私のホームページ

無料ブログはココログ

« 天声人語 | トップページ | パン »

2012年7月16日 (月)

再会

主人のかつての上司より卒寿を迎えた旨
そして奥様が体調崩された旨のハガキが届いた。
介護を妹に頼み、信州へ向かった。

住まいは木曽の上松町。 ←リンクあり
富士宮市より山梨県に行き中央自動車道に乗る。
伊那ICで降り、上松町まで。
ハガキを頼りに訪ねた。
お互いが始めはあれ~といった感じだったが、
あっという間に35年の時間は埋まった。
90歳になった今も、努め時代の話をするときは、
当時のままだ…と主人。
嬉しそうな、楽しそうな二人の姿は見る方も温かいものを感じた。
老夫婦2人住まいだと心細いと寂しそうに話す姿は、

いずれ経験するかもしれない私たちの姿なのかも。
寝覚の床に1泊した。 
← リンクあり
ドライバーの私は少し疲れたが、とても懐かしい再会の
お手伝いが出来たことが、嬉しかった。

« 天声人語 | トップページ | パン »

社会」カテゴリの記事

コメント

おばさま、お疲れ様でしたね!
同朋ともあり 遠方より来る 又 楽しからず・・・でしたかね?(違ってるかな?)
そんな感じでお二人の喜びが伝わってきました。
おばさまもその再会のお手伝いができて嬉しかったことでしょうheart02

なかなか出来ないことです。

35年ぶりの再会を喜ぶご主人と先輩、その手助けをされたおば様の嬉しそうな姿が目に浮かびますheart04happy01

“寝覚ノ床”素敵な所ですね。
其処での一泊でドライブの疲れが癒せて良かったですねhappy01
ご主人様もきっと感謝されていらっしゃることでしょうheart01

素晴らしいひと時でしたね。
信州と聞くと、九州からはロマンティックな響きがあります。
「あげまつ」もよく耳にする地名です。
寝覚めの床は初耳で、クリックして調べました。
自然の妙の美しい岩群。これが人造だったら感動は
起きないのですが、自然というから深く感じ入ります。
涼しかったでしょうね。

今晩は。
信州までのドライブお疲れ様でした。
夏休み前の道路は渋滞も無く快適な走りだったのでは・・・・・・
インターから降りて50キロ程走る間に「寝覚の床」が有るのですか?
良いところですね。
秋の紅葉等は如何な場所でしょうかねー。
このあたりの旅館は温泉でしょうかねー?。

長距離の運転は苦手なんです。
おばさまを尊敬しています。
ご主人様も再会を楽しまれた事でしょう。
懐かしく昔話が尽きなかったことでしょう。
お疲れが出ませんように!

美味しいパン焼けましたよ。
薄く切り、焼いてもっちりかんを頂いています。

今晩は。
上松・・懐かしい地名です。
安曇野へ仕事で行った時、下宿していた家の息子さん(私より年上ですが)が、上松にある射撃場へ連れて行ってくれました。
銃の許可を持っていない私は、もちろん見学です。
見学していると、外すことは殆どありませんでした。
国体の選抜に出場するくらいの腕だと知ったのは、静岡に戻ってからです。
寝覚の床辺りへも連れて行ってもらいました。
木曽の山々は、日本昔話に出てくるような形をしていると、感動した思い出があります。
もう、二十年以上前の事になります。
歳月の過ぎるのは早いものですね。

cancertomoko様
35年は長い時間ですが、お互いにその時代に還り
すぐに話が弾み楽しい時間を共有できたことが
なにより嬉しかったですheart04

cancerさな様
久しぶりの1泊ミニ旅rvcar
ドライブ大好きな私ですが、少し疲れました。
でも主人も喜んでくれたので、嬉しかったですよ。
もと上司は主人以上の喜びで、訪ねて良かったと
しみじみ思いましたheart04

cancerちゃぐまま様
そうですね。私も長野という呼び方よりも
信州という響きが好きですheart04
【寝覚の床】奇岩で驚きますが、浦島太郎が
玉手箱を開けた地だとか。
機会があったら、一度訪ねてみてください。
木曽は良い地だと思います。
近くには馬篭・妻籠・奈良井の宿etcあります。

cancerマク様
15・16日は道路状況も良く、スイスイで
ややスピード出しすぎでしたcoldsweats01
寝覚ノ床・・・これからが、観光のピーク時だと思います、
宿泊施設も多くはありませんが、とにかく皆さんが
親切な上松町でした。
spaトロン湯・・・・沸かし温泉だったと思います。

cancerスヌーピー様
ドライブ好きなんです。
何も考えずただハンドル握っているrvcar
パジェロなので、高くて運転しやすく、違反しそうcoldsweats01

強力粉ではなかったのに、パン焼けましたかbread
それは腕が良い証拠だわ。
うどん・お菓子に私は使っています。

cancerやまぶどう様
木曽は山の深い地ですが、人情味のある地で
嬉しい出会いがありました。道を尋ねた家の人たちが
わざわざ連れて行ってくださいました。
せちがないこの時代に、私達夫婦は熱いものを感じ
何度もお礼を申し上げ、感謝の気持ちを伝えました。

やまぶどう様も上松町にいかれたんですね。
矢張り、良い出会いがあった思い出の地。
再会できると良いですね~。

長距離car運転 お疲れさまでした、
ご主人様の再会のお手伝いをされたのですね、素晴らしいと思います。
私だったら(運転は出来ないので)「一人でいってらっしゃい」と言うところです( ´艸`)プププ
90歳になられて、奥様の体調も思わしくない時のご訪問!
喜ばれたと思います。

cancernyar-nyar 様
そうなんです。とっても喜んでくださり木曽まで
行った甲斐がありました。
35年の時間は経過していましたが、お互いに
健康を称えあい、再会を約束しました。
rvcarミニ旅を楽しみました。

私も友人から病気の便りをもらうことが増えてきました。お見舞いに行くのには遠いし・・・でも行っとかないと・・・あ・あ・あ・・・年ですねえ。

cancerももり様
若い時に主人がお世話になった方なので
木曽まで行ってきました。帰り名古屋に向かい
知多半島からフェリーで伊良湖に出て帰りましたので
639km.・・・・・すべて私の運転よrvcar
暴走族おばちゃんが、頑張りましたcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114363/46349701

この記事へのトラックバック一覧です: 再会:

« 天声人語 | トップページ | パン »