私のホームページ

無料ブログはココログ

« 因果応報 | トップページ | 舞踊団 »

2016年2月 5日 (金)

交通事故

軽井沢でスキーツアーのバスの
悲惨な事故がおきた
会社の管理体制が問題視された
運転する人は先ず
自分の健康管理をしっかりやり
安全運転に勤めなくてはならない
いつも感じることは原因と結果を
調べ警告を発するのみ
これで良いのか・・・
真摯に受け止めます
二度とこの様なことが無いようにします

これでは事故はなくならない
技術や方法を改善しても駄目だ
実行する人間の問題だから
心に油断や奢りがあると
判断を誤り事故につながる

どんなに優秀な人でも油断・奢りが
取り返しがつかない事態を引き起こす

交通事故ばかりでなく日々の生活でも同じ


スピードを出し過ぎる私だが
最近は安全運転に心がけている
当たり前だが・・・



002 014

大好きだったパジェロを手放した
大きく座席も高く乗降が困難に


« 因果応報 | トップページ | 舞踊団 »

社会」カテゴリの記事

コメント

人の命を預かる立場の人は、気を付けなければいけませんね。
気を付けていても、技術が伴わなければ、どうにもなりません。
そんな運転手を採用した会社は、どうなのでしょうか。
運輸法上の問題もありますね。
安ければいいと言う、消費者の考え方の問題もありますが。

ほんとに悲惨な事故でしたね。
若い方達ばかりが事故に合われて 見てるだけで涙がでましたよ。
いつものあやまるだけでの会見で 釈然としませんでしたね。
二度とこのような事故 起きないように祈るだけです。

パジェロ 手放したのですか?
寂しかったでしょ・・・ 私も ランクル乗っていますが もう少しがんばって乗りたいと思っています。

無事故、無災害などは世の中には無いですよね。
そしてそんな完璧な人間はいない、自分自身がどれ
だけアバウトなのかを思ってもです。

リスクをどこまで減らせるか、そのリスク回避する選
択は自己判断でしょう。
旅行も出来るなら時間や費用が掛かっても鉄道を
利用することもでしょう。

私の友人は中核都市に住んでいまが、10年前に
車は手放し、一寸の事でも家族はタクシーを利用、
維持費、燃費、保険料を考えると、年間のタクシー
代は、維持費等換算の半分以下だそうです。

田舎暮らしの私には無理ですが。

私はナビのクルーズの設定は、高速は時速75キロ
一般道は25キロにしてあります。走行時間を余裕を
持って走れます。

そして私の車の後ろの窓には、「法定老人が法定運
転だ」の表示をしてあります、ユーモアでもありますが。

私もかなりの頻度でバスツアーに参加していますが、
楽しさが先で殆ど怖さを感じた事はありません。
乗車すれば必ずシートベルトは当たり前のように装着します、
もうすっかり習慣になってます。
添乗員やドライバーさんが装着を促しますが、
無視する人も多いですsad

こんばんわ

本当にあの事故は、お若い方ばかりでお気の毒で・・・・・
では年寄りならいいのか?ってものではないですが
親御さんにしても、さあこれから成人としての未来が、って時に・・・
たまりませんね。

報道でしか知りませんが、運転手さんも大型バスの経験がないから・・・と言っていたと
夜中の曲がりくねった坂道、ドンドン上がるスピードにパニックになったのかも・・・
そんな未熟な高齢なドライバーを使かわなければ廻らない会社、
過酷でも働かなくては生活できない高齢者・・・

何が1番の問題なんでしょうか?

おばさん様は、パジェロから何に変えられるのかな?
4駆からの変更は、しばらくは力がないな~と思われるかも?
田舎では車はなくては暮らせません。
お互いに、安全運転で行きましょうね。

スキーバスの事故は本当に残念というより会社の無責任さに腹が立ちました。
未来のある若者の死亡、親御さんの無念さいかばかりだったでしょうか、
人命よりもうけを優先する風潮が横行しているように感じられて仕方がないです。

パジェロを運転されていたのですね。本当に車の運転が好きだったのですね。
今度の車は?興味があります。

バスの事故は、以前にもありましたね。
確か過酷なスケジュールによる居眠りだったかと・・・。
その後、運転手の健康管理について厳重になったはずなのに。

まだまだこれからという若者たちの命が奪われてしまったこと、
本当にお気の毒でなりませんでした。
他人の私でも腹立たしく思いました。

ハンドルを握るということは、
生命の危険を握っていることと等しいですね。

私も毎日往復2時間弱の道のりを運転していますが、
運転マナーの悪い人をよく見かけます。
携帯電話をかけながらとか、方向指示器を出さないとか・・・。

小さな不注意が大きな事故に繋がることを
意識して運転しなければいけないのですよね。
私も改めて気をつけたいと思います。

パジェロは、いい車でしたねhappy01今は新しい車になってるかなぁeye
急ですが今日フジテレビ系で鳴戸親方がテレビに出ます。
大相撲トーナメント16:05~17:20です。
OB戦で琴錦さんと取組あります。久しぶりの相撲ですよ。

↑↑名前を書き忘れました。すみません。

私も現役時代には下請けに運送屋を使ってましたから
1運行に1万円ぐらい売り上げを抜いて支払ってましたね。

運輸省(当時)の料金認定にも実態離れした欠点が
ありまして下請け・孫請けが泣かされるのは同じです。

業界の値上げ申請に一定の期間が過ぎれば自動的に
値上げを認可するという馬鹿なシステムでしたから。

東京~大阪間の大型トラックの運賃は認可料金は
10万円前後ですが我々の仲間相場は7万円前後。

それが下請けに行けば5万円で孫請けに行けば4万円
こんな状態なのでバスの業界よりも酷いかもしれませんね。

もう~引退して十数年になりますが後輩に聞いたら
当時と今もほとんど変わっていないとの話。

貸し切りバスばかりに目が行ってますが長距離トラックの重大事故が
発生しないかOBとしては心配しています。

重大事故がない限り、国土交通省の監査なんて甘くて
書類だけでパスするのが実態ですから。


あのバス事故は本当に痛ましいと同時に、会社の無責任さに腹が立ちましたね!
割安料金を追い求め、競争せざるを得ない事情など、根本の問題も
浮き彫りになりましたし・・・世の中全体で見直さないといけません。

おばさま、パジェロを手放されたそうでさぞ、淋しかった事だと思います。
次の車は何にされたのでしょう?
安全運転!  私も気を引き締めて! っと言い聞かせながら乗っています。

rvcarmcnj様
事故は本当に怖いです
お互いが規則を守っていれば避けられる
事故も多いように思います
油断は禁物ですね

rvcarPAPA様
会見はいつも腹が立ちます
真摯に受け止めます
徹底させます・・・・
聞き飽きましたよね
個人がいかに油断せず法律を
守ってこそ安全は保たれますね
ランクルに乗っているの
わあ カッコ良すぎだわ

rvcar放念の翁様
そうですね
完璧な人はいませんが近づける努力は
惜しまずしなくてはいけませんね

わが家は主人が少し足が悪く(事故でした)
移動は車の方が楽なのでついつい・・・・
車後部のステッカー
笑えますね

rvcarnyar-nyar様
バスツアーも楽しい企画が多く
利用する人も多いですね
安全運転をお願いして楽しみましょう
nyar-nyar様は楽しい企画のツアーに
参加した様子をいつも楽しみにしています

rvcarねこママ様
誰が事故に遭っても悲運ですよね
主人は自爆事故でしたが今でも
古傷が痛み運転はあまりしません
糖尿の低血糖症状が・・・・
今はコントロールばっちりですので
安心してね

パジェロは欲しくって欲しくって
退職した後求め車で日本一周を
考えたのですが・・・夢でした
もともとこの車は遠乗りするためのもので
普段は他の車で間に合っていました

本当に痛ましい事故でしたね。
人の命を預かる方々は、より
一層安全に心がけねばいけませんね。
ただ、今の社会の構造にも問題が
ありますね。下請け、元請け。仕事を
請ける立場はいつも弱い。
弱い中で利益を出そうとすると、どこかに
無理が来る。今回はそれが事故に
繋がったとも考えられます。
おっしゃる通り、原因を調査しそれを
起こさせないような仕組みや改正が
必要だと思います。
おばさんさんも運転には気をつけて
くださいませ。

rvcarさつこ様
油断や奢りは禁物だと改めて
思い知らされた事故でしたね
安全は忘れられ安価が求められる
間違っていますよね

車はもう1台あったの
主人は軽四トラック
私はミラージュ
そしてパジェロは遠乗り用でした
余っていた??

rvcar夏雪草様
会見の様子を見て本当に腹が
たちます
自分の立場に置き替えたら我が子の命の
重さをあまりに軽視した態度に
泣いても泣ききれません

往復2時間弱の運転
十分注意してくださいネ

rvcarちゃこ様
ごめんなさいね
PC開いたのが遅かったweep
また様子を教えてね
琴奨菊関が優勝したニュースは
嬉しかったですね
最近は日本人の関取の活躍がなく
寂しかったです
遠藤はどうかな 体調戻ったかな

rvcar鉄ちゃん爺や 黒田様
始めって知った運輸業界の実態に
驚きましたが考えてみれば確かにですね
重大な事故が起きて初めて事故監査が
入るのでしょうね
これぐらいなら良いだろうと言う個人の
奢りもあるように思います
事故に大きいも小さいもありませんものね

rvcartomoko様
痛ましい事故でしたが絶対に
防げた事故だったと思います
交通事故ばかりでなくすべての
会見の姿が放映されるたびに腹が立ちます

初めて乗った車は三菱のランサーだったかな
スピード違反で捕まったことで左ハンドルの
ワーゲンそしてオペルにも乗りましたが
外車よりも国産車が良いと思いそれからは
ずっと三菱車ばかりです
パジェロは遠乗り用に買いましたが
最近の車に比べ燃費が悪いうえこの年齢では
少し無理がありました

こんばんは。
交通事故は自分だけ気を付けていても相手の不注意や道路の構造的なものも
ありますしなかなかゼロにはできないものなんでしょうね。
最近は自動車そのものに安全走行のシステムが導入され効果も出て事故は減って
いるようですね。
その様な車の保険の掛け金も下げる傾向にあるように聞いていますが・・・・
事故によって若い命を亡くすようなことの無い世の中にしたいですね。
事故は車以外にもあらゆる職業やレジャー等にもありますから自己防衛も大切な
事なのでしょうね。

rvcarToshi様
社会の構造や機構に問題があるのも事実ですが
どんなに改革されても個人個人のモラルの問題も
大いにあると思います
自分を奢ったりしては駄目ですね
案外スピード狂の私は大いに反省
(40K制限・・・・60K位で走行してしまう私)

尊い人の命を預かっているという事をふまえて欲しいと思います。
起こってしまった事故はどんな謝罪の言葉でも消えるものではありません。
格安の深夜バスの事故がなくならないのは残念で仕方がないです。

私も細心の注意をして安全第一で運転をといつも心しています。
愛車を手放すのは寂しいですね。
長ければ長いほど愛着がありますから~。

rvcarマク様
相手のあることは難しいですが事故は
なくさなくてはいけませんね
個人の責任で管理するでしょうか
愚息が学生の頃免許取りたいと言った時
自分で相手の保証が出来るようになったらと
話して勤めだしてから取りました
就職には不利だったのかな

rvcarトマト様
安かろう悪かろうでは困りますが
誰しも安価の方を選んでしまうのも
現実ですね
事故は本当に怖い
当事者は勿論 多くの人の人生を
買えてしまう恐ろしいものだと思います

え~っ、パジェロを運転されていたのですか~?
それを聞いただけで「尊敬」します!

私なんか、乗せてもらうのに這い上がるように高い車体に辟易して
いましたから。
パジェロを手放されたと聞いて、「安心安全」と「残念」をはかりに
かけたら、やっぱり「正解だった!」と思われていると思います。

rvcarちゃぐまま様
主人が足が悪いので曲げるのが苦手
パジェロは髙いので乗り降りが楽だそうです
運転も見晴らしがよく快適でした
退職後求めたのですが夢があったの
日本中を気ままに楽しみたい・・・・夢でした
外国の車にも乗りましたがやはり国産車が良い
年齢的にも問題ありの今
良かったと思っています

「おばさん」さん^^こんにちは♪

交通事故現場は悲惨そのものです。
「おばさん」さんの おっしゃる通りです。
驕りが原因、飲酒運転にしても、速度超過にしても結局は奢りです。

現場に行くと、事故を起こした人は、必ず我々に食ってかかって来ます。
まるで救急隊が悪いように叫び、自分の事は棚に上げてるんですよ。

パジェロ乗られてたんですね^^凄いな~♪
相棒との別れ、お寂しいですね。

パジェロに乗られていたなんて凄い。
でも、運転席の高さがあると、運転中によく見渡せて良いですよね。
我が家は、Fitが二台です。
一台は4WD、一台はHYBRIDです。
我が家の嫁も高速バスの事故の被害者なのですよ。
数年前の結構、有名な事故です。
怪我もしましたが、地獄絵を見てしまったトラウマも残りますよね。
次男は、肝を冷やしたようでした。
だから、高速バスを嫌います。
長距離運転、深夜運転、よほど熟練と体力が無いと危険ですよね。

rvcar秋風春風様
事故といえば救急隊は駆け付けて
処置にあたり大変なお仕事ですね
感謝こそされても文句を言われる
筋合いではないはずよね

パジェロは好きでしたが年齢的にも
大変になってきました
別れは辛いものもありますが
安全を第一に考えた結果です

rvcarくちかずこ様
お嫁さんは大変な目に遭ったのね
怖かったでしょうね
熟練者でも奢りがあると油断しがち
安全運転はドライバーの義務だと思います

初めて運転した時は嬉しかったです
スピードを出し過ぎ切符切られ心配した
主人は左ハンドルのワーゲンを私に
その次はオペルを・・・・・
でも国産車は良いわね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114363/63810086

この記事へのトラックバック一覧です: 交通事故:

« 因果応報 | トップページ | 舞踊団 »