私のホームページ

無料ブログはココログ

« こころの歌 | トップページ | 掃除機 »

2013年3月 5日 (火)

河津サクラ

清水港からフェリーで土肥に。
恋人岬に立ち寄り
クリスタルパークでガラス製品鑑賞。
堂ヶ島温泉に1泊した。
美味しいもの頂き、温泉で癒され満足。
翌日バサラ峠を通って下田にでた。
海岸線を走って河津まで。
行った日は暖かくサクラも見事に開花。
ピンク色があまりに鮮やかで、
しばし見とれた。
人も多く出ていたし、道の両脇は
地元の名産がずらりと並び、
食欲を抑えきれないほどの香りが
漂っている。土手に腰掛け皆さん 
アルコールを楽しむ姿が多かった。

河津サクラの原木を見たかった。
お宅まで押しかけたが、こちらも人・人。

092093095
途中の景色も
サクラのピンクと菜の花の、
コントラストが見事だった。

  
082

このようなイベントも
           076

« こころの歌 | トップページ | 掃除機 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おばさま、おはようございますsun
温泉に1泊、ゆっくりできましたか?
時々息抜き?気分転換して英知を養うことは必要ですね!
河津桜、最近良く聞くようになりましたが、まだ見たことが無いように思います。
原木が見られたのですね! 良かったですね。

今日は。
河津桜は今盛人でも多いようですね。
伊豆の西海岸まで海路とは良いコースを
とられましたね。
婆娑羅を越えて下田、河津、伊豆の春を
楽しまれましたね。
伊豆縦貫道が開通すると伊豆も賑わう事で
しょうね。
私の好きな言葉「隠れ宿」も隠れ宿で
無くなるかもしれませんね。

6~7年前、私たちも家族で同じルートで行って来ましたcarrvcarship
晴天に恵まれ駿河湾からの富士山が海の青・空の青に映えて素晴らしかったのを覚えています。
只、泊りが堂ヶ島でなく西伊豆雲見の網本漁師民宿でした。

河津桜の原木を見る事が出来て良かったですネcherryblossomeye

伊豆は景色も良くお魚が美味しくて好きです。
伊豆縦貫道が出来たら…もっともっと行きやすくなりますねcar

温泉に1泊して英気を養いましたかsign02
下田 爪木崎の水仙はもう終わったのでしょうね。
河津川のcherryblossomも見事でlovelyの保養をなさったと思います。
出店では色々なものが売っていて、
ついついmoneybagの紐が緩みませんでしたかhappy01

こんばんは
温泉につかりサクラや菜の花をめで、
素晴らしい時間を過ごされましたね。
もちろんご主人も一緒ですよね。

河津桜いつの日か私も見てみたいものと思っています。
仙台の桜1ヶ月以上先になるでしょう。わくわくしながら待っています。

河津桜を見に2月の28日に出かけましたよ。
今年は寒さで少し咲くのがおそい見たいで3分咲きで、稲取の方が満開に咲いていて楽み見ました。
おばさまは
温泉で癒され美味しい物を頂春を先取りされましたね。

cherryblossomtomoko様
河津桜はピンク色がとても鮮やかで
綺麗です。最近私の近所でも植える家が
多くなりました。
川沿いに立ち並ぶ姿は、一度は行って見る価値
ありですよ。

cherryblossomマク様
ship船好きなんですよね私。
当日は曇りのため、富士山は見えずdown
【隠れ宿】意味深な響きでこころが
ドキドキしてきましたhappy01
伊豆はいつ行っても、何度行っても
良い地ですね。

cherryblossomさな様
そうでしたか。
同じコースでしたか。
ご家族での良い思い出が出来、
美味しい魚料理に舌鼓・・・・伊豆は良い地ですねheart04

cherryblossomnyar-nyar様
河津桜の見事さheart04
惚れ惚れしました。
出店も多く・・・でもmoneybag硬く締めて我慢・我慢coldsweats01
嘘よ。我慢できるわけないですよねhappy01

cherryblossomさつこ様
桜が日本人に好まれるのは、パッと咲いて
パッと散る潔さではないでしょうか。
苗木を買ってくれば良かったと、反省down

cherryblossomスヌーピー様
あら偶然ね。どこかですれ違ったかも。
27日に1泊して28日に河津だったんです。
すれ違ったお綺麗な方がもしや・・・happy01
稲取ではつるし雛をご覧になりましたか。
テンプレート良いでしょうhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114363/50397732

この記事へのトラックバック一覧です: 河津サクラ:

« こころの歌 | トップページ | 掃除機 »