私のホームページ

無料ブログはココログ

« 掃除機 | トップページ | 町つくり »

2013年3月23日 (土)

住所変更

母が3月15日 急に住所変更した。
99年住み慣れた我が地を後に
天国1丁目1番地に旅立った。
せめてあと1年家族と共に過ごそうと
祈ったが、その甲斐もなく。
誰にも別れを告げず黙って、逝った。
父より遅れること31年。
今頃はきっと再会を果たし、二人で
楽しい時間を過ごしているだろう。
姉や友人と楽しいお喋りしているだろう。
何よりも温かい人だった母。
誰にも言葉をかけ、振舞うのが大好きだった母。

住所変更を知って、多くの方が嘆き悲しんだ。
家族の知らなかった一面も知ることも出来た。
姉妹にとっては、偉大で優しい母だった。
孫にとっても同じだ。


どなたか知り合いの方で
1丁目1番地に行く方が出たときは
母に合って欲しいとお願いしてください。
そして仲良くしてね。

« 掃除機 | トップページ | 町つくり »

社会」カテゴリの記事

コメント

ブログの更新がなされていなかったので、心配していました。ああ、、、私の心配が当たってしまったのですねcrying
おばさまのお気持ちを思うとどんな慰めの言葉も空しい気がします。
最期までお家で、、、と願っていたおばさま、突然のお別れだったようですが、その願いは叶えられた様ですね。
今はまだお忙しいことでしょう。
お疲れのでませんよう、おいとい下さい。
お悔やみ申し上げます。

ブログの更新がされませんので何事かと
案じていました。
お母上様お亡くなりに・・・大変ご愁傷様でした。
永年のご介護良くされましたね。
さぞお母上様もお喜びだったことでしょう
お寂しい日々が当分続くと思いますが
又お元気なお顔をお見せくださいね。

おはようございます。
もしかしてお母さんの容体がと思っていましたが、100歳を目前に天国に住所を写されたのですね。
心からご冥福をお祈りします。
長い間の介護お疲れ様でした。
いまは長い間生活を共にされたのですから寂しさもひとしおでしょう、お体大切にお過ごしくださいね。

私も最近一回り若かった長年の知人が、突然一人で天国に旅たちました。
いなくなって、初めてその存在の大きさに気づいています。いつの間にか精神年齢が逆になり励まされることが大きかったので呆然とするばかりです。
若い知人がお母さんの所を訪れてくれるよう祈っています。

今晩は。
家族に旅立たれるのは、とても辛い事ですね。
突然の事で、さぞお力落としの事でしょう。
心より、お悔やみを申し上げます。

お悔み申し上げます。
お母様と過ごされた日々色々思いだされている事でしょう。
しばらくは忙しくて大変でしょうが、
お気持ちを新たに進まれますようにお祈りしています。
お体に気を付けてお過ごしくださいませ

私も、おばさまの体調など心配をしていたのですが
まさか・・・お母様が。。。
お寂しい毎日と思いますが、
またブログを楽しみにしておりますので
ぜひ更新してください。
お体もご自愛ください。

「おばさん」さん、御愁傷さまでした。
お母様が旅立たれていたとは知らず、今頃になり、驚いている次第です。
寂しいですね。
私も22年前に父を亡くしました。
母は最近、フィットネスクラブで汗をかいています。
しかし、既に77歳です。
母の母親は老人ホームで元気にやってます。
来年には100歳を迎えるようです。
人の一生は 本当に分かりません。
私も覚えておきますよ。
天国1丁目1番地ですね。

clovertomoko様
ご心配をおかけいたしました。
本当に突然のことで、成す術もなく・・
最後まで自宅で看取りたいという家族の
希望は叶えられました。
人としての尊厳は守ってあげられたことが
唯一の救いでした。
ありがとうございました。

cloverマク様
ご心配いただき感謝いたします。
最期まで家族と共に過ごしたい・・・
母の希望でしたし、家族の願いでもありました。
静かに天命を全うした母でした。
ありがとうございました。

cloverさつこ様
ご心配ありがとうございました。
母は99歳まで家で介護できたことを
とても感謝してくれました。
辛い時は施設に・・・と思ったことも
ありましたが、やはり私にはできなかった。
若い友人も逝ったんですね。きっと
向こうでお会いしているかも。

cloverやまぶどう様
ありがとうございます。
いくつになっても、別れは辛く悲しいものですね。
せめてあと1年一緒に時間を過ごしたかったです。
介護はされる方も、する方も大変なものですが、
出来たことに感謝する毎日です。

cloverスヌーピー様
今年こそ奈良の桜を・・・と思っていましたが、残念です。
桜は散る潔ぎ良さが魅力ですが、母も
静かに99歳の天命を全うし、桜と重ねて
母を忍んでいます。
ありがとうございました。

cloverYOKO 様
ご心配を頂き感謝です。
一度は別れが来るものと、覚悟はしていましたが、
あまりに突然訪れただ茫然とするのみ。
情けない私です。
家を一歩も出たことのない私は
いつも母と一緒だっただけに、悲しみは募るばかり。

clover秋風春風様
ありがとうございます。
どんなことがあっても、5・10日には
必ず更新する私ですが、今回はどうしても
PCを開く気持ちになれず・・・
いつも冷静で落ち着いているはずなのに・・
動揺が強く…情けないですね。
人って弱いものだとしみじみ感じた毎日。
どうぞ、お母様を大切になさってください。

くちこ夫婦は、どちらか先に逝ったら、
「三途の川リバーサイドホテル」で待っていることになっています。
もし、先に進むなら、目印にパンくずを撒くことにしています。
天国1丁目なのですね。
きっと楽しいところだと思います。
くちこの両親も早々に住所はそちらです。

心よりお悔やみを申し上げます。

99歳の旅立ち。もろもろの感慨が浮かぶことでしょう。
「あと1年…」という言葉に肉親としての思いが感じ取れます。

一挙に心の空白ができるかもしれませんが、
普通に生きていくことが、きっとお母様の
母親としての願いだと思います。

まだ日本が貧しかった箒の時代から、ルンバの時代まで生き抜かれたお母様に拍手を送ることも大切なことだと思います。

全然知りませんで失礼いたしました。
心よりお悔やみ申し上げます。
心身共にお疲れが残っていると思います、
ごゆっくりなさって下さいね。
人がいつかは行く天国1丁目1番地!
周りには今のところお出掛けの方はいらっしゃらないようですが、
出会いましたら必ず伝言を・・・
少しづつ元の生活に戻られますよう。
                 合掌

すっかりご無沙汰してしまって・・
全く存じ上げず。。
心よりお悔やみ申し上げます。
私の父も昨年、天国1丁目に転居いたしました。
今頃お逢いしているかしら。
『温かい人だった』と娘さんから慕われるお母様。
素敵な方だったのですね。
きっとあちらでもすぐに人気者になられることでしょう☆
暫くは何かと忙しいことと思いますが、
どうぞお身体ご自愛くださいね。

cloverくちかずこ様
一度は行かなければなら無い地ですが
母のように静かに行きたいと思います。
優しくって温かな母でした。

cloverちゃぐまま様
いつもと変わらない生活の中に
大好きだった母がいない・・・・
そうですね。
おしゃる通り大正・昭和・平成と
生きた母は立派だったと想い、
拍手を送りますね。

clovernyar-nyar様
ご心配おかけいたしました。
激動の時代を精一杯生きた母でした。
夫が戦地に行っている間、一人で
生きた母でした。
最後は静かな生活を家族と共に。
少しづつ、元の生活に戻りますね。

clovermipo様
昨年お父上様を亡くされたんですね。
母と出会って、今の世はブログなんて
素敵な媒体があって子供たちは
仲良くしているようね・・・なんて
話しているかもしれませんね。
お互い 前を向いて歩きましょうね。

辛い住所変更ですね
我が母の事を思い出し眼頭が熱くなりましたぁ
お母様の思いで語りつくせませんね
お力をお落としなく
ご冥福を≪合掌≫

cloverやっこババ様
大好きだった母は温かく優しい母でした。
家族の誇りでもありました・・・・
こころに大きな穴が開いたようです。
少しずつですが、前を向いて歩こうと
決意しました。
ありがとうございました。

ご無沙汰していましたら…
突然の訃報に驚いています。
100歳を目前にしての旅立ち、お優しいお母様とのお別れにさぞお力落としの事とお察しいたします。
心よりお悔やみ申し上げます。
まだまだ時間が必要ですね…どうぞお疲れを出しませんようにご自愛ください。

cloverさな様
ご心配ありがとうございます。
一度はある転居ですが、あまりに突然に
その日が訪れ事実をなかなか受け止められず・・・
でも、皆さんに励まされ前を向きだしました。

葉親の知って本当に寂しいものですねえ。私の母は82才で死にました。99才ですか・・・えらいなあ。99年って壮大な時の流れですね。

cherryblossomももり様
いくつになっても母親は恋しいもので、
まだ泣いている情けないわたしです。
ももり様に比べれば私は10年多く母と
居られたんだもの、幸せだった思います。
大好きな母でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114363/50910410

この記事へのトラックバック一覧です: 住所変更:

« 掃除機 | トップページ | 町つくり »