私のホームページ

無料ブログはココログ

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月30日 (金)

盛り付け

贅沢なランチやディナーには
ご縁のない我が家の食卓

分相応な生活が良い
背伸びする必要もない
地に足を附けた生活が良い

主人に言わせると
地産地消で何よりの贅沢だ・・・と
その通りかもしれない
私に出来ることは
せめて家族の健康を考えた食事に
主人の焼いた器があるので
食欲が湧くような盛り付けをしよう


012

しゃぶしゃぶの残り肉で肉まきおむすび
カボチャが残っていたので牛乳で煮た
タクワンやしば漬け・梅干をつぶし
   ミズナそしてダイコンでサラダ
  (冷蔵庫の残り物片付けサラダ)
かき玉汁
夕食だったのでフルーツは付けなかった
全て残り物を利用しての夕食で~す
家族が喜んでくれたのが救いだ


2015年10月25日 (日)

新嘗祭

プリンターのインクを買いに行った
駐車場が混んでいて止める場所がない
平面駐車場 1058台
立体と店舗屋上 1430台
それなのに 一体なぜだろう
日曜日とは言えいつもと違う

店舗に入って理解できた
ハロウィーンの衣装を身につけた
子供たちが列を組んで行進
何でも時間制で衣装を
貸し出しているとか
そうか子供1人に必ず親が付く
しかも車で来ている
納得した



主人曰く
何がハロウィーンだ
日本人なら新嘗祭を・・・ですって

新嘗祭・・・
それ自体を知らない人が多い現在
五穀の収穫に感謝するとはいえ
今は11月23日は勤労感謝の日として
祝日になっており新嘗祭の言葉はない
そんなに目くじらを立てなくとも・・・

わが家の夕食
003 さつまごはん

少し珍しいかな
002 レインボウキューイ

友人宅から届いた
001 イチジク


2015年10月20日 (火)

同窓会

18~19日は中学時代の同窓会
伊豆市の温泉ホテルで開催
田舎のことゆえ人数は少なく
なおかつ亡くなられた方や
都合で欠席したりで
参加者男子8名女子10名の18名
鹿児島市や仙台市・川越市からの
参加者もいて感動を覚えた
なにしろ私は参加回数も少なく
中学卒業して初めてお会いした方もいた
名前とお顔が一致しなく最初は
戸惑ったが しばらくすればたちまち
中学生に戻りお喋りは続く


鹿児島から参加してくださった方は
名の通った板前さんとして成功していた

仙台の方は幼い日に私が憧れた方
頭脳明晰で祖父は当時の村長さん
近寄りがたい遠い存在の方だった
ピュアな気持ちで慕った方
淡い初恋だったのかheart04 heart04 heart04

懐かしい顔が並び本当に嬉しかった
夜の更けるのも忘れ大いに語り合った
今回は幹事だったので心配もしたが
みなさんが楽しみ喜んでくれ安堵した
再会を約束して翌朝はそれぞれが
いつもの生活に戻った



2015年10月15日 (木)

ガラクタ品

主人の体調もだいぶ落ち着き
二人合わせて一人前でやっと
田圃や畑仕事が一段落した

今日は家の中
特に納屋の整理をした
ガラクタ物が多く憂鬱
捨てればよいのになかなか
踏ん切りがつかない


   断捨離を
   邪魔するものは
   思い出か


この納屋は結婚したばかりのころ
私達夫婦が住んでいた場所
子供を産み育てた場所
柱の傷も障子の桟の折れたものも
全て残っている
立ち留まっては心を寄せている私
これでは駄目だ
無になって手を動かそう


  {ガラクタの一部紹介}

010_2 ざる・めかご・ふるい

013_2 棒はかり  012_2 そろばん

016_2 番傘  009_2 酒樽

001_3 楽京ツボ

017 長火鉢は
                 インテリアとして使用中


002 このツボは
        傘たてとして使用中


006 石臼と捏ね鉢

003 004
                  石臼は庭の隅に


主人にはお宝に見えるらしい?????


農業用のものは別の農機具小屋に保管
また片づけ始めたときに紹介


2015年10月10日 (土)

言葉

朝日新聞の《天声人語》
愚息がボケ防止にと用意してくれた
ノートに写し書きをしてきた
専用のノートが市販され
新聞と同じように書くもの

最近は時間がかかり
限界を感じはじめてきた


今度はもう少し短く一面のコラム
《折々のことば》に変えようと思う

哲学者 鷲田清一さんが
古今東西のことばを紹介し
思索を巡らせる人気コラム・・・抜粋


4月から始まったこのコラム
短い言葉の中に多くの意味
深い意味が込められている
言葉によって今までとは違った
自分に出会えるかもしれない
言葉って不思議だし
いつも自分に寄り添ってくれる
そんな気がする言葉を大切にしたい

言葉の裏に隠された背景も
汲み取ることも大切だと思う

ブログを通して知り得た皆様からの
多くの言葉一つ一つに感謝である




2015年10月 5日 (月)

絵を取り替え秋バージョンに
 (少し遅かったかな)


005
いわさき ちひろ
(好きだと知って居る主人からのプレゼント)
(以前に更新したわね)


004
福井 江太郎
(個展を観に行った折り魅かれ購入)


007
主人
(この場所に並べるには気が引けたがdown


009
唐辛子を干した

014 
ハスイモを収穫した

    004_2  005_2
生姜の佃煮を作った

シソの実の佃煮を作った

001 004_4
渋皮煮を作った

015 016 017


018 019 020
とうふも久しぶりで作った
大豆も家で収穫したもの
美味しかった


自給自足のわが家
レトロ感溢れたわが家

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »