私のホームページ

無料ブログはココログ

« ダイヤモンド・プリンセス 3 | トップページ | ダイヤモンド・プリンセス5 »

2014年7月20日 (日)

ダイヤモンドプリンセス4

今回のクルージングで一番の楽しみは
コルサコフに行くということ
かつては日本の領土であった地の歴史と
翻弄されたであろう人々の生活が知りたかった
かつては日本人漁師の住む小さな村で、
その後ロシアの流刑地となったコルサコフ
千島樺太交換条約でロシア領に
ポーツマス条約で日本領に
日ソ中立条約を破棄して侵攻してきたソ連軍に
占領されコルサコフと改称され
サンフランシスコ講和条約参加国に対し
日本が南樺太の領有権を放棄したという歴史がある
確か中学時代に学習したような
権力抗争や強制労働といった複雑な歴史を経て、
今は静かで落ちた街に見えた
多くの民族の文化が入り混じった独特の雰囲気が
漂った感じもした
父は樺太の話を幼い私に良くしていた
それが何を意味するかも分からぬまま・・・
今回は父の話も理解したい
こちらはツアーに申し込んだ お一人様99$
聖ニコライ教会081
シンプルな木造の教会
ただ屋根は黄金のタマネギ型のドーム
そしてロシア正教会のシンボル十字架があった
サハリン郷土史博物館
103 106
菊のご紋 104 
105日本語上手な案内人

最初に驚いたのは扉には菊のご紋が
日本が建てたもので日本統治時代、
樺太庁であったとのこと
なるほどと納得したし展示物も
日本統治時代豊原市とよばれていた頃の展示物
アイヌの人たちの生活品も展示されていた
アイヌの人たちはすべて北海道に帰されたとか
ここでは案内をしてくれた人が日本語が
上手で質問にも答えてくれ良かった
日系人の末えいだろうか
日本のD51や戦車も当時のまま置かれていた
121 
レーニン広場 110 117
ロシアの革命家であり政治家であったレーニン
史上初の社会主義国家であるソビエト連邦および
ソ連共産党の初代指導者を務めた彼を称える像と
小さなミニュメントがあった
体育館のような場所に観光客相手の店が
何店か出ていた
ルーブル紙幣は船の中で換金
少々高くつくがまあ良いか~
買い求めるものもなく結局は
ピロシキを買いバスの中で食べた
124
観光客と共に記念撮影する乙女たち
色白で綺麗・・・うっとり


車は日本製の型落ちしかも埃だらけ
道路も誇りがひどくライトをつけ
走っていた

099工事中風景098立派なスケート場

118  077
ツアーに申し込んだが時間はなく
もっと知りたかったし観て歩きたかった
心残りだった

« ダイヤモンド・プリンセス 3 | トップページ | ダイヤモンド・プリンセス5 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お・お・お・・・一番乗りの訪問です。今日は朝からやたら元気です。6時に派家を出て近くの公園まで自転車で出かけ、散歩してきました。樺太・・・・行ってみたいなあ。三浦綾子さんが・・・なんというタイトルだったか・・・思い出せませんが樺太から引き上げる場面を描いた小説がありました。手栗、焼尻の島も登場する小説です。もう一度本棚を探してみましょう。行きたいなあ。元気になったら途端に旅したくなります。

コルサコフ・・・おばさまが楽しみにされていた地ですね! 木造の教会を目にした途端、異国~sign01  当たり前ですけれどsweat01 今やロシアではあっても、行ったことのない地ではあってもそこに何某かの日本を求めている自分がいる。
あぁ・・・父は若かりし頃、山男?だったのでしょうか・・・友人とともに樺太まで山に登りに行ったとかで、鉢巻をしめ、友人と肩を組んで笑っている、小さな白黒の写真があったことを思い出しました。
このブログを見せて頂くと、機会があれば行ってみたくなりました。
ゆっくりしたかったですねえ~

コルサコフって樺太の地名だったのですね。
かって日本人の街だったところに、今は日本人はいなくて
木造の教会など異国の街並みになっているのですね。
初めて聞く街ですが歴史をしり複雑な思いでした。

博物館の扉に菊の紋章、おばさんご夫婦も複雑な思いを抱かれたことでしょうね。
たくさん写真中、おばさんご夫婦が揃っている写真だけが大きくならなくて残念でした。
ツアーはどうしても限られていて思うように見物できなかったようで残念でしたね。

ブログを通じて一度は樺太に行ってみたくなりました。

shipももり様
早速の訪問ありがとうございます
体調良好何よりですheart04
ももり様が元気だと私も嬉しくなりますhappy01
期待して行ったコルサコフでしたが
時間がなく物足りなさが残りましたが、これがツアーなんでしょう

shiptomoko様
日本の統冶時代があったのですから
菊のご紋も納得ですね
時代に翻弄された当時の人々の思いを
知りたかったですが、残念でしたweep
建造物を見ても、多少ですが理解できました
ももり様が三浦綾子氏の小説のこと
教えてくださったので私なりに調べてみようと思います
御父上様は山登りなさったのね
思い出の写真大切になさってねhappy01

shipさつこ様
なかなか問題多い国ですから、早めに行っておきたかったの
日本の統冶時代の様子
日本人が何をしてきたのか
知りたかったんですが、ツアーでは無理でしたdown
せめて 本で学習しようと思いました

おはようございます。
写真を拝見させていただき何としても口惜しい気がしてきます。
何とかプーチンさんと良い話をしていただきこの地域に元島民の笑顔と活力を
取り戻したいおですね。

日本統治時代の形跡・・・
だんだん消えていくのでしょうね。
先ず、残そうってあまり思わないような気がします。
此処が日本であったことを忘れて欲しいだろうから。
台湾にも統治時代の建物たくさん残っていますが、こちらも次第に減るでしょうね。
ただ、日本に多少なりとも好意を持ってくれているという違いがあるかな?
昔、同じ病院で働いた医師が樺太生まれでした。
ボクサーから坊主になり、その後医師になった人でしたが。

shipマク様
マレーシア機の事故を考えてもただ今の
ロシアは大変危険な国になっていますね

コルサコフは一度はいってみたい国でした
建造物を見て思うことは日本人は大した
技術を持っていたんだということ
贅を尽くした建造物でした

shipくちかずこ様
日本統治時代は、きっと多くの辛い目に遭った
方々も多かったでしょうし、忘れて自分たちの足で
歩みだしたいと強く思った現地の方も多かったと思います
忘れたい過去でしょうね

お知り合いのDr
経歴が一風変わっていますねhappy01
その分 人の痛みが理解できるのかもしれませんね

到底行けそうもない所行った気持ちで楽しみにしています
今更ながらもっと歴史の勉強をしておくべきでした

shipやっこババ様
幼い日に父から樺太の話をよく聞かされ
統治時代の日本人のことや現地の方々の
生活を知りたかったの
ここだけはツアー申し込んだのですが
時間が足りなくって残念でしたweep

歴史的に複雑な経緯をたどったコルサコフの地。当時住んでいた方々はさぞや無念だったと思いさらされます。
写真を見る限り、やはり最果ての地のせいかいろんな面で古さを感じます。
その中で、民族衣装をまとった若い娘さんのスナップ、明るくなります。真ん中の娘さんもなかなか素敵ですよ~!

shipタム様
時間がもっと欲しかったです
そして言葉が・・・・down
僅かですが垣間見てきました
大笑いcoldsweats01
真ん中の少女愛らしいでしょうcoldsweats01

「おばさん」さん^^こんにちは♪

すみません,御無沙汰しちゃいました><
予想以上に仕事が続き,バテバテでした~暑い~この時期は繁忙期です。

ところで,船内の礼装,素敵に御夫婦で決まってますね^^
撮影場所もバッチリです♪

コルサコフの説明は,さすが「おばさん」さんです♪
学の無い私にも,ちゃんと理解出来るし,写真も要点を生かす画像ばかりで
助かります。
そこが,かつて,日本だったんだと納得出来るものばかりですね。
菊の御門とD51に驚きました。

ship秋風春風様
熱中症の人が全国で続出とか
出番が多く大変でしたねhappy01

期待していったコルサコフでしたが、ツアーを
申し込んだのですが時間がなく残念だった
部分もありましたdown
時代に翻弄された人々の生活を知りたかったの
統治時代の名残はこの目で観てきましたが・・・・

こんばんは
素敵な旅をお続けですね!
ソ連のvirgo 若い内は本当に綺麗ですね、
おば様も負けてないですよ~dash
ゴっ主人さまも素敵なダンディでいらしゃるscissors
お似合いのご夫婦です。

shipnyar-nyar様
コルサコフは期待していったのですが
ツアーでは時間もなくdown
一度は行きたかった地です
統治時代の日本政府の様子や
翻弄されたであろう人々の生活を
知りたかったの

レーニン像のバックの空がとてもきれいです。

ロシアのvirgovirgo美しく
民族衣装の素敵な事lovelygood

shipねぃ様
ロシアの少女は本当に色白で透き通るようでした
はい その真ん中で日本のおばちゃんも背伸びしたわ
かなわないと知りつつも・・・happy01
時間がなく思うような見学が出来ず
もっともっと知りたかった歴史をさ遡って


豪華クルージングの記事を途中までしか読んでいなかった
のを思い出し、今から読んでいます。
コルサコフ、なかなか行かないところでから、とても興味深く
拝見しています。

日替わりドレスがとても楽しいです。毎日服を着替える・・・、
女性にはわくわくの毎日ですねo(^-^)o 
よくお似合いですよ~。
あんなににたくさん服がいるなら、クルージングはやっぱり
考えてしまいますo(^-^)o 

shipちゃぐまま様
ご丁寧にありがとうございます
とても嬉しいですheart04
ドレスコードがフォーマルの時だけは
きちんとした服装ですがその他は
普段と変わりませんよhappy01
飛行機が苦手の私はどうも海外は夢
でもちゃぐまま様の紀行記を拝見し
心は躍っていますよ
いつかは行くぞ~ってhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114363/56738215

この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤモンドプリンセス4:

« ダイヤモンド・プリンセス 3 | トップページ | ダイヤモンド・プリンセス5 »