私のホームページ

無料ブログはココログ

« 肩書 | トップページ | サラダ »

2013年6月 5日 (水)

小麦粉

麦の収穫が終わった。
寒い冬に青々と芽をだし、
何度踏まれても、元気に育つ。
見るたびに勇気をもらった。
今 色づき、刈り取る。
002
               009
刈った後は、脱穀する。
ごみをとるために、戸煽りで風を送り
綺麗にする。019 

そして、さらに洗い天日に干す。
021

そして 精米所で粉に挽いてもらう。
製品になるまで、お米同様手がかかる。
香が市販のものとは、比べにならない。

凄く香りが高く、これぞ小麦粉という感じ。


« 肩書 | トップページ | サラダ »

料理」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
懐かしい風景を見させていただきました。
そいえば私が子供の頃近所の農家でもこのような風景をよく見かけましたよ。
正真正銘の国産小麦粉ですね。
これがおば様の手に寄り素晴らしいものに
変化するのですね。
羨ましい限りです。

広い畑ですね。
刈り取りや脱穀をしているのはご主人ですね。
とても様になっています。
美味しくて、安全な食材を求めてご夫婦で力を合わせて奮闘している姿に頭が下がります。
畑の向こうに見えるお家がおばさんのおうちでしょうか、お家も広そうですね。

麦を刈り入れた後は、どのようにして小麦粉になるのかと、今まで知らなかった私。
おばさまのブログでやっと少し解りました。
水洗いもするのですね。そして乾かして・・・随分手間がかかりますね。
お疲れ様でした。 

cafeマク様
懐かしい農機具がまだ残っているんです。
わが家では、ものを大事にする人が多いのでしょうかcoldsweats01
純国産・・・・その通りです。
近所でもお隣とわが家の2軒程度です。

cafeさつこ様
主人は頑張っています。
とても野良着が似合いますが
私は似合わないの・・・・だから野良仕事は主人任せ。
そう言っては、怠けている私coldsweats01
我が住まいは、もっとクラシカルな家です。
純日本家屋でして、応接間もありません。

cafetomoko様
そうなんです。案外小麦も手がかかります。
でも安心・安全は間違いなしですhappy01
古い農機具も捨てずに、今現在も使用しています。
主人は水洗いして浮いた塵を、だしすくいで
一つ一つ拾っています。

 長らくご無沙汰していました。
 少し心を入れ替えようかと思います(?)・・無理かな!
 国内産の安全な麦・・最高ですね。
 パンは好みじゃないけど、うどんは大好きです。

cafe男爵様
よかったで~すheart04
お元気でいれば、美味しいうどんも
きっと食べられますよnoodle
お仕事も順調でなによりですが、健康
管理よろしくね。

小麦粉まで手作りなんですね、
麺類やピザなども小麦の香りが豊かでしょうね。
私にはまったく経験のない事です、
お忙しいでしょうが楽しみもおありでしょうね。
夫の実家では小麦を収穫したらそのまま出荷しています。

cafenyar-nyar 様
ネコの額ほどですが、畑や田んぼ・山林が
あるので、作っています。
お隣の奥さんが麦や大豆を勧めてくれたので
ここ何年か作り始めましたが、収穫の楽しみも
あります。香が良いです。我が家でもすぐに
精米所にもっていかず、夏が終わってから粉に挽きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114363/51922951

この記事へのトラックバック一覧です: 小麦粉:

« 肩書 | トップページ | サラダ »