私のホームページ

無料ブログはココログ

« 別れ | トップページ | パン »

2014年3月10日 (月)

あれから3年

ここ被災地では、
私たちは3月を愛さないし
3月もまたまた私たちを愛さない。
3月は凄惨な記憶を蘇らせ、
私たちの心をずたずたに引き裂く。
・・・・2月の後が
すぐに4月であったらなと思う

岩手県の高校教師で東日本大震災を
体験した人のエッセーだ


読んではっとさせられた
胸に突き刺さる
いつしか人々の記憶から
薄らいでいくだろう
私達は忘れない・風化させないと
決めたはずなのに
今までは3月は春を待つ明るい月だった
そこにわが家があり
そこに我が地がある
でも戻れない
自分の意志で何もできない
元に戻れない人々にとっては
3月は辛い月だろう
鎮魂と再生のこの3月を
どんな気持ちで迎えたらよいのか
お互いに分かち持ちたい

007 お嫁ちゃんからのプレゼント
         アロマとバスセット
 

« 別れ | トップページ | パン »

社会」カテゴリの記事

コメント


早いですね。3年目がやってきました。
3月になると新聞もTVも特集が多くなりいやでもしんみりせざるを得ません。

今年の3月は風が冷たくて、3月とは思えない寒さです。いやでもあのときのことが思い出されます。被災者の一人として気持ちだけは寄り添っていきたいと思っています。

3月の声が聞こえ始めた時から、丸3年! とメディアが取り上げ始めましたね。辛い経験をなさった方達のお気持ちはどうしても私たちの想像できないものがあることでしょう。
難しい課題が残されていると感じます。
昨夜、初めて放映されるという映像を暫らく見ました。教えとなることが詰まっていると感じました。大きな犠牲を無駄にしないで先へと進まなくてはいけないのだと思います。
優しいお嫁ちゃんの気持ちが伝わります。

被災した方達には3月は飛び越えたい気持ち分かる様な気がします
あの時の事を思い出すと震えが来ます

clubさつこ様
時間だけが過ぎ復興はまだまだ先のようですね。
残された人たちは、
辛くとも亡くなった人の分まで生きてほしいと
痛感しました。

clubtomoko様
辛く悲しい3月は黙っていても来ますが
亡くなった人たちは戻ってこない事実は
どのように受け止めたらよいのでしょう
せめて気持ちはずっと寄り添いたいと思っています

clubやこババ様
春が近づいたと喜んでばかりいられない
東北の方々の気持ちを思うと心が痛みますね

確かに。。。。
当時、本当に心を痛めたくちこでしたが、
いつのまにか・・・・・・・・
申し訳無いなあ、不義理なくちこで。
折しも、朝ドラは、終戦後の内容。
こんなたくましさで、復興して欲しいなって思って見ていました。
微力でも、心に掛けていないとね。

「おばさん」さん こんばんは♪

そうです。決して忘れてはいけませんよね。
長男が、震災の時、岩手県釜石市で仕事中でした。
連絡が取れず、何故か東京本社にメールしても相手にされず。
心配で心配で、NTTが用意してくれた、衛星携帯電話でやっと・・・泣き崩れる妻の姿が脳裏に焼きついています。
生きていて良かった・・・そう思いました。
しかし、そうじゃなかった方々も凄く多い。
我が家さえも破壊された。
2日間、飯が食えず、雨漏りが激しい家の中で、電気も来ない真っ暗闇・・・ガソリンも無い・・・絶対に忘れる事が出来ない心の傷です。

本当につらいですねえ。今朝、目が覚めるほどの揺れ・・・地震でした。四国、九州あたりか???気味悪いですねえ。京都のわが家は影響ありませんでしたが・・・

先ほどは有難うございました。
女房もお会いできずに残念がっていました。
さて被災地の情報は毎日NHKで午後2時から
見ています。もちろん先日の慰霊際も・・・
その中で中学生たちの活躍があった話を聞き
胸が熱くなりました。そんな若者の話は枚挙にいとまがないようですよ。
あのような若者が大勢いる被災地域心強い
限りです。あの若者たちが大人になった時は
素晴らしい東北になることでしょう。
今年は東北へも行ってみたいです。

clubくちかずこ様
東北の方にとっては忘れようにも
忘れられない時間だったでしょうね
前を向いて歩いてほしいと願っていますheart04

club秋風春風 様
そうだったんですか
辛く悲しい時間を過ごされたんですね
奥さまの心中痛いほどわかりますし、
どんなに不安だったことでしょう
秋風春風様のご自宅も大変な目にあわれ
決して忘れられない3月ですね
ご子息様には彼女も出来、嬉しい春が来ますよ
人は傷ついた分、他人に優しくできます
前を向いてご夫婦で歩んでください

clubももり様
今朝は四国方面で地震があったとか
日本列島どうしたのでしょう 変ですね
京都は何ともなく安堵いたしました
富士市も富士山が爆発するかもしれないと
人々はびくびくしていますよ

clubマク様
アポイントもとらず、突然で失礼いたしました。
素敵なお雛様そして綺麗に活けられた水仙
うっとりheart04
何もできない私ですが、
せめて心は寄せていたいと思っています
逞しくそして優しい復興が進んで欲しいものです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114363/55320792

この記事へのトラックバック一覧です: あれから3年:

« 別れ | トップページ | パン »