私のホームページ

無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月30日 (月)

富士山

朝に夕に眺めている富士山。
当たり前に眺めていた。
お山に雲がかかると、雨だと言う。
出かけるときに、確認して
雨具を持つか否か決める。
その富士山が世界遺産登録を目指している。
国連教育科学文化機関の世界遺産
センターに推薦された。
折しも、JR東海は雄姿を楽しんでもらおうと
「富士山トレイン117」を運行した。
車体は富士山のイメージをラッピングした
快速電車だ。
写真は撮れなかったが
母のお見舞い帰り偶然見かけた。

0191月1日のお山Imagejpgdennsya2

               Imagejpgdennsya_2
                           

2012年1月25日 (水)

美術展

新春美術展鑑賞。
木彫・絵画・陶芸・木色画の
4人展だった。
魅了される作品の数々だ。
時間の経つのも忘れ、見入った。
矢張り、良いもの触れることは
心を豊かにし、そして感動を覚える。
熟女たちは、作家と共に
楽しいトークとお食事。
いつものことながら、美味しい。
お宅にお邪魔いたし、おもてなしを受けた。
奥さまの水引のお作品を、鑑賞。
楽しくも素晴らしい時間を共有できた。
感謝いたします。

001_2
片目つむった表情が何とも愛らしい

004_2雛人形 仲良く連れ添って  
006_4

奥さまの水引雛
撮影者の腕悪し(お許しを)

2012年1月20日 (金)

新年会

ご近所の女子会の新年会。
よそに出かけず、友人宅で。
それぞれ食べ物は持ち寄り。
炬燵に入り込んでお喋り。
田舎は堀炬燵の家が多い。
わが家にもあるが、最近は
畳がひかれ、フラットに。
お喋りに花が咲き、

食べ物・飲み物はそっちのけ。
楽しい時間がもてた。

001  005
先日の誕生日に主人・愚息たちから
                                          

2012年1月15日 (日)

豆餅

13日
糯米を研ぎ、バケツに水を張りふやかす。
14日
朝から餅つき。小正月は我が家では豆餅を搗く。
材料は前もって準備した。
八割の落花生が市販されていない。
はさみで八等分。2Kgすべて。
昨年はフードプロセッサーにかけ失敗。
油が出やすい。粉が多くでた。
青のり・白ごま・黒ゴマ・さとう・しお
わさび・もちろん落花生。
搗いた餅は型にながす。
15日
型からはずし、カット。
主人・妹の3人で協力した3日間。
明日はお届け。
知人・お世話になった方に・友人に。

001_2        009_4
材料        鋏でカット

010_2       013_4
搗いて型に流す    餅カッター

2012年1月10日 (火)

なごり

お正月も終わり静かな生活に戻った。
あら~
名残があった。
誰も片づけしなかったようだ。
初釜は主人担当。こちらは良し。
百人一首は???
私…喪中の方への寒中見舞いを書く。
それぞれの担当があった筈なのに。
まあ 仕方ない。
楽しい時間が持てたのだから。

001003jpg003_6床の間の七福神

2012年1月 5日 (木)

2012年

2012年初めまして。
年頭に考えてみた。
昨年のさまざまの出来事は
生活・社会・心まで揺さぶった。
今年は政治・経済の再生を願いたい。
政局に熱を上げ混迷を深めている、
政治にはうんざりだ。
少子高齢化の今、絆を深めた社会を
どう構築していくのか。
今まで歩んできたことへの反省を
どれだけ込められるかが肝心だろう。

011027
1月1日7:00    お正月の玄関
奇しくも今年は竜年
。    
想像上の動物とは言え縁起が良い。
深い傷を負った生活から一歩踏み出すのにふさわしい干支だと思う。

今年こそ復興に向け景気上昇を願う。
Imagejpg

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »