私のホームページ

無料ブログはココログ

« 卒業 | トップページ | 城と灯台 »

2012年3月10日 (土)

あれから

あれから1年。
時間は休むことなく流れている。
内陸・山あいを中心に
湯けむりが上がっていた東北。
日々の疲れをほぐす癒しの場。
そこで家族と過ごす時間を
愛しむ姿。
そんな静かな里山の風景。
郷土料理を守り続ける人々。
雄大な山並み・澄んだ大きな海。
ふたたび取り戻そう。
東北にも春はめぐりくる。
必ず来る。
苦しみを分かち合い、絆を強く。
一人一人の心に刻んで、風化させぬよう。

継承していく責任がある。
明日3月11日14:46分黙祷しよう。

« 卒業 | トップページ | 城と灯台 »

社会」カテゴリの記事

コメント

あの映像はいつまでも生々しく、それでも
少しずつでも復興しているのを感じながらこれからも忘れることなく、復興2年目にも自分にできる支援を続けていきます。

昨日、きょうTVは特集を組んであの震災を伝えています。
改めて災害の大きさを実感しています。
先日岩手県の被災者からお手紙を頂きました。
奥さん息子さん夫婦、お孫さん2人いまだ行方不明、ご本人も仮設住宅住まいとのこと
等が書かれていました。
その方の妹さんからもTEL頂き泣かれてしまいました。
私で出来そうな要望もありましたのでこれからも出来る範囲で応援していこうと
思っています。
おっしやる通り忘れてはならない事ですね。

今夜は、ついついTVに見入ってしましました。
多くの深い悲しみでしたし、それが今も続いているのですが、それだけではなくて、人々の援助の素晴らしさも多くあったことをしりました。
決して忘れてはいけませんね。あとの人達に語り継がないと!
東北にも本当の春が早く来ることを祈っています。

改めての特集で、今まで知りえなかった辛い現実が見えてきました。もしかしたら、報道されているのはまだましの現実。カメラの前で語ることのできないもしかしたら、ずっと口にできない辛い気持を抱えて生きて行かなくてはならない人がたくさんいるのだと思います。
形は違いますが、私の父親も戦争の時の体験はついに語ることなく亡くなり、お葬式の時に伯父さん(父親のお兄さん)から、シベリア抑留から帰って来た時の様子を初めて聞きました。本当に辛いことは口に出す事も出来ない。
3,11の本当の姿が明らかになるのは、もしかしたら、爆発した原発の完全な後始末が出来るのと同じかもしれません。
自分の出来ることをちゃんとやる。そして、目を背けない。忘れない。
そして、「今」を大切に、生きて行きましょう。

cherryblossomチャグママ様
時間は過ぎても、決して忘れることはありません。
無力で何もできませんが、心に刻み継承することは、
出来ます。
想定外・・・このような言葉を発しないためにも。

cherryblossomマク様
未だ不明の方が多くいらっしゃる事実を、
忘れてはならないと思います。
ご遺族の心中を思うと心が痛みます。
マク様の(静かに)・・・きっと癒され亡くなった方を
忍んでおられるでしょうね。

cherryblossomtomoko様
どの局も特集を組んでいましたね。
陛下のお言葉にすべてがモーラされていたように
思いました。療養中のお体で、大変だったでしょうね。
日本人の絆の強さに、外国の方々も驚いた様子。
その姿に感動してのボランティアもあったとか。
世界が一つになった・・・そんな気持ちになったわ。

cherryblossomよしこ様
今を生きる
そうなんですよね。後ろばかり見ていては駄目ネ。
前ばかりでも。まずは今を大切に生きることね。
今がしっかりしていれば、前が見えてきます。
後ろがあっての、今ですもの。

よしこ様の父君もシベリア抑留者でしたか。
父もそうでした。随分辛いおもいをしたと想像できますね。
今の平和に感謝です。

おばさんのことば、いつも大きな励ましでした。
ありがとうございます。

震災からしばらくした、昨年3月の末、、沿岸地方で被災した中学生が大勢の避難者に見守られながら
卒業生代表の言葉として、「天の試練としてはむごすぎる災害、
でも天を恨まず、運命を受け入れ、ともに助け合おう」泣きじゃくりながらの
この言葉は胸に響く言葉でした。私たち大人もこの言葉を胸に刻みながら、前に進んでいきたいと思っています。

あれから1年経ったんですね。
大震災の爪痕はまだまだ復興までは程遠く、増しては心の癒える日は…来るのでしょうか?
いつまでも忘れることなく微力ながら支援していけたらと心から思いを新たにしました。

首都直下型地震、東海、東南海、南海三連動地震そして富士山の噴火etc報道されている今、もう一度防災に対する備えを確認し避難訓練など家族で話し合っています。
私の住んでいる地区は海岸から7~800メートルと津波が一番心配です。
まずそれぞれが“我が身を守る”それだけ皆で確認しあいました。

やっぱり今も、次々といろんな自然災害が発生しています。自然って、人間の力の及ぶ所じゃないんですね。もっと「怖れ」ってものを知れって自然が怒ってるんじゃないかと思ってしまいます。これは決して被災されて方に言ってるのではないのです。人類全体のことです。

cherryblossomさつこ様
とっても良いお話で、涙がこぼれ落ちました。
しっかりした中学生で、これからの復興に大きな
影響を及ぼし、力になりますね。
今日愚息に話したところ、明日のホームルームで
全員で考えるといっていました。
与えられた試練があまりに大き過ぎ、耐えられない人だって
多い筈。一歩づつ進んでください。
寄り添っていきますよ。応援しています。

cherryblossomさな様
そうでしたか、海岸の近くなんですか。
東海地震も騒がれてから30年ほど経過し
感心も薄らいできたときに、この震災。
今一度周りを見直し、防災訓練やシビレーション
した方が良いですよね。先ほども地震があったようです。
tv富士市震度2と、放映されていました。
幸いに何も感じませんでした。

cherryblossomももり様
静岡は随分前から東海地震が来る・・・と
騒がれていましたが、いつの間にか薄らぎdown
私思うんですが京都は案外震災が少ない地ですよね。
神社仏閣があり、みなさんが信仰心が強く、いつも祀って
居てくださるので、少ないだろう・・・・と。
小学校の時、社会の先生が話してくれたことを
ずっと覚えていて、手を合わせるようにしています。

でも・・・・京都にも花折れ断層が走っています。伏見崩れと呼ばれる大地震が起きたのは天正年間。信長が建てた伏見城が一夜で崩れ落ちたとか・・・もう、大分エネルギーがたまっているのでしょう。それにしても、又、千葉県では地震・・・やっぱり京都は地震が少ないのかなあ???

cherryblossomももり様
そのような歴史があったんですね。
日本沈没なんて騒がれたことありましたが、
とても気の重い学説。
千葉でもありましたね。東日本の余震とか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114363/44444574

この記事へのトラックバック一覧です: あれから:

« 卒業 | トップページ | 城と灯台 »