私のホームページ

お気に入り

無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月30日 (土)

誕生

ありがとう sign01
ありがとう sign03
わが家のお嫁ちゃんに感謝 heart03  感謝 heart04
5月21日可愛い女の子誕生
帝王切開で大変だったと思うが
頑張ってくれた
ハルくんもお兄ちゃんらしくなった


ばあば アオちゃん可愛いね

ホッペにチューしたり手をそっと差出したり
可愛くって可愛くって・・の気持ちが伝わる


お嫁ちゃんは実家で休んでいるが
静岡の爺婆が出かけて行ったので来てくれた
実家と現住まいは近いので行き来は楽
愚息は1人生活をしている
心配だったが部屋の様子を観て安心した


孫ってどうしてこんなにも可愛いのだろう

子育て時代はお互いが新米のパパママ
どう育てたら良いのか
経験もなく しかも双胎児  
でも両親と同居していたので助かった
夢中で子育てした時代
が子供も巣立っていくと
今度は少し余裕も出来てきた
躾けや教育はパパママの役目

爺婆はただ可愛がっているだけで良い
責任もないので余計に可愛いのだろうか
ハルくんは愚息にそっくり
それがまた嬉しい私
アオちゃんはお嫁ちゃん似かな
お嫁ちゃんもアオちゃんも
お顔が小さくてかわいいお顔している
健やかな成長を祈るのみ




006 爺は抱っこして離さない
        婆だって抱っこしたいよ~







2018年6月25日 (月)

少年院

小田原少年院に行って来た
JR小田原駅から徒歩8分位のところにある
周りは一般民家が立ち並び小田急も走っている
地震が来たかと思うほど響く場所
老朽化や少子化に伴い今年度で閉鎖される
私の関係する者はいないが閉鎖される前に
一度訪れたかった
130名収容能力はあるが現在は46名
閉鎖までにはすべての少年は退院となる
少年たちは家裁の審判で第1種少年院送致の
決定を受けた者で再入院者が多く
比較的不良傾向の進んだ少年というのが特徴


訪問した時は夏祭りの練習でよさこいソーランの
音楽と掛け声が聴こえてきた
元気の良さそうな姿を遠巻きに観てきた

各階級ごとに其々の指導がなされていた
社会に出て円滑な生活ができるように
本当にきめ細かなプログラムが組まれていた
指導者の姿に頭が下がる思いがした


彼らを受け入れる就労支援をしていきたい
保護者との協力関係が大切だと痛感

二度と再び悪の道に走らないように
心から願った


005

2018年6月20日 (水)

サロン

3回目のサロンが終わった
食べ物・飲み物は準備しない
それが目的ではないので何もいらない
皆さんの意見で決めたこと
ペットボトルの飲み物1本用意するだけ


4月開所式の様子は更新済み

5月は可愛らしいお菓子箱作り
  会員の1人が講習受けていたので
  みんなに指導して何とか出来上がった

  不要のカレンダー使用して作った
   
      027


6月はお顔の手入れ
  元チャームガールの方が指導
  モデルも会員が・・・
  いくつになっても皆さん女だわ
  マッサージ方法や眉の書き方etc

  (画像はモデルさんが嫌だわ・・∴なし)

今回から新しい方が2名増えた
前回の様子を聞き仲間に入りたいということ
嬉しいことだ


地域福祉の充実を図ることが目的の
交流の場なので多くの方に参加してほしい

ファイルを購入しメンバ―一覧表や
サロンの目的そして決め事を作成


       024




トマト大福を頂いた
イチゴ大福は自分でも作るがトマトは初めて


019 切ったところ⇒     022





2018年6月15日 (金)

参ったわ

今日は実に多くの事が重なり参った
○親戚の叔母が亡くなり葬儀
 用事が重なったので昨夜通夜に
○毎月15日は菩提寺に上がり奉唱
 今回は皆さんに頼んで欠席
○年金の受けとり
 時間的に無理なので月曜日に
○ISETAN招待セール
 無理なので今回はご遠慮
○お料理教室
 イタリアンを3種
○夕方は友と会う


最も重要だったのは
主人を富士山静岡空港まで送ること
九州への一番便は7:35
4:00起床
5:00出発
6:15到着
思ったより東名は空いており早く到着
これならもっとゆっくり家を出れば良かった
でも万が一ってこともあるので良かったのかな
主人を見送り一人で帰って来たが寂しい
幾つになっても誰かが傍にいないと不安
甘えん坊で弱虫の私
全くの一人ってこと今までなかったと思う


親戚が遠いのは何か事が起きると大変
お土産の準備は当然 私の役目
幸いなことに主人は上着や下着まで
自分でそろえるのは助かる
靴もしっかり磨いてくれる

今回は私はどうしても避けられない教室や
サロンが待っているので行けず残念だ

明日はゆっくり朝寝坊しようと決めてい




2018年6月10日 (日)

田園風景

わが家の周りの田んぼも田植えが終わり
水が張られたその姿は誠に美しい

早朝 朝日が昇るときはキラキラ光り
昼  突然湧きあがる雲も
   一段と迫力がある姿で映る
夕方 夕陽が映った姿も美しい
    その中をたま~にオタマジャクシがチョロチョロ


田舎の単なる田園風景がこのように綺麗で
美しく心に残る風景となるのが不思議
この環境で生まれ育ち○十年
やはりこの町が好きだ

都会に比べれば不便さはあるものの
住めば都で静かでのどかな町が好きだ


苗もだいぶ育ちしっかり田圃に根を下ろした
真っ直ぐに植えられた苗は美しい
秋には美味しいコメとなる
それまでは毎日 田圃の水管理が大変
主人が・・・ね





001_2   002

リンゴを頂いたのでまたまた焼きました






2018年6月 5日 (火)

間違い

あれ~
如何したんだろう
私の靴が見当たらない
まちがいなく履いてきた
素足では来なかったよ


先週の内科受診日のこと
明日もう一度検査に来てくださいと
特段変わったことのないと思うが・・・
突然の言葉に気が動転したのか
しっかり落ち着いて探そうと言い聞かせた
それにしても私の靴が見当たらない
そんな私の様子に気が付いた受付係り

如何しました??
履物が無いんです
一緒に探してくれたが見当たらない
如何して帰ろうか?
結局 残った靴を履くことに
24cmと大きいが仕方ない
誰のものかわからないものを履くのは
決して気分良いものではない
帰路に着いたが嫌な気持ちを持ったまま
憮然としていた私
病院から連絡がその後あった
間違えた方が名乗ってきました・・と
無事 靴は戻ってきた


まちがいは誰にもあるから仕方ないかな
わざと 取り違えたわけでもなし
007  008
庭の山椒の実を摘んだ
今宵 下処理が終わるかな


« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »