私のホームページ

お気に入り

無料ブログはココログ

« サロン | トップページ | 誕生 »

2018年6月25日 (月)

少年院

小田原少年院に行って来た
JR小田原駅から徒歩8分位のところにある
周りは一般民家が立ち並び小田急も走っている
地震が来たかと思うほど響く場所
老朽化や少子化に伴い今年度で閉鎖される
私の関係する者はいないが閉鎖される前に
一度訪れたかった
130名収容能力はあるが現在は46名
閉鎖までにはすべての少年は退院となる
少年たちは家裁の審判で第1種少年院送致の
決定を受けた者で再入院者が多く
比較的不良傾向の進んだ少年というのが特徴


訪問した時は夏祭りの練習でよさこいソーランの
音楽と掛け声が聴こえてきた
元気の良さそうな姿を遠巻きに観てきた

各階級ごとに其々の指導がなされていた
社会に出て円滑な生活ができるように
本当にきめ細かなプログラムが組まれていた
指導者の姿に頭が下がる思いがした


彼らを受け入れる就労支援をしていきたい
保護者との協力関係が大切だと痛感

二度と再び悪の道に走らないように
心から願った


005

« サロン | トップページ | 誕生 »

社会」カテゴリの記事

コメント

おばさん様の社会的活動、なかなか誰にでも真似できません。
頭が下がります。 自分が出来ない分、おばさまの姿勢が
眩しいほどに感じられるの。
 我が息子、職場が同じなんです(今、愛媛のそれです)

社会活動、私も頭が下がる思いです。
しかし、昨今の犯罪の凶悪化、低年齢化
など社会を取り巻く環境は悪化しておる
ように思えます。
犯罪のない平和な世の中が来ることを
相も変わらず思っております。

「おばさん」さん^^  ・・・い、いえ、今度からお母さんで良いですか?
(〃∇〃) てれっ☆

お母さん^^少年院にまで、いえ、少年院だからこその優しいまなざしに感動です。
それは、お母さんの心が優しさと愛に満ち溢れている証拠だと思います。
だからこそ、私の母となってくださり、火の中で焼かれた男に愛情の有る言葉を
かけてくださり、こうして不死鳥となって、奇跡の現場復帰を成し得た原動力となって
下さいました^^
本当に ありがとうございます♪

これって・・・
ニワトリ、たまご、どちらが先かの世界ですよね。
結果には、必ず原因があり、その原因も、結果と言える・・・
北風と太陽の、太陽が必要なのかな、と。

おはようございます。

入所者も、おぎゃ~と生まれた時はみんな無垢・・・
何がそうさせたのでしょうね。

環境って大事ですね。
育つのも、生活するのも・・・・

どうか、退所されましたら戻ることがない様に・・・・

少年院に入った少年たちも、
家庭に恵まれなかったりと、悪い友人に誘われたりとか
計り知れないこともあったかもしれませんね。
自分にまけないように、更生してほしいです。

clovertomoko様
幸いに愚息たちは問題なく成長し
地域の皆さんに育ててもらったと思い
なにか地域に恩返しできればと・・・・

ご子息様も立派なお仕事をされていますね
施設を訪問すると分かりますが皆さんの
ご苦労は計り知れないと感じます


cloverToshi様
微力ですが地域の皆さんのお役に
立つことが出来れば嬉しく思います
非行が低年齢化していることも事実です
彼らに合って見ると本当は優しい子が
多いのにも驚きます
どこかで道を誤ってしまう心の弱さが
あるように思います

clover秋風春風様
私ごときの励ましは大したお役には
立たないと思いますよ
不死鳥のごとく甦れたのは
全て貴方の人柄ですよ
周りが手を差し伸べ助けてくださるのが
何よりの証拠です
家族の愛に包まれている幸せを忘れずに

私も貴方に恥ずかしく無いように
少年院を訪問したり食事作りに出掛けています
施設を出た後の就労支援もしていこうと決めています

cloverくちかずこ様
非行に陥った子はまた繰り返す・・・
どの様に接していったらよいのか
受け皿の社会も大きな心で・・と思いますが
仰せのとおり北風の必要性は感じています
そうならなくては・・・・難しい問題ですね

cloverねこママ様
同じこと考えていました
非行に走った彼らも生まれたときは皆同じ
どこで道を間違えたのかと哀しくなり
引き返す方法はないのか・・と考えます
環境って大切ですね
最近は親が我が子を虐待し死に至らしめる
惨い事件も多く心が痛みます

cloverココア様
小田原少年院は比較的悪が進んだ子なんです
その道から抜けることってなかなか
難しく再び非行に走ってしまうようです
今までの友とのかかわりを断ち切って
立ち直って欲しいと願っています

みんな同じく 幸せになる権利をもって生まれてきたのに
いろいろな不公平がこの世にはあります
その不公平に 立ち向かう強さが 必要です
でもその強さは 一人では保てないもの
強さを支えるのは やはり人の温かではないでしょうか・・・・
人の心のあたたかさは必ず通じるものと信じたいです

cloverソフィー様
温かな言葉に感謝です
この温かな思いやりが彼らに届くよう
微力ですが見守り寄り添っていきたいと
考えて訪問・面接や支援活動をしています

お早うございます。

悲しい事件が、頻発している世の中になってきました。

悪の心を持ってうまれてくるものはいないはずですが。
どうしてでしょうね。
成長する環境、その後の教育、色々な要因がからんでいるのでしょう。
宗教でも、悪人は救えないのですね。
悪の道に染まると言いますが、染まらせないような教育の仕方も重要だとおもいます。

染まってしまった人間を活動も支援する、おばさんさん達の尊い活動も、当然、必要です。

本当に少子化なんですね~ 私もその発端の一人ですが…
子供産みたくても 出来ない方 沢山いるので

彼らが これから 悔いのない 人生送って いただきたいですね

おばさんの 活動は このような方に 色々いい影響があると いいですね

犯罪を犯した彼ら・・・
何か事情があるはず・・・とわかっていても 就労支援 難しいですね~
彼らが 悪いわけではないのですが どうしてもそういう目で見てしまう私達も悪いのだと思いますが 今 凶悪犯罪多すぎますね~
何故 このような時代になったのか 考えさせられてしまいます。

おばさんさんの地道な活動 陰ながら応援していますよ~
罪を憎んで 人を憎まず・・・
ずっと見守ってあげたいですね~(*^-^*)

clovermcnj 様
初めて出産した時お隣のおばあちゃんの一言が
忘れられません
《この澄んだ瞳を濁らせては駄目だよ》
有難い言葉を胸に子育てをしてきたわ

彼らも無垢な心で生を受けたはずなのに
何処で誤ったのか・・・悲しいですが
現実をしっかり捉え支援を続けていきたいと
強く感じています

cloverkeda様
彼らも穢れないのない純真無垢な心で
生を受けたはずなのに残念です

世のなか悲しい事件が毎日のように
起こり憤りを感じます
親が我が子に虐待を加えたり見知らぬ人を
殺害したり世のなかどうなっているのかしら
微力ですが寄り添っていきたいと思っています

cloverPAPA様
本当に毎日のように凶悪な事件が起こり
哀しく辛い世の中になってしまい残念でなりません
小田原少年院は比較的俗にいう(悪)が
多い施設ですが彼らの詩や作文を読むと
涙がこぼれます・・・今からでも遅くない
立ち上がれsign01支援していこうと
強く感じました

大変な社会活動に取り組んでおられるおばさんに頭が下がります。
ブログを拝見して入所率がすくなうなっているようで安心しました。
反面事件として報道される凶悪化には悲しくなります。

二度と同じ過ちを繰り返さない心の強さや見守る私たちの暖かい目が必要なのでしょうね。
若者が少なくなっているだけに大切にしたい運動ですね。無理せず頑張ってください。

cloverヒサ子様
ボランィテアですが1人でも私を
必要としてくれる人がいる・・・・・
それならやっぱり続けます
彼らも1人1人は優しい心を持っているんです
多数になると悪に走る・・・・
強い心を持ってほしいと願っています

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114363/73725141

この記事へのトラックバック一覧です: 少年院:

« サロン | トップページ | 誕生 »