私のホームページ

無料ブログはココログ

2017年8月20日 (日)

片づけ

片づけに追われている
3部屋のリフォーム終了
まだ続いているが終わったところから
整理を始めた
まあ あるわ あるわ
何処にこのように荷物があったのか
なぜ 早く捨てなかったのか・・・反省

汗は出る 埃で席も出る  ため息もでる

使う目的でしまっておいたのか
それともただ何となくしまっておいたのか
両親の物だから捨てられなかったのか
いずれにせよ 今日は絶対捨てようと決めた


018 020_2
汚かったので雑巾で拭いた
木製で昔の家の軒下飾り????


004005
懐かしいセルロイドの裁縫箱と電気かさが幾つか

011_2 015
昔の家に使ったあったであろう欄間とガラス窓
綺麗に拭いたのでどこかに使ってもらおう


016
こんな玩具も・・・

007 008
母と作ったうちわ
ここでまた母を想いだし手が止まってしまった


ほんの一部
これからだ大変だ


2017年8月15日 (火)

言葉

たった一言で救われる人もいる反面傷つく人もいる
言葉は一端口から出てしまうと戻すことが出来ない
先日県内では有名な銘菓店に買い物に
新盆の叔父の霊前にお供えるするために

そこでビックリした
70代と思しき男性客がお菓子を選んでいた
客はそのほかにも3人ほどいた


私も何が良いか迷っていた
水ようかんも良いなあ
あんみつも良いなあ
カステラはどうかな
日持ちはどうかな
予算と折り合いがつくかなetc


男性がこの水ようかんの詰め合わせを・・・と
すると女店員は水ようかんなんてないのに
涼菓詰め合わせでしょう・・・と一言
口調も荒くきっと忙しかったのだろう



見ればゼリーとプリンの詰め合わせ
だったら一言 内容を確認してあげれば良いのに・・・
無性に腹が立った
いくら忙しくってももう少し言い方があっただろうに
その男性はそう水ようかんじゃないのか・・と一言
腹が立っただろうが我慢した様子


その様子をみて私は買い物しないで店を出た
あの時何か助言が出来なかったかな~

幼い愚息たちと約束したこと
友と利害関係が生じて喧嘩をするかもしれないが
絶対に言葉で人を傷つけてはいけない

喧嘩もせず人を傷つけることもなく成長してくれた愚息達
感謝している





2017年8月10日 (木)

一言

職人さんたちが毎日頑張ってくれている
生活場所は限られいつも夫婦はピッタリ
夫婦でも一定の距離を置く方が良いみたい
同じ部屋で朝から晩まで一緒は・・・・

そんな時思い出すのは母に言われたひとこと

若い時 主人の事を愚痴ったことあるの
その時 母は言いましたよ


「何時からそんなに偉くなったの
自分が不平があるように相手だってあるんだよ
完璧な人はいない
そんなことも解らないの」

肝に銘じています
我が夫婦がお互いを思いやり穏やかな
時間を共有出来ているのは母の一言
感謝しています



015
妹に手伝ってもらいおやつ用に多く焼いた

2017年8月 5日 (土)

朗読会

奈良少年刑務所の詩集の
朗読会を仲間で開いた
この刑務所は26歳未満の受刑者が収容されている
明治41年政府が造った五大監獄で唯一現存
2017年には国の重要文化財に指定された施設
2020年にはホテルにかわるとか


受刑者たちがそっと心の奥にしまっていた
葛藤・悔恨・優しさなどを更生教育の一環として
詩を書いた
その中から生まれた作品が57編


彼らの閉ざされた思いが言葉になって
溢れたとき奇跡のような詩がうまれ
受刑者が魔法にかかったように変わっていく
当たり前の感情を当たり前に表現できる
そして受け止めてくれる誰かがいる
其れこそが更生への第一歩
私たちは受刑者の心の声に耳を傾けた


  まほうの消しゴム

なんでもかんでも 消せる消しゴム
いやなことや
いろんな人に迷惑をかけたこと
こんな自分を 消せる消しゴム
そんな消しゴムが あったらいいな



このような消しゴムがあったら良いのですが無理
彼にもそんなことは解っている筈
消すことのできない過去を背負って生きていくんだと
思うからこそ祈りのような思いでつぶやいた言葉だろう
その重さがずっしりと伝わってきた


57編のうち5編を選んだ
どの作品も心打たれるものばかり
彼らの心の叫びに耳を傾け
一行に込められた思いの深さ
そこから繋がる心の輪
詩によって開かれた心の扉は
目を見開かれる思いがした
他の人も同様なことを口にしていた


私たちの仕事は地味だが
1人でも必要としてくれる誰かがいる限り
寄り添いそして手を差し伸べたい


リフォームはまだ続いている
完成次第UPしよう


019
土用餅・・・・大福ではありきたりと・・・・う ふ ふ

2017年7月30日 (日)

繋がり

不要になったものを玄関入り口の通路に並べた
「ご自由にお持ちください」の立札と共に
お気に召したものがあったのか
皆さんが持って行ってくれた
我家で不要でも他の家で必要としてくれる
こうして生かされることが本当の断捨離だと感じた

1人の老女(?)がずっと眺めている
声をかけるのを躊躇っているとその方が
この家の人ですかと話しかけてきた
そうですよ よろしかったらお持ちください
すると老女(?)は
お宅のおばあちゃん亡くなって何年経ったかな
あら母をご存知でしたか
知って居るよ よく声を掛けてもらい野菜ももらったよ


嬉しいではないか
母は私たちが知らないところで生きているんだ
少なくとも老女の家族は話しているだろう
語り繋がり人は生かされている
人はどこかで繋がっているんだと感じた


2017年7月25日 (火)

おやつ

口を開けば誰もが暑い・暑いを連発
他の言葉を忘れたのか
オウム返しの会話

すっかりご無沙汰してしまった私
ご心配お掛けいたしました
皆さまのところにも訪問できずごめんなさい 


ダウンしてしまい・・・
暑さもありますがただ今わが家はリフォーム中
6月初めから始まった工事
毎日職人の皆さんが早朝から
夕も遅くまで頑張ってくれているのだ
まあ 実に多くの方が係って家は成り立っているんだと
しみじみ感じた
新築は簡単かもしれないがリフォームは大変だ
形あるものを解体し片づけ新たに形を作っていく
基礎工事が何とも頑丈だと職人さんたちが漏らしていた


手伝うわけでもない私だがお茶時間が大変
スッカリ振り回されてしまったのだ
1日に2回 10時と3時に準備した
お茶はペットボトルの時もあった
シソジュースや梅ジュースを作った
市販のお菓子でも良いのだが・・・・
勿論 市販物も用意した
毎日手作りは無理だあ~
手作りは皆さんには喜ばれた
一番大変だったのは ねりきりだった
季節柄スイカをイメージして作った

家の中は誇りが舞うし音も頭が痛くなりそう
悪いことに冷蔵庫が壊れた
作り置きが出来ないので早起きして頑張った



リフォームはまだ続く
もう少し頑張らなくちゃ・・・と老骨に鞭打って
おやつ作りに精を出すことにします


出来栄えの良かったおやつのみUP
   (1人分ですよ)

023 水果小湯元・・中華白玉スイカ
        イカとキュウリのしょうが和え
        キュウリが多く収穫できたので・・・

003抹茶パウンドは1人1/3本

004 007
ココガレット焼いてアイスに添えた

最も苦労したねりきり
013 014
スイカに観えますか? 種は黒ゴマを貼り付け
もう~大変だった 数が多いんだもの
スイカは6等分したが1人あたり5切れ



2017年7月10日 (月)

沖縄

クルージング最後の寄港地 
           沖縄

若い頃 学会で一度訪れたことがある
海の青さ・あの透明度
美しい沖縄の風景が今も脳裏に刻まれている
同僚と恩納村に宿泊し
ホテルのプライベートビーチで楽しみ
島内をバスツアーで廻った記憶が甦った

主人の希望で今回は首里城跡が目的
首里城は琉球王国の栄華を物語る世界遺産であり
450年にわたり日本の南西諸島に存在した王制の国と
社会科の授業を受けた記憶あり
鮮やかな朱色に彩られたその姿は
王国の歴史・文化の息吹を伝える雄姿であろう
まさに沖縄のシンボルだろう

    280 115 117


【佐藤栄作大臣の時沖縄が返還されたことはは知っている
サンフランシスコ講和条約でアメリカ軍の管理下に
そしてアメリカ軍基地・施設が建設され・・
現在に至るが多くの事件が起き不安が募る

友人が嫁いでいるので毎年マンゴーを買っている
甘くって美味しい
沖縄県出身の学生がゼミに参加してくれたことがある
彼女は物価が高くなった特に肉類が高騰したと話していた
米軍の基地もあるので1人歩きは怖いとも言っていた

米軍基地を維持したままの返還は
真の返還とは言えないと思う  】

【   】少し横道にそれてしまった感あり

琉球王朝の浪漫を肌で感じた主人
満足したようだ

288 124


自分へのお土産は《琉球ガラス》のコップ
以前の物を割ってしまったため

   

次回はクルージングの総まとめです

2017年7月 5日 (水)

社明運動

"社会を明るくする運動"
今年も街頭啓発運動に参加
東名高速道路富士川楽座サービスエリアで実施
毎年チラシやメモ帳だったが
今年からはクリアケース
派手なロゴ入りのためか拒否する方も・・・
9月にはミニ集会も開き活動する
犯罪や非行のない安全・安心な地域・社会を
築くため、皆さんのお力が必要なんです・・と
呼びかけ手渡しした

     


今年も見事に咲いた月下美人
その名の通り一夜だけ咲く花
儚くも美しい姿はまさに月下美人の名に相応しい

  029

畑ではへんてこりんのキュウリが・・・
ネットに絡んで輪になったようだ
葉が変なところから出てきた


         015

次回はクルージング最後の寄港地・・沖縄です

2017年6月30日 (金)

高雄・基隆

花蓮に次いで高雄・基隆に寄港
《2日分の書き込みです》

6月1日 
高雄
蓮池潭と旗津島の観光に出かけた
龍の口から入り虎の口から出てくると
業が清められるとかでいわば
パワースポットとして賑わっていた
色が派手で中国文化を垣間見たような
旗津島にはフェリーで渡った
此処では急に雨に見舞われた
パパイヤやマンゴーを使ったスイーツを
頂いたが量が多くびっくり

2人で1ヶ注文すれば良かったのか
でもなぜか1人1品の習慣はなくならない夫婦
夫婦でもシェアするのは好まない夫婦

233 240


この日はたまたま主人の誕生
ディナーの時 突然ケーキがテーブルに
皆さんが歌いだし驚いた ♪ ♪
わあ 主人は照れくさそうだった

テーブルの皆さんにおすそ分けしてお祝いした
喜んでくださった
思い出深い誕生日になった

    250 243
マネジャーがお祝いに   お部屋入口

6月2日 
基隆
雨が多い地と知らされていたので
雨具を準備して出かけた
本当にひどい雨でバスから降りることも出来なかった

国立故宮博物館は楽しみにしていた
例のヒスイの原石を利用して作られた《翠玉白菜》
豚の角煮かと思うほどの《肉形石》
皆さんの頭越しに観たのでは寂しいので
少し並んでしっかり観た
世界四大博物館の一つだと知った・・・・が
ミュージアムショップが併設されお土産ばかり
これにはガッカリした
中正紀念堂はバスの中から
蒋介石のブロンズ像を探したが観えずこちらもガッカリ
忠烈祠で行われる衛兵交代式も観られずガッカリ
でも彼らは像かと思うほど雨に中でも

微動だにせず立派だと感心
雨の中でもわかるほどの凛々しい青年だった

   
九份に行かれた方々は雨で階段が怖かった
靴が駄目になって買った・・・と話していた



Img037 2回目のフォーマル姿
        今年新調したもの  う ふ ふ

2017年6月25日 (日)

台湾・・・花蓮

石垣島をあとにして航路は台湾に向かった
何度も行っている主人と初めての私
ブログ友よりアドバイスを頂いているので
参考にしながら寄港してからの予定を立てる

花蓮
日本統冶時代に都市として発展したこの町
台湾を代表する景勝地・太魯閣(たろこ)までの
ツアーに便乗した


082 088

荘厳な大理石の岩盤で形成された渓谷は
一見の価値はあったと思うが・・・
まあ 一度行けば良いかなって感じだった
原住民アミ族はじめ14民族あり暮らしている
特に花蓮はアミ族の住居区域とか
彼女たちの舞踊も観賞した


091_2

大理石やヒスイの原産地ということで工場もあり
彫刻品やお土産品も多かった
観光地はどこに行っても同じ・・・
港に戻ってからタクシーで街に
名物のワンタンを食べに出かけた
最も有名だと言われている「液香扁食店」
全て手作り・・・・まあ当たり前って言えば当たり前


217

サハリンと言い花蓮と言い
統治時代を忍ばせるもののひとつとして言葉がある
高齢者は日本語が話せる
タクシーは英語であったが
祖母は日本語少し話せます・・・とのこと

何とも言えない思いが胸をよぎった



«許すということ