私のホームページ

無料ブログはココログ

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月30日 (月)

リフォーム 報告1

PC不良にて更新が滞ってしまった
やっと立ち上がり何とか

PCに加え私自身も不調が続いた
それでも地域のお役目や料理教室もあり
へとへとの毎日だった
ご心配頂いた皆様
ありがとうございました


皆さんにお詫びをしなくては
何を??古民家調なんて期待を持たせてしまったこと
全体をそうしたわけでもなく一部をしたまで
しかも我が夫婦が満足しているだけの事


今回のリフォームは三男の友達が幼い日に
大きくなったらお父さんのように大工さんになる
だからいつか僕に家を建てさせて…と約束してあった
その幼い日の夢を実現できるほどに成長したことを
知り嬉しかった 依頼をしたのだ

何社か見積もりをもらってはみたが・・・・
900万~1200万というものだった
やはり 子供との約束は守ろうと今回踏み切った
彼は高校卒業して専門学校に学び立派になった姿で
私たちの前に登場したのだ

色々検討した

兎に角 年寄りがより快適に過ごせるように
2人なので使用していない部屋が多い
無駄と考え取り壊しも考えたが・・・・

父が建てた家を私たちの代で壊すことは
躊躇いが生じた
それに今の家はまだ40~45年程度しか住んでいない
昔の家に比べれば新しいと感じられる
結局は①寝室②リビング③トイレ④バスルーム
⑤キッチンの一部⑥かつての子供部屋⑦玄関


① 両親の寝室だった場所を和室から洋間に
   押入れをクローゼットに
② 和室8畳間が3部屋続いていた一室をリビングに
   古民家調だと満足
③ 以前は男女別トイレだったものを一つに
   何れ車いすになってもOKのように
④ 五右衛門風呂はユニットバスに
   母の介護のときに最も苦労した風呂
⑤ 壁を取り除き和茶箪笥をはめ込んだ
   これは②にあったもの
⑥ 子供が成長してからは納戸状態
   クローゼットを設け机や箪笥は処分し
  10畳間は第2リビングに
⑦ もう少し時間がかかりそう


主人の寝室と長男の寝室はそのまま
ゲストルームになるかな?
奥座敷と仏間もそのまま




希望は多くあったがやはり相談すべき懐がOKを拒否
これから毎日の生活が続くわけだから
使いすぎは厳禁
身の丈に合ったリフォームだと思うことにした
主人に感謝 ありがとう
長男も出資してくれ助かった



2017年10月10日 (火)

ほぼ完成

リフォームも玄関の戸を残すのみとなった
この部分は想定外だがやはり古さは目立つ
思い切って手を加えてもらうことにした

長かったなあ~
職人さんたちも大変でした
6月20日から毎日日曜日もなく
頑張ってくれ感謝の一言
お盆休みと途中親戚の葬儀で休んだのみ
多くの職種の職人さんたちが携わって
建物は成り立っていることを再認識
何人の人たちが係ってくれたのだろうか

これから一体どのくらいの請求書がくるか・・・

頭が痛い~どうしょう

快適にはなった
素晴らしくなった
想像以上に良くなった
希望通りに古民家調の風情を醸し出している
どの様に生活していくか楽しみもでてきた
オット その前に片付けが待っている
4部屋はリフォームしなかったので荷物が
所狭しと散らかっている
片づけなくとも残りの部屋で生活はできる
そんなこんなでまだまだ時間がかかりそうだ

最終目的はお正月までには片付けて
新しい年を迎えること

リフォームの全貌は次回UP予定
乞う ご期待を sign03sign03



024

ショートケーキ
久しぶりに焼いた
デコレーションはイチゴがなく
少々赤みに欠けるもののお味はバッチリで~す



2017年10月 5日 (木)

講演会

県知事の基調講演を聞きに行って来た
会場は富士市文化会館ロゼシアター
大ホールは客席数1634席

18:30から始まった講演
大盛況だったと感じた
知事も会場を見渡して満足そうだったし
驚いた様子だった


”ふじのくに”の未来を富士から!
流石 知事は全県下を知り尽くしている
富士市は政令都市静岡・浜松についで
3番目の街
人口約25万人
製紙産業が盛んで中小企業規模の製紙会社が多い
かつては宗教団体が乗り入れたため
新幹線新富士駅は専用のホームや待合室があった
出入り口も全て別であった
宗教団体の本部が撤退したため今や無用の産物となった
リニューアルされ一般の利用者にも便利になった


世界遺産富士山の御膝もとで生活している富士市
その魅力を【県東部の雄々】と知事は形容した
田子浦港海抜0Mからの周遊ルートの確立
地元大学が市内から撤退した跡地の活用や
医療・文化・廃線寸前の私鉄や港の復興etc
地方創生の核となる人口減少対策と雇用創出

本当に知事の指摘は最もだと感じ
共鳴できる部分も大いにあった
個人の力は微々たるものだが
市民が立ち上がるその力は大きく
若い時は大都会で活躍した若者も
富士山の麓で老後は生活したいと思わせる市に
発展してほしいと強く感じた


知事はニュースで知る顔とは違い
温厚で時にはユーモアを交え講演は終わった
帰り際 他の人たちの声も知事は良いね~
富士市も頑張らなくちゃ~

とても良い時間だった


生姜が収穫できたので佃煮を作り
さとう漬けを今年初めて作った

   014 温度が高すぎたかな??

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »