私のホームページ

無料ブログはココログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月30日 (木)

バスツアー

不幸が出来た友人に代わってバスツアーに bus 
いつも車で行っている本当に近くの伊豆
時には運転手や添乗員がいるのも良いかな
主人と二人で参加
祭りと空中散歩そしていちご狩りのツアー


〇 天下の奇祭《大瀬祭り
青年たちが長襦袢を着て女装した姿が面白い

008 011
   漁船も飾られていた

〇 伊豆の国パノラマパーク  020
(標高452mの葛城
山頂と北麓を利用した観光施設)

〇 いちご狩り食べ放題  025
ハウスの中は暑く 洗わなくとも綺麗と言うが
どうも苦手なイベント


バスツアーは終わってみれば案外楽しかった

2015年4月27日 (月)

庭の手入れがやっと終わった
庭師さん19~25日の今日まで
20日は雨でお休み
それでも6日要した
庭師さんも大変だったと思うが
9:30と14:30のお茶の接待が大変だった
同じものは提供できず
毎回お菓子を作っておもてなし
帰りのお土産も考えた
結果は喜んでくれ安堵した

月・水・金は通院のなかで・・・・
庭も綺麗になり蘇った
古い木々は枯れだしたものもあり
断腸の思いだったが仕方ない
幼い日より親しみ可愛がってきた木々
主人が思い出にと花台にした

     蘇った庭を一部紹介します(替わり映えなし)
          画像が鮮明でなく…お見苦しく down
         
018_3
       庭の隅にはこのようなものが


 016    →   007_2
 主人が大好きな松も綺麗に

    
003 → 003_2
   庭の中心の築山

    
008 → 013
      ヒバもすっきり

    
018_2 → 011
     モミジも一段と鮮やかに

    
003_3 → 004
      私の好きな紅白梅

   
004_2  これは亡き父がお気に入りだった

041 035 040
027 046 053

045 030  048 047

花の数々はホームページで
観てね

2015年4月20日 (月)

おのぼりさん

17~18日は久しぶりのおのぼりさんだった
三越伊勢丹のクーポンを利用してのおのぼりさん
第1日目
国会議事堂の見学そして浅草散策
本会議中のため参議院のみ見学できた
天皇陛下の御休所の内装は檜を使い本漆りになっていた
過去使用したことはないとか
御休所前の広間は
床は大理石のモザイク
ステンドグラスの入った天窓
見事であった
この見学はどこかの小学生と共に回った
昔使っていた100円紙幣の裏の図柄の議事堂の
歴史に子供のころ興味があった


第2日目
ホテルでのんびり朝食
日本橋に出てCOREDO室町でショピングしたり
ランチを摂ったり三越にも行った
何と女は買い物好きかと感心
一緒に行った友人は買う・買う
荷物が増えるのが嫌な私はブラウス1枚のみ


宿泊はホテルニューオータニ
40階の360度回転するレストランで
鉄板焼・寿司・和・洋・中・スイーツを楽しんだ
リクエストを聞き揚げてくれるてんぷらとお寿司は
格別美味しく感じた
朝食はなだ万の和食を
綺麗な日本庭園を愛でながら頂いた
対応も良く快適な1泊だった


005 お馴染みの議事堂
001 東京タワー 
                なぜか持たされたタワー模型??!!


011  浅草は相変わらず人・人だった
010 人ごみをかき分けての撮影

食事内容や庭園は食べるに夢中で撮影なし

2015年4月15日 (水)

待合室

病院の待合室
置いてある雑誌は読む気もない
読んだことはない
知らない人と話す気もない
いつも静かに目を閉じて順番を待っている
聞えてきた会話が面白かった

♂久しぶりだな 元気かい
♂ああ元気だよ
 (おいおい ここは病院だよ)
♂いつも何しているだい

♂俺かい 百姓さ 今日は雨だから行くとこがないんだよ
 (おいおい 病院は暇つぶしの場所かい)
  (こっちは治したい一心で毎日来ているんだよ~)
まったく嘘のような会話が聞えた今朝の待合室



003
ピーマンの肉詰めを作った
白いのは主人が粉を附けすぎ
味は良かった

2015年4月10日 (金)

1/4の奇跡

廻ってきた1冊の本
わが家では本は廻し読みしている
読み終わって感想会を開いている
愚息たちが小学校の時から続けている
《1/4の奇跡》
心が震える感動のドキュメント
しかもDVDがついている

山元 加津子・・・特別支援学校教頭
 養護学校教諭が語る本当のこと
 すべては「いつかいい日」のためにある


柳澤 桂子・・・・生命科学者・歌人
 あなたに与えられらたかも
 しれない病気の遺伝子を、
 たまたま受け取って生まれてきた人がいる


四方 哲也・・・・大阪大学大学院教授・工学博士
 要するに、我々の運命を決めるのは、個体の
  能力ではなく、適応度でもなく、
 周囲との相性なのです


新原 豊・・・・・UCLA大学医学部教授・医学博士

 この病気の悲惨さは、
 激痛の発作だけではなく、
 社会的に遠ざけられてきたところに本質がある

                       (目次より)

4人の著者が「強者」を救う「弱者」の話を
それぞれの立場で書いている
中でも養護学校で出会った子供達と
家族の実態は涙なしではいられない
考えさせられることが多い
その家族の葛藤や心の痛みは
計り知れない


誰もが一つの命を生きているのだから
家族の誰かが悲しいと私も悲しい

家族の誰かが嬉しいと私も嬉しい
家族として出会った私たちは同じ命の中で
しっかり生きて行こう・・・・・と話し合った昨夜でした



002 ついにブロック注射した
        2回実施したが・・・痛みはまだあり

2015年4月 5日 (日)

子安講

安産・子育てに霊験あらたかな社として
富士宮市杉田に
子安神社がある
我が地域でも同じようにお祀りしている
富士山が世界遺産登録されてからは

パワースポットとして
訪れる人も多いとか

今回私は当番になったのでお隣さんと
2人でその準備をした
お供えする物は他の人が担当
私達はお弁当を用意した
私の担当は煮物・和え物etc
お隣さんはお菓子を焼いてくれた
朝 赤飯を蒸かし忙しかった
でもみなさんが喜んでくれ
しばし楽しい時間を持つことが出来た
ご近所は大切だ


005
UPが鮮明でないがこのようなお弁当

008
雨の中皆さん徐々に集まり
子供たちの成長を祈った

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »