私のホームページ

無料ブログはココログ

« 4月から5月へ | トップページ | 夏期結集 »

2017年5月 5日 (金)

子どもの日

お茶の伸びが悪いが刈った
そうなんです
またまたお出かけなんです
県仏教婦人部の夏期結集で信州へ
5/8 戸隠神社 5/9善光寺
これは仕事の一部
そんなわけでお茶を刈るのは今日しかなかった
主人がどんなに頑張っても2人刈り機なので無理
収穫量は少ないが仕方ないな
田圃の代掻きも待っている
忙しいと言いながらも楽しんでいる部分もある


010

今日は子どもの日

だいたい子どもというものは
《親の目がとどかないところ》でそだっていくんです
今朝の朝日新聞の折々のことばより

確かに仲間と共に少々怖い目にあいつつも
良いこと悪いことを学んでいく
友の有難さも味わうことになる
先生の授業よりずっと深い教育の場がある

子育てに正解はないと思う
3人の息子がいる我家だが
1人1人個性があり一様でない
自分の人生をしっかり生きられる人に
成長してほしい
柏餅は今年は買ってしまった


022    026
主人作      ブログ友作

« 4月から5月へ | トップページ | 夏期結集 »

社会」カテゴリの記事

コメント

夏も近づく八十八夜、新茶を摘む時期になりました。
美味しいお茶が飲めますね。

わが家も祖父の時代には手もみの茶を、ここに疎開を
してきた頃に茶摘みも製茶もやらされました。
ご近所の茶摘み婆さんに、いろいろと教育もされまして

この頃は本川根の自家製荒茶を頂戴していますが、
4,5回差し湯をしても味と香りがあります。贅沢です。

お早うございます。

昨日は、立夏でした。
暦の上では夏ですね。
夏と言ってもいい位の陽気です。

お茶農家さんにとっては、一番忙しい時期ですね。
世間は、遊びたくっておりますが。

新茶の季節ですね。
お店にも新茶入荷というのぼりが立って
いたりします。
新茶の声を聞くと初夏を感じますね。
今月も何かとお忙しそうですね。
体調などにはお気をつけ下さいませ。

こんばんは。
ご無沙汰しちゃってすみません。

新茶良いですね~。
自家製の新茶すてき~。

「親の目がとどかないところでそだっていくんです」
この言葉、その通りですね。
つくづく感じます。
「かわいい子には旅をさせよ」というのも合点できます。

信州の旅、
ちょっと羨ましいです。
たくさん楽しんでいらしてくださいね。

新茶の季節なんですね。
香りも豊かで、美味しいでしょう。
戸隠に善光寺ですか。
私も以前行きましたが、戸隠神社の奥社への杉の並木道
素晴らしく、感動しました。
善光寺では、暗闇の中の錠前をさわりました。
いいところですね、楽しんできてくださいね。

おはようございます。
連休最終日ですね。明日からの仕事や学業に五月病が出ないといいですね。
結構あると聞いています。
私の千葉の孫はこの間に新潟へバイクの免許を取りに行ったようです。
その免許を取るにも父親と「とるとらせない」との確執があったとか。
こんなことを止めようとしても男の子の成長過程に無駄なこと父親も一つ学んだことだろう。
昨日は茶畑を機会が走り回りあちこちの茶畑が賑やかでした。
おば様もご無理をなさいませんように・・・・と言ってもこの時期には「そんなこと言ってられないわよ」と言われそうですね。

茶畑をお持ちなんですか、素敵ですね。

我が家のGWは広島と岡崎の孫が大学入試の特訓中だとか
息子だけが単独の帰阪も2泊3日で金曜日に終わりました。

おかげで出費が少なくて済みましたけど(笑い)

でも来春は大学が2人と高校が1人なんで
今から考えても頭が痛い、福沢諭吉さんが何枚いるのかしら?

明日から信州へ行かれるんですね。

戸隠の蕎麦は美味しかった記憶がありますね。

善光寺さんは東日本大震災の前年に行ったきりですけど。


お茶畑の風景、爽やかで見飽きない風景ですね。
早いですね。 もう新茶の季節なんですね。

おばさんもご主人さまも働きものですね。
忙しいのを楽しんでいらっしゃる、
我が家も男の子が三人、本当に三人三様の成長でした。

三人とも他県にいて、寂しいと思う」と気がありますが元気でいてくれることが何よりと
思うことにしています。

信州でのお仕事大変でしょうが、、爽やかな風景を楽しまれますようお祈りしています。

japanesetea放念の翁様
風薫る良い季節になりましたが同時に
農業が忙しくなる季節でもあります
ネコの額ほどでもかかる手間は同じです
川根茶は地元でも有名で美味しいですね

japaneseteamcnj様
我家は今は少なくなりました
以前は生葉で出荷していたんですよ
バイパスが通り減ってしまいましたが
案外喜んでいますよcoldsweats01

japaneseteaToshi様
良い季節になってきましたね
新緑を観ると心がうきうきしお出かけしたい
気持ちが高ぶりますが農業は忙しいわ
秒刻みの生活ですよcoldsweats01

japanesetea夏雪草様
葉桜も美しくお茶の新芽も美しいわね
田舎生活者は殆どが自家生産です
レトロな生活を楽しみつつ過ごしています

子供の成長は親として楽しみでしたが
巣立った今はなぜか寂しい気もします

信州は菩提寺の代表で行くのでやや緊張気味

japaneseteaココア様
田舎の機械刈りのお茶ですが
この時期になればやはり新茶として
重宝しています
家にあるって有難いです

信州は5月に行ったばかりですが
今回は菩提寺の代表ですから
粗相のないようにと気を引き締めて
行ってきますね

japaneseteaマク様
そうなんですよね
免許は地方に行った方が良いようで
我家の三男は山形で合宿しました
2週間だったと記憶しています
今や自動車免許は必須でしょうから
パパも納得したのかしら
親も子もお互いが歩み寄って
お互いが成長していくのでしょうか

japanesetea鉄ちゃん爺や 黒田様
大きなお孫さんがいるんですね
志望校に合格の暁には まあ大変
諭吉殿が何枚も飛び交うのでしょうね
これは嬉しい悲鳴かと・・・

japaneseteaヒサ子様
男子3人は頼もしくありますね
いつの間にか親を飛び越えて大きく
成長してくれたことが嬉しいです
2人で生活していると寂しい時もありますが
せめて愚息たちの脚は引っ張らないように
心がけています

お茶刈り、されましたか?
こちらも、今年はお茶の伸びが悪く、刈るところがないと・・・
しかし、時期に乗り遅れても価格が下がるばかり・・・って事で、ボチボチ刈り始めたようです。
明日明後日ころに一雨あれば、一気に大きくなっててんてこ舞いになるのではないかな?
毎年GWには、お茶工場の手伝いを頼まれますが、今年はお茶が少なく
お声は掛かりませんでした。
これから忙しくなるようです。

見事な茶畑ですね。私の子供時代もずーっと自家製のお茶でそだちました。今はもうヘクソカズラの覆われているでしょう。大分前に見たときはショックでした。間もなく父の50年ということでひさしぶりに実家へかえります。もう両親も兄もいなくなって、兄嫁も気むずかしく、お墓参りにちょっと寄るくらいでした。お茶畑まで上がることもない長い期間です。おいしいお茶がうれしいですね。

japaneseteaねこママ様
今年はお茶がどこも遅れているようですね
我家は大した量でもなく
これで生計を立てているわけでもないので
2人の都合の良い時に刈っています
やっぱ 自家製は嬉しいものです

japaneseteaももり様
僅かでも家にあると嬉しいものです
忙しいと文句も言いますが本当は
ある意味喜んでいる部分もありです
実家も代が変わるとだんだん遠くに
なってしまい寂しいわね

おばさん様 こんばんは
相変わらずお忙しそうですね、
お出掛けして見聞を広めるのは心身ともに良いものだと思います。
どこかの茶畑では成長しすぎているとか、
マク様のブログで・・・
その時々でハプニングもあるものですが、
用事があったりすれば仕方ないですね。
お体お大事になさってgood

japaneseteanyar-nyar様
今年は全般的にお茶が遅れているようです
マク様の方はわが家より高地なので
温暖の差が大きく霧が掛かるのも良いようです
明日には発送できると思います

皆さま、素晴らしい作品だわ。
くちこは、備前焼の兜がありますが、才能の欠片も無しです。
子供って、案外、よく見ているし、考えていますよね。
くちこんちの三人もそれぞれの個性です。

サメ氏も、サメ家の新茶を摘んで帰り、旅行中に干しておいたので、先ほど、新茶を飲みました。
お茶の木、一本だけあるんです。

japaneseteaくちかずこ様
お帰りなさい
兜や五月人形はもう飾らなくなりました
奥の間にはいつも鎧が鎮座ましていますので・・・
子どもたちも成長すると飾り物一つにしても
寂しくなります

新茶を干すの??
乾燥機にかけて揉まないの??
i色々な方法があるのでしょうね

相変わらず、超多忙の日々ですね。  ちゃんと季節の飾りがされていて
流石!  それにしても皆様の作品、ご主人様のも含めてどれも
とても素晴らしいでしね!!

手作りのものがあるって豊かで温かいですね!

japaneseteatomoko様
主人のは別としてみなさんいろいろと特技を
お持ちで驚きます
tomoko様も洋裁やりますでしょう
不器用な私はお恥ずかしいわ
最近 富に忙しいわ…忙しぶっているのかもcoldsweats01
手作り品は作り手の心がそこにあり
嬉しく温かくなりますね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114363/70476506

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの日:

« 4月から5月へ | トップページ | 夏期結集 »