私のホームページ

無料ブログはココログ

« 城と灯台 | トップページ | 慰安旅行 »

2012年3月20日 (火)

お彼岸

春分の日。
暑さ寒さも彼岸までと言われたきたが、
確かに一雨ごと春を感じる。
庭の片隅にフキノトウを見つけた。
桜の開花も始まり、やっぱ春到来だ。

          
004

お墓参りに出かけた。
どこの墓も綺麗に掃除され
線香の香りがあたり一面に漂っていた。

437b9493s

震災で亡くられた方々の、冥福を祈った。
残された方々に幸あれと祈った。
いつもより長い時間お祈りした。
 

                 合掌

« 城と灯台 | トップページ | 慰安旅行 »

社会」カテゴリの記事

コメント

今晩は
もう桜が咲き始めたのですね。
河津サクラですか、
仙台の開花はまだまだのようです。

私たちも今日夫の両親の墓参りに行ってきました。
こちらも午後はとても寒かったです。

春は名のみのという歌の一部が浮かんできました。
2~3日前からふきのとう探しているのですが、
やはり見当たりません。まだ早いようです。

お彼岸に、お墓参りをすることで気持ちが安らかになるように思います。
ことしのお彼岸には、いつも以上にお墓参りした人が多かったかもしれませんね。

亡くなった人を偲び、今あることへ感謝し、そしてこの先を見守って下さいと。
ひと雨ごとに春の近づきを感じています。

桜咲いたのですか?
先日は河津cherryblossomは満開に近かったですけど・
私もお墓参りに行きました、
20日は兄妹が集まって賑やかにbeercake
牡丹餅はまだ戴いていません(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

写真の桜の花の色が何とも言えず品がいいですね~。
葉も見えますが、何桜ですか?

春のさきがけの代名詞みたいにフキノトウの名前が出ますが
一度も料理に使ったことがありません。
店頭では結構高いんですよね。

cherryblossomさつこ様
早く春が来ると良いですね。
河津さくらは、ご近所の庭にあるものです。
1本ですが、みんなの心を癒してくれます。

cherryblossomtomoko様
津波で亡くなった方々のご冥福を祈りました。
先日の高校野球の宣誓には、泣かされましたが
若者の姿に勇気をもらいましたね。

cherryblossomnyar-nyar 様
河津さくらがご近所にあるんです。
女子会のメンバーはお弁当持参で
楽しみましたよhappy01
北見の小豆でボタン餅つくりましたよん。

cherryblossomちゃぐまま様
綺麗な桜でしょう。
河津さくらです。
フキノトウは、蕗味噌にしていただいたり
おてんぷらですね~restaurant
ほろ苦さが好きです。

今晩は。
私も墓参りに行ってきましたが、昔ながらの墓地は人のでが少ないように
感じました。
各地で墓苑に人気が集まっているようです。
あの明るい雰囲気が受けているようです。
そういえば私は自分の墓を今年はまだ、参っていません。
もっとも誰も入っていません・・・・・・

cherryblossomマク様
お墓の事情も様変わりしたようですね。
以前お嫁さんからマク様のお墓のお話
伺ったことあります。
すべてに用意周到のマク様らしいと
感じました。
最近 川柳はいかがですか。

 長い間サボっていました。
 一段落したので戻ってきました。
 彼岸には皆さん先祖の墓参りにいきますが、東北には家も墓も流された人が沢山います。
 同じ仕事をしている仲間にも、そんな人が何人かいます。
 顔は笑って話をしてくれたけど、心の中では・・・!
 そんな人の為にも、男爵様は微力ですが復興のために頑張ります。
 男爵様は、墓は北海道です・・!
 簡単には行けないので、北に向かって手を合わせました。

cherryblossomdrama
お久しぶり。
被災された方々のために、頑張っておられたんですね。
私はせめてと思い、ご焼香しました。お祈りいたしました。
これから、伺いますね。

昨日はオッソロシイほどの嵐でした。京都は雷も遠吠えのような怖ろしい響きで荒れまくりました。雨戸を閉めて真っ暗になった家に一人・・・気味がわるいですよねえ。そのうちに寝てしまったらしく・・・結構鈍いのかしら???目が覚めたら収まって陽がさしてるのよ。

cherryblossomももり様
日本列島は大荒れでしたね。
お互いに被害がなく一安心。
神様がお怒りになっておいでかしらね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114363/44568089

この記事へのトラックバック一覧です: お彼岸:

« 城と灯台 | トップページ | 慰安旅行 »