私のホームページ

無料ブログはココログ

« のんびり | トップページ | びっくり »

2017年1月15日 (日)

小正月

小正月
繭玉作って飾っていた昔が懐かしい
やれば良いのに怠けてしまった
大いに反省した
両親が健在なら大目玉頂戴していたな
小豆粥
一応作って食した
北海道のブログ友より頂いた小豆使用


毎月15日は菩提寺に上がりお題目を唱え
お上人様の法話を聴き
皆で楽しいお喋りに花を咲かせる
そこでも小正月や小豆粥が話題になった


若い方々の家庭はやらない方が多い
知らないっていう人もいた
どんどん焼きの餅は用意するが・・・・

日本の文化や伝統は何処に
簡素化しべきはした方が良いが
守るべきはしっかり守り次世代に繋げていこう



020 久しぶりにミートソースを作った



« のんびり | トップページ | びっくり »

社会」カテゴリの記事

コメント

住宅様式も変わり、神棚や床の間もほとんど無いそうで
小正月などは飾れないでしょうし、暦やしきたりを知らな
いでしょうから。
その多くは農耕民族の文化、五穀豊穣を祈願するもので
農業が衰退をしては意味がないことでしょうね。
節分の鬼遣らいよりも、文化のない恵方巻きを食べる時
代ですから。

昨日は小正月でしたか。
気づきませんでした。
近所の神社や町内会でお餅つきを
やっておったのはきっと小正月
だったからなのですね。
風習や文化、忘れないようにしたい
ですね。

お早うございます。

時代も変わりますね。

昭和は、遠くなって、平成も、過ぎゆこうとしております。

スーパーとコンビニの時代になってしまいました。

こんにちは。
今日も寒いですね。

小正月・・・昔でしたら、嫁が里帰りできたのはこの頃でしたね。
母と一緒に、歩いては母の実家に行ったことを思い出します。

「小豆粥」・・これも、ここしばらくやらなくなってしまいました。
「七草粥」までは、お正月の流れでやっていますが、「小豆粥」最近省いてしまって・・・

仏壇の供花を、松から普段用に代えるだけで・・・・sweat01
神仏も、「都合のいい時だけ頼りなさんな」と言っているでしょうhappy02

父は、台湾からの引揚者な上に、両親も兄も早逝。
二十歳やそこらで、弟妹を抱え大黒柱。
母は、養女先でいじめられて育ち中卒で紡績工。
両親は、共稼ぎで一生懸命くちこを育ててくれましたが、両親自体が慣習をどこまで知っていたか???
くちこも、子育て時代は働くことと、家の事に追われ、そして体験して育っていなくて・・・

返って、歳をとってから学んで身に着けたり、始めたことが多いように思います。
子供達はくちこのなにを見て育ったか、極めて不安です。

小正月の風習懐かしいですね。
子供のころ、ミズキの木に餅を丸めて飾り部屋に飾ったのが懐かしい思い出です。
今は実家でも飾っているか疑問です。
昔からの風習がなくなるのはさびしいですね、

小豆粥、実家では作ったことがないので食べたことがないです。
夫は子供のころ食べた記憶があるそうなので、宮城でも習慣としてあったのではと思います。一度食べてみたいです。

日本古来の習慣も近年だいぶ少なくなりましたね。
カレンダーなどにも日本の暦を書き込んだものがありますが実際やる方がどれくらい
あるのでしょうね。
私の周りでは年始などは社員や子供たちが大挙してきますのでお年玉などはいまだ
古い習慣を守っています。
町内ではどんど焼きなどもありますが七草などもやらないお宅が多くなったようですよ
その分昔無かったような習慣バレンタインやハロウィンやクリスマス等がもてはやされ
洋風化、商業優先化の波に押し切られた感がありますね。

shock放念の翁 様
だんだん風化してしまい残念におもいます
いままでやっていたのにやらないと とても
罪悪感を感じてしまいます
お嫁ちゃんに伝えていくつもりです

shockToshi様
田舎でも見かけなくなり一抹の
寂しさは感じます
どんどん焼きは盛大になったような気がします

shockmcnj様
変わってゆくのが良い点もありますが
昔からのしきたりは守っていきたいとおもいます
年号も2年先には変わるようで・・・
えっ~昭和生まれなの
なんて言われそうですね

shockねこママ様
お宅は神仏のお祀りをしっかりやっていると
記憶していますよ
だんだん億劫になってきて手抜きしていますが
しっかり守って次世代に繋げていかなくてはと
反省し来年こそ守っていく予定

shockくちかず子様
それぞれが違った環境で生活してきたのだから
これは仕方ないこともありね
乳母日傘で育った身は打たれ弱い面がありますが
躾けには厳しくしきたりは尊んだ家でした
ですからしっかり繋げていく使命みたいなものを
感じています

shockヒサ子様
だんだん薄れてきますね
団子や宝船を作り麩菓子も飾ったころが
懐かしいわね
小豆粥はご主人様食べた記憶があるのでしたら
来年は復活ね

shockマク様
お年玉moneybag
お孫さんや社員までだと
諭吉さんが飛んだことでしょうね

風習や習慣は残したいものが多いのですが
最近は薄れ外国からの風習の方が
もてはやされているのも事実ですね

で!(日本の文化や伝統)を守った後に、
外国のミートソース!は、無いでしょう~!。(*^_^*)

ここはやっぱり、
日本の伝統 の 温かい(素うどん!)でしょう。^^笑!

shockkoutoku様
やられた~
一本取られた~
悔しい悔しいweep
主人も同じように西洋の麺かあと
ほざいておるが無視
念のため言っておくが素うどんって
如何いうことじゃ
わが家はたっぷり具が載っておるのじゃよ

私も七草粥 まではしますが 小豆粥はしたことありません・・・
実家も商売をしてる家でしたので 何もお正月らしいことはしていませんでしたが 新婚の頃にご近所に教えて頂いて 七草粥とか作っていますよ。
おばさんさんのように 風習をきちんと守っていらっしゃる方が 若い世代に教えて頂けると嬉しいなあ~と思いました。

15日 私のお誕生日でした。
菩提寺に行かれる日と 聞いて嬉しくなりましたよ。

我が家も両親が元気だった頃から1月15日は
小豆粥でした、家内が伝統を引き継いで今年も
小豆粥を丼で1杯食べましたよ。

私個人としては七草粥よりも小豆粥の方が好きなんですけど。

我が家では丸餅を入れますがご当地は如何なんでしょうか?

名古屋より東では角餅が一般的なんでしようね。


shockPAPA様
15日ですね
偶然に私も1月生まれ17日ですが・・・
パールは届きませんでしたが
温泉1泊しました
誕生日や記念日を大切にすることも
各家庭のしきたりのようなことってありますね
健康で今年も穏やかにお孫さんに
囲まれ過ごしましょうね

shock鉄ちゃん爺や 黒田様
おめでたい おめでたいと騒いでいた1月も
もう半ばで田舎では小正月をお祝いします

お雑煮は角で醤油味付け
白菜と煮たりダイコンや里芋と一緒に
煮て食します
主人は九州出身なので結婚当初戸惑ったと
話していました
地域によってお雑煮もいろいろですね

東京育ちなので、小正月とかはしたことがありません。
繭玉とかは、テレビで見るくらい。
どんどん焼きとかも経験がないんですよ。
小豆粥も食べたことがないです。
日本の素晴らしい伝統なのに、知らないって
勿体ないですよね。

ミートソースは昔は作りましたが
最近は作りませんね。

こんばんは。

小正月、小豆粥、どんどん焼き・・・
職場では、知らない人が多いです。

昨年は早朝よりどんどん焼きをするイベントがあることを知り、せっかくなので職場の友人を誘って出向いたのですが、
場所が見つけられず、ようやく辿り着いた時はもう終わってしまっていて、ちょっと残念でした。

わが家もあずき粥ってしませんね。おいしそうですが、食べたことがないものは中々作れないものです。最近、うれしかったお料理は豆腐グラタン。まったく我流ですが、とても気に入りました。ちゃんとした作り方をその内に教えてくださいませね。京都はスッゴク寒いです。アッツアツのお料理が一番のごちそうですね。

shockココア様
都会には都会の生活様式があり
田舎には昔からの風習が残っているのも
日本の良い点かもしれませんね
孫たちは喜んでどんどん焼きに参加
だんだん薄れてきて一抹の寂しさも
のこります

shock夏雪草 様
田舎はそれぞれの区によって
場所が決まっているので
決められた時間にどんどん焼きに
家族で参加します
田舎に住む特権かなcoldsweats01
個人的にはずっと守っていきたいと
考えています

shockももり様
ニュースでそちらも大雪と知り
心配していました

豆腐グラタン
暖かくって体に優しく美味しそうです
調理方法は各家庭にあったものが一番
寒い時は温かいものがなによりの
ご馳走だと同感です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114363/69256678

この記事へのトラックバック一覧です: 小正月:

« のんびり | トップページ | びっくり »