私のホームページ

無料ブログはココログ

« おやつ | トップページ | 講習会 »

2017年9月15日 (金)

墓じまい

5月に亡くなった叔父は永代供養にしてあった
1人娘は嫁ぎ叔母と2人だけの生活をしていた
その娘(私の従妹)も主人と死別しお墓を
守っているし住むところも離れているので
2か所の墓守はできない
誰も後を継ぐ人がいなくなったので
墓じまいもやむを得ない現実


残された叔母の希望でもともとあった
墓をしまうことにした
昨年 我が夫婦も主人の故郷に帰り
墓じまいをしてきたので
叔母が何かと相談してきた
宗派は異なるが知る限りのことを話し
菩提寺や石材店とも相談を重ね
今日墓じまいをした


塩・米・清酒を用意してお墓に出向いた
(喪服はどこだったか・・・どこに片づけたか??)
(慌てて探した・・・あれ~お数珠は??)
まあ なんとか間に合った


お題目をあげて頂き清めてから石材店にバトンタッチ
先祖の骨壺も大事に供養塔に移した
墓碑を建立するときは〇〇〇万円支払った
しっかり建立してある墓碑を粉々にしてしまい
処分する姿に泣けてきた


主人の実家はその過程を見ず任せてきたので
無残な姿は目にしなかったのが救いだったのか



220 これが最後の姿





« おやつ | トップページ | 講習会 »

社会」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。

少子高齢化も進んでいますし、
時代の流れですね。

実家の方は、長男は、亡くなってしまいましたが、
息子が、継いでおります。

我が方は、娘二人ですので、はなっから、
作る気はありません。

墓じまいを考えてると・・・チラチラ耳にします。
そういう私の実家は、墓じまいではないのですが、岡山から、
愛媛の方へ移す準備を進めています。
急がないと・・・兄達も今でしょ! ってところです。
何とも寂しい気持ちで一杯になりますね。
色々大事な事が重なっているようですが
どうぞご自愛なさって下さい。

おはようございます。

台風が近づいてきていますがそちらは如何ですか?

大きな災害になりませんように・・

墓じまい・・我が家も色々考えています。

我が家の場合ちょっと複雑なのですが(ーー;)

宮崎にあるので私達は其処には帰らないからやはり墓じまいですね。

旦那さんの処は神徒なのでどうするのか来年旦那さんが退職するので

それから1度宮崎に行ってこようと思っています。

でも、お義母さんが元気な間はどうしようか?それもあるので色々思案中です。

おはようござます
台風はだいじょうぶですか?
去年 おじちょんの実家の墓じまいをしてきました
家族の形が変わった今 お墓のあり方も調度過渡期になるのでしょうね
わたしやおじちょんはいまのところ あまり迷惑のかからない形での自然葬を考えていますが・・・・まだ結論はでていません

こんにちは。
最近になって、お墓のことはいろいろ耳にします。
代々お墓を守るというのが難しくなってきているのですね。
我が家も他人事ではないのだなと思います。
両親はまだ健在なのですが息子たちが先に入ってしまって、
先々残るのは娘一人ですが、それもどうなることやら・・・

せめて自分が生きている限り、
供養する気持ちと日々の暮らしを大切にしたいと思います。

確かにテレビのCMで「墓じまい」を見るようになりましたね。

無縁仏として放置されているお墓も目立ちますかな。

片や墓地販売のCMも有って複雑な気分もしますけど。

我が家では幸いなことに一心寺とよぶお寺に遺骨を納めて
お骨仏としてお祀りされているので墓地はありません。

一心寺は明治時代から大阪では有名な浄土宗のお寺ですが
宗旨を問わないので我が家の両親も実家の祖父母も
お骨仏として祀られているようです。

我が家も宗旨は違いますが私も死ねば一心寺と考えています。

最近は他府県からも一心寺に遺骨を納める方が増えているとか。

大阪人らしい風習としてこれからも話題になりそうですよ。

時代・・・ですね。
本当に、今、宗教的な事、過渡期だなと実感しています。
サメ家のお墓、13年前サメ父が亡くなった時に、そもそもあるお墓の隣に新たに立派な墓を建てて並べました。
くちこは反対しましたが、未だ義母の力が健在で、サメ氏は言いなりに建てたようです。
元々のお墓も、分家ですから、サメ氏の祖父の時代からしか入っていないのに・・・
せめて、一つにまとめる事を提案しましたがダメでした。
祖母の見栄だったような気がしています。
サメ氏の息子達も東京で、帰省する意思も、相続する意思も皆無だし、サメ氏がお墓に入っても、お参りする人は居ない気がします。
くちこが自力で運転して行くことは不可能な場所ですし、くちこは、自分が死んだら、両親の眠る墓に入ることにしているので。
サメ家の墓じまい、誰がするのでしょうねえ。。。
くちこの叔父は、自分達用に早々に墓地を購入していましたが、それを手放し、合同墓に入ることを決めたと言ってきました。
嫁いだ娘達の荷物にならないように、と。
いつも潔い叔父です。
そして、毎週、くちこ家の墓参りを欠かさずしてくれる叔父なんです。
そんなくちこ家のお墓の周りも、無縁墓が増える一方で、草取りをする範囲も広がるばかりです。

これからは、「墓じまい」ということも増えてくる
ようですね。
これも、少子化の影響なのでしょうね。時代の
流れなのでしょう。
それにしても、墓石を粉々にしてしまうとは何とも
やるせないですね。

おはよう御座います。
「墓じまい」初めて聴いた言葉です。
なるほどこのようなことがあるのでしょうね。
私の周りでも独居老で身寄りのない人が徐々に増えています。
また結婚をしない中高年も増えているのも事実ですよね。
あちこちににいろいろ想定外のことがおきる時代になったということですかね。

墓じまい・・・我が家でも常々話題に上ります。
我が家も私たちの代で、墓守りは終わります。
墓じまい、檀家を離れる離壇届・・・など等をいつも考えております。

動けるうちにやっておくのがいいのでしょうが、どちらか1人になったら
腰を上げようかと・・・・

簡略化はされますが、ご先祖様の前で祈る事って心は落ち着くのですがね・・・・

墓じまい、最近テレビでも取り上げられていますよね。
我が家は、八王子に私の実家の墓、埼玉には主人の実家の墓とあって
主人は三男ですが、兄たちが亡くなり、甥っ子がお寺付き合いをしないので
今のところは、うちがしています。

でも、次男も別にお墓を買っているので、三男がそのお墓には入ることができません。
多分私の実家のお墓かなとも、思っていますが。
これから先、息子たちにお寺付き合いをさせるのも、お金も時間もかかるし
どうしたものかと思っています。
それにどちらにしても遠い。

近場のお寺の永代供養でもいいかなとも考えています。
昨日TVでは、墓じまいにも何百万~一千万以上取られるところもあるとか。
難しい問題ですが、自分が元気なうちに考えないといけないことですよね。

墓じまいと聞くと我が家もしなければならないのかなと考えてしまいますが、なかなか出来ません。
それどころか、自分がそこに入りたくて仕様が無いのです。
わたしのところの墓はいま住んでいるところから300km以上はある飛騨の山奥ですので、何時まで此処にいけるのか、、、、、
隣の墓は何年も前から草ぼうぼう、いずれわが家も同様な状態になることは分かっていますが、手をつけられない優柔不断の男です。

clubmcnj様
いつも早々にありがとうございます
楽しみにPC開いています

墓終いを考える年齢に達したと思うと
少し寂しい気もします
叔母は1人になってしまったけれど
我家は3人いるので何とかなると
信じていますが・・・・・

clubtomoko様
何れは行く場所ですが先を考えると
憂鬱ですし寂しいですよ
先祖代々続いた墓は守っていきたいですが
長男・次男はカトリック・・・この先どうなるかわかりません
次世代は心配です

clubレオ様
何処の家にも問題ありですね
我家も主人がこちらで生活しているし
義母も亡くなったので決心して昨年
墓終いしたんです
大分の日田市で遠くなかなか墓参りにも
行けないので良かったと思っています

clubソフィー様
やはり墓じまいなさたんですね
時代の流れでしょうか
お墓事情も様変わりしつつあるようです
樹木葬とか海に散骨なんて言う方法も
最近はあるようね

club夏雪草様
そうでした
ご子息様を失くされたんですね
子どもに先立たれた悲しみは辛いわね
せめて墓守をしっかりなさって供養して
あげてください

club鉄ちゃん爺や 黒様
最近は田舎でも永代供養にされる方が
多いです
叔父夫婦も墓地にちゃんとした石碑があったんですが
後を継ぐ人がいないので仕方なしです

これからますます墓事情が変わってくるのでしょうね

clubくちかずこ様
先祖代々受け継いできた墓守をするのは
当たり前に思ってきましたが最近の墓事情は
大きく変わって来たようですね
サメ氏はくちかずこ様の性を名乗っているの?
だってお二人で別々のお墓なんて寂しすぎ
墓終いってお金がかかるのにもビックリです
亡くなった後も家族は大変です

clubToshi様
田舎でも墓事情はかわりつつあるようです
跡を継ぐ人がいないのが一番大きい原因
家庭によっては仕方のないことかもしれません
我家でも愚息たちとは宗教が異なるのよ
どうなるか心配です

clubマク様
代々続いた墓を守っていくのは当たり前だと
思っていましたが 最近はそれぞれの考えや
仕事の都合で墓守も出来ない家庭も多いようです
墓終いもお金がかかるのには驚きました

clubねこママ様
色々の事情で墓守も困難になった家庭も
多いようです
後の事はわかりませんが今の自分に出来ることは
精一杯墓守をすることです
朝のお茶と水そしてごはん
これはしっかりあげてお線香炊いて
お経をお唱えしています

clubココア様
墓終いして初めてわかりましたが
本当にお金がかかりびっくりです
生きていくのも大変なら亡くなってからも
大変だとしみじみ感じました

clubオラケタル様
先の事を考える年齢になってきて
寂しい気もしますが何れは行く場所ですから
やはり生まれ故郷が懐かしく良いですね
私のように生家から出たことがない者は
代々続く我家の墓に入るしかありません
なにか寂しい秋の夜です

ウ~ン!「墓じまい」ね~!。どうもこの言い方が気になるね~!。
この世の 終わりの様な 気分になります。

「墓おさめ」と言うのはどうじゃろうかね~?。(*^_^*)

何はともあれ、「墓」の話になると、皆様!それぞれの事情を お持ちなんですね~。

神仏の事は 何事も(ねんごろ) に 弔(とむら)はなければ 気が落ち着きませんね。

clubkoutoku様
ご意見はあるようですが
「墓終い」というのが一般的なそうな
いずれにしても跡継ぎがいなかったり
多くの理由で墓守が出来なくなってきているのが
現実のようです
お金が多くかかるのが辛いわ~
我家も愚息たちがどのように考えているのか
解りませんが自分たちは精一杯 守りはしていくつもり
菩提寺の役員でもあるしねえ~

お早うございます ・・・・すっかり御無沙汰してました。
急な長~い階段等のコ-スを歩き過ぎて、すっかり
腰を痛めてしまって病院やマッサ-ジ治療を受けて
おり、自宅に籠っている日々を過ごして居ります。
墓じまいの話題を各地で聞きますが、我家でも両親
が眠ってる郷里のお墓を 10 年程前に、自宅に近い
郊外の霊園 に移 しました・・・・私達夫婦も高齢とな
ったこともあり、お墓の管理も子供達に引継ぎし、少
しホットしてた処です。

そうですか、「墓終い」始めて知りました。
何とも寂しい話ですね。

霊園などの墓地では、供養料だけ支払い、彼岸もお盆も家族が
こないので、僧侶が読経だけ挙げる話は聞きます。

親戚因者が先祖の墓も守れない、情けないですね。

clubのび太様
あら 腰を痛めらえた様子
経過は如何かしら
お互いにだんだん無理が効かなくなり
少し寂しい気がしてきますね
後を継ぐ人も少なきなり悲しい現実
のび太様のところはご子息が継いで
下さるんですね
ホットしますね

club放念の翁様
田舎でも若い方々が同居も難しく
墓守りもままならない家が増えてきました

我家でも愚息たちはカトリック系の学校出身
この先どうなるのか不安は残りますが
まだまだ 頑張れると自分に言い聞かせ
毎日のお勤めはしっかり行っています

また出遅れてしまいました。
墓じまいというしきたりがあるのを初めて知りました。
少子高齢化の現代では仕方がない社会現象になりつつあるのでしょうね。
私のところも、昨年の6月に亡くなった次兄と12月に亡くなった長姉の連れ合いは子供がいなかったので遺言でそれぞれの実家の墓にはいることで落ち着きましたが。我が家の3人の息子はいまのところ独身、このままでは息子たちの時代に墓じまいということもありうると考えざるを居ません。
夫は3男で市内に代々の墓がありますが、我が家として別に墓を買っていますので、それも仕方のない現実ですね。

clubヒサ子様
時代の流れでしょうか
墓守りは家を継いだ者の宿命だと思っていましたが
色々の事情で出来なくなった方が多いですね
戒名によって菩提寺とのお付き合いも異なり
お金もかかりますよcoldsweats01
我が家もこの先どうなるのか心配ですよ

墓じまい 寂しい言葉ですが 仕方がないのかな?
私は 長男の嫁ですから 墓守りの大変さがよくわかります。
我が家も都内なので遠い・・・
私の運転で行けるかどうか不安で仕方がないですけど 私が墓じまいするわけにはいかないでしょうね。
都内にも叔父・叔母がおりますから・・・
考えるとこの先どうなるかわかりません・・・
難しい問題です。
これから考えなければいけないでしょうね~

clubPAPA様
守っていく気持ちはあっても体力的に
無理ってこともありますし
子どもたちはそれぞれの仕事の関係で
無理ってこともあり難しいわね
年齢を重ねてくると考えることが多すぎ
しかも難問ばかり・・・
この先どうなるのか心配です

PAPA様
遅くまでPC開いているんですね
体に注意してね

墓じまい

田舎の海を見下ろす丘に主人の実家のお墓があります。
草取りが大変だという理由で、最初は緑が綺麗だった丘は墓石とコンクリートで敷き詰められました。夏のお墓参りは、暑さと照り返しで、あごの下まで日焼けします。
 何回も参るうちに、空き区画が増えました。
 
 主人の兄弟たちも50を過ぎました。

とても、考えさせられる問題です。
そして、いつまでも外様の嫁は、口を出してはいけない領域かな。

 墓じまい積み立てをしておかねばならないのでしょうかね・・・

墓じまい ..
ネットで見ても、価格がさまざまです。
実際、おいくらなのか教えてください。

club 二色 恋様
何処のお宅もいろいろな悩みを抱えているんですね
跡を継ぐ人がいない・・・・悲しいことです
墓守は代々家を継いだ人が守っていく・・・・
以前はそれで良かったのですが仕方ないわね

clubのん様
宗派や地域性もあり経費もまちまちのようです
そして取り壊す墓碑がある場所も大きく関係しています
道から離れていると機械が入らないので人手になり
その分高くなるとか・・・
どの程度かかったのか聞きませんでした

のん様のところにも訪問したいのですが・・・・


考えてみれば確かに機械が入らない場所等で経費が違いますよね。
丁寧にお返事ありがとうございました。
私はまだブログをしておらず、色々な方のブログを見せていただいています。
クルーズの記事はとても感動しました。

clubのん様
お役にたちましたでしょうか
ずっと読んでいてくださったとは感謝いたします
またお時間のある時は覗いてください
いつかブログのお仲間としてお迎えいたしたいと
思います
楽しみに待っていますね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114363/71722184

この記事へのトラックバック一覧です: 墓じまい:

« おやつ | トップページ | 講習会 »