えた休暇中ですが、いざとなった時の為に、出動装備を準備し、
自宅待機中です。

こんばんは。
へえ~二宮金次郎さんって大きな方だったんですね~
小柄な方を想像していましたよ。
私も金次郎さんの銅像が小学校にあったのか覚えていないなあ~
勤勉な方だったくらいですよ。
おばさんさんのおかげで どのような偉業を成し遂げたかわかりましたよ。
ありがとうございました。
でも 歌まで全く覚えていません(笑)

大雨は大丈夫でしょうか?

おばさんさま、こんにちは
二宮金次郎、小学校の玄関の脇に立っていたのを覚えています。
今は我が家の応接間に、30センチほどの高さの銅像ですが置かれています。
前々の東京都知事の猪瀬直樹さんが書かれた「二宮金次郎はなぜ薪を背負っているのか」~人口減少社会の成長戦略~、という本を読んだことがあります。
猪瀬さんの講演もきいたことがあります。
ちょっと金次郎の人間像に対して少し感じが変わったこと覚えています。

ちなみに金次郎の歌は、母が歌っているのをかすかに覚えている程度です。

私も、金次郎さんが何をした人か知りませんでした。
勤勉な人というぐらいしか・・・
銅像になるくらいだから、偉業をなした人だったんですよね。
ほかにも、名前は知ってるけど、何をした人か知らない偉人がたくさんいます(汗)

二宮金次郎像は、東京だったので
みたことがありませんでした。
今は、歩きながら本を読むことは
交通事故などに合うので、ダメみたいですね。
薪を背負って、本を読んでって
真似する人もそうもいないと思いますが。
スマホ歩きの方が、危険です。

bookmcnj様
離散した一家を復興するために骨身を惜しまず
働き寸暇を利用し学問にはげみ
天保の飢饉をきっかけに小田原の救済に
あたった素晴らしい指導者だったと知りました
現在の教育には無いものばかり

bookToshi様
お若い証拠よ
昔は小学校の門わきに必ず
ありましたよ
親孝行し勉学に励めという教え
基本は今も変わっていないでしょうね

bookkoutoku様
古い奴だと思いませんよ
同じ年代を生きてきた仲間じゃ
でもお二人さんには無理
それどころか本を読みながら歩く・・・
婆様が心配して血圧が上がるじゃろうに

bookヒサ子様
金次郎は小田原の方ですが
母は唱歌として習ったとか
友達も知っていて私は知らない・・ショックでした
何時の世も親孝行や勉学に励む姿は
変わらず繋げていくと嬉しいです

booktomoko様
たった今地震があったとの報道
大雨に地震  嫌ですね 怖いですね

金次郎も川の氾濫という天災に悩まされ
堤防工事で少年時代働いたようです
その後小田原藩の飢饉を救ったようです
天災は忘れたころやってくるんですね
mailいたしましたが心配しています

book秋風春風 様
もう本当に貴方は自分の体力を過信しては
いけませんよ
いざというときは若手に任せてください
千葉県で震度5弱の地震が観測された
ニュースが流れています
そちらは如何でしょうか
母は離れているだけに心配です
大雨は当地は心配もなく安堵しています

bookPAPA様
金次郎の銅像は1mに作られているそうです
それは物を計るための基準にするように

地震は如何でしょうか
何事もないことを祈っています

bookお福様
金次郎は親孝行のお手本のような方
この記念館には展示室があり写真や
模型・アニメーションで見ることが出来
またボランティアガイドさんがとても
親切に丁寧に説明してくださいました
お福様のお宅は銅像があるんですね
観るたびに偉業を想いだしてください

book百子様
名前は知っていてもその人物なりを知らない人は
多くいますし気にも留めていませんでした
今回初めて金次郎をしりました
時間があったら調べてみるのも面白いと
思いました

bookココア様
現在では全く通用しない銅像ですが
当時は親孝行の模範だったのでしょう

スポーツバックにスマホ
全く誰も想像だにしなかった姿ですものね

今なら本の代わりにスマホですね。お母さんがスマホに夢中。子供が話しかけてるのに上のソラなんて、いけませんねえ。やっぱり文明の進歩はいいことばっかりじゃありません。単純な手作業…ま・あ・あ・・編み物とか縫物、一日中おせんべいを焼いてたり…そういう単純な手仕事は神経を安定させる良い仕事だとおもうんですけど、そういう簡単な手仕事を機械が奪ってしまったんですね。頭脳が必要でも人間の能力はそう変わらないみたい。そこに不幸の原因があると思うんですけど。TVで、成績が上がるとか宣伝してみんな子供に勉強させてるようですけど、そんなに昔より賢くなったようにもない。単純な手作業で、一生、静かに何とか食べて暮らせた時代・・・結構よい時代だったのかもしれないとお思います。

「二宮金次郎」の像、ありましたよ~小学校に。
今では、すべて撤退されたようです。

わが地には、金次郎の精神を継承する「報徳社」があります。
私の友人は、この報徳の会に入って活動しています。

で、わが市のゆるキャラは「茶の宮金次郎」です。
姿形ではなく、この精神をアピールしたいものです。

芝刈り縄ない草鞋を作り、、、、

敗戦のすぐあと、何も無い時代だったので、米俵をほぐし学校で履く上履き草履やずんべ(雪靴)を自分の手で作り、プラスチック製品が無いので縄ないもしました。
小学校一 二年生のときです。
自分らの経験から言うとやっとこの間のことのようにおもえます。

bookももり様
人生に対する素晴らしいポリシーをお持ちで
本当に嬉しく感じます
お教室の皆さんにも是非伝えてくださいね
もっと早くこのようなお話をしたかったわ
金次郎の銅像から考えさせられることが
多くありました

bookねこママ様
おかえりなさい
掛川の報徳社は県の指定文化財でしたね
ボランティアガイドさんが話してくれて知ったの
金次郎の教え
至誠・勤労・分度・推譲
これが掛川市民に根付いているのでしょうね

bookオラケタル様
ご存じのうえ体験もされたのですね
物は無くお互いが貧しい時代に生活された
ご苦労は今の若者には通じませんね
オウムの事件も知らない若者が多いことに
ビックリしました
いつの間にか私も齢をとったとしみじみ

懐かしいわ。
今は、撤去が進んでいるとか?
意外に、ハワイの多く残っているとも聞いたような?

ところで、9月に、ダイヤモンド・プリンセス号で、北海道コルサコフ9日間に乗船予定です。
確か、以前、乗船されていましたよね?
コルサコフ、如何でしたか?
通貨、必要な感じでしょうか?
どんなコースに参加されましたか?
教えていただけたら嬉しいです。

bookくちかずこ様
小学校の校庭には必ずと言ってよいほど
子の銅像はありましたが最近は全く
見かけなくなり私自身も忘れいました

クルージングの件
想いだして必ずお返事いたします

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114363/73806963

この記事へのトラックバック一覧です: 二宮尊徳記念館:

« 誕生 | トップページ | 低反発マットレス »