私のホームページ

無料ブログはココログ

2017年12月 9日 (土)

転倒

情けない 本当に情けない
実は11月29日に転倒
その際 左手は手すりにつかまれたのですが
利き手である右手は手すりを滑り落ちたの
激痛が走り手は腫れてきましたが
我慢したの
湿布して動かさず我慢・我慢の私
11月15日に更新した通り落ちて怪我したばかり
とても主人は言えず・・・・

皆さまのブログ拝見してもコメントできず
痛みも引かずもう限界だと感じついに病院へ
立派に骨折していたの
Drに叱られたわ
なぜもっと早く来なかったのだと・・
ギブス固定するかOPかの選択に
しばらくギブスで様子をみることに


不便ですし時間もかかります

皆さま本当にごめんなさい
しばらくお休みいたします
左手での生活は不便・・・悲しい

コメント欄も閉じさせて頂きます


017


2017年12月 5日 (火)

マラソン大会

11月26日にキュウイマラソンが実施された

【わが町は合併前はキュウイが特産品だったので
 その名残でキュウイマラソンと名付けられたようだ】

ファミリーコース3Kmに愚息は親子で参加
昨年お嫁ちゃんが参加し楽しかったというので
今年は孫と愚息が参加
小学2年生は3kmと決められている
最後まで親子で走り切らなければ失格


おばあちゃん 応援に来て~
行くとも 行くとも


寒いなんて言ってはいられない
9:30スタート
応援場所までの時間を考え早めに出かけ
少しでも良い場所で声援をおくろう

大勢参加している中で見つけることが出来るかな

245組が参加
親が先に走って後から子供が待って~と
大声で追いついてくる姿
お父さん早く~と親をせかしている子供の姿
さてさて我が孫はおばあちゃんの姿をみつけ
ピースサインして走ってきた
頑張れ の声に勢いを増して駆け抜けた
順位はともかく親子で走り切れたことが素晴らしい


003孫が頑張って走って来た姿

日本三大急流の富士川が下を流れ
霊峰富士山を仰ぎながら走る姿は
みんな元気いっぱいだった

キュウイを頂き
温かな汁物もあったようだ
コストパフォーマンスが良いな
どの家族も笑顔が素晴らしかった


 
006 005
後を続く親子の笑顔が良いね




2017年11月30日 (木)

ボランティア

少年の家】に食事作りに行って来た
いつものことだが少年はいつのまにか
成人になり壮年かなと思われる人もいる
犯罪を犯し 刑を受けた後 引き取り手がない彼ら

今回は揚げ物3点とサラダそして豚汁
漬物とデザート
材料の準備・下こしらえ・調理・盛り付け
友人と行ったので手分けしてテキパキできた


005 漬物と豚汁はUPなし



林間学校】のボランテイア活動は
アイロンかけとズボンやシャツの修繕
不器用な私はアイロンかけに回った
友人は器用に靴下や襟のほころびを
繕ってくれた
協力者も増え今回は5人で参加
此処までしなくても良いだろうって
思えるようなシャツもあった
学校側の話だと子供にとっては捨てがたい
親との思い出が詰まったシャツだとか
其々が事情を抱えた子供達
温かく見守ってあげなくては・・・

038 037

私たちが出来る活動は微々たるものだが
彼らに寄り添っていきたい
このような活動は難しい面もある
賛同してくださる仲間も増えた

最近は裁判所に行く回数も減り安堵している
根っからの悪はいない
社会が彼らを温かく受け入れてくれることを
切に願っている


テンプレート

2017年11月25日 (土)

リフォーム 最終章

最終章になります
最後までわが家のリフォームにお付き合い
ありがとうございました
どなたかのリフォームの参考になればと思い
記録させていただきました


随所随所に思い出を残し希望を取り入れてくださった
職人さんたちに感謝です
とは言えいざ生活してみれば良い点も不備な点も
あるものですが分相応なリフォームだったと
思います



リフォームする時期は検討の余地あり
仮設のトイレやお風呂は夏場の方が良いが
お茶の接待は結構辛いものがあり

もう少し下調べや材料は自分たちなりに検討した方が
良かったかな
材料は全て新しいものだったが
希望は古材を利用して欲しかった

古材を販売している業者もあるんですよね

戸袋はできれば壊さずこのまま残して欲しいと
文化財建造物監理士さんに言われ残した
今はこのような細工はさせてもらえないし
出来る職人さんも減り若い人はできないとか
そのため家の中が少し暗くなった
窓が4枚だったところが2枚減ってしまった

その後 板金屋さんが来て感心していた
家の若い衆はできないよ・・・ってさ
やっぱ残して良かったかな


  008 009 006

昔の板金屋さんが頑張った戸袋
一つ一つ違うのが其々2枚ずつ



024   001
玄関を入ると 古い欄間を使った戸もお気に入り
UPはまだ片づく前でした



最後に収めた金額は〇千〇百万円
仕事内容からすれば安価だったと思う
これは知人や主人の弁
エアコン2基そしてベットも買い替え
カーテンも新調・・・・プラス〇十万円
まあ 仕方ないよな

これから先が短い夫婦は残り少ない時間を
自分たちが考えたような住まいで
快適に穏やかに毎日を大切に生きること
そのための投資だと思う

時間も要したが終わって安堵した




2017年11月20日 (月)

リフォーム 報告 4

今回のリフォームの主流はトイレとお風呂
よそのお宅では以前からユニットバスだと
思うのだがわが家はレトロ感満載


クリナップのアクリアバス1.5坪用にした
床が常夏ってことで25℃に保たれる
まだ使用したことないが寒くなったら使うだろう
兎に角 手足が伸ばせることが嬉しい


018 解体し 025 026セメンを流し

脚の悪い主人は喜び 日に何度も入浴を楽しみ
私は眠ってしまいインターホンで起こされる始末
もっと早くこのお風呂にすべきだったなあ

トイレは男女別だったものを一か所にまとめた
これもよそのお宅とは違うところ
今までも水洗だったが全然違うと喜んでいる

TOTOのネオレストAH1
なかなかスタイリッシュだ
最も気に入っているのは中廊下からトイレまで
約3m離れ廊下になっているところ
戸を開けてすぐに便座があるのは好まない

026_3  017
                   手洗い場もお気に入り
         手のモニュメントは三男が中学の時の作
         ペパーフラワーは次男作
         ガラス瓶は50年前の海苔の瓶

 018_2 019 024
タオルハンガー ペパーホルダーも良いでしょう
掃除用ブラシもお気に入り
シンプルが好き

2017年11月15日 (水)

お齢かな?

痛いで~す
懐ではありませんよ
勿論痛いですがもっと痛いのは
この顎です
高さ1mぐらいのところから落ちたの
何故落ちたのか
一瞬のことで分からない
分かっていたら何とか手を打っただろうに


Gパンの上から血が滲み膝小僧も痛い
手もすりむき
最もひどかったのがこの顔です


        002 下着がちらついて失礼
                痛くてそれどころではなかった

                              あざになって 5日経過した様子
                

車の中のいた主人は落ちた私に気づかない
声も出ずしばらく畑の上にで~ん
まるで水族館のトドのように
やっと気づき手を差し伸べてくれたが
もう 遅い…と立腹してみたが
この程度ですんだので良しとしよう


口の中は土砂だらけ
落ちた畑は砂地だったのでもうたまらない
髪も砂だらけで手をやるとパラパラ落ちる
口を漱ぎたくとも水もなし
トランクにペットボトルが1本あった
何時の物か不明だがこの際仕方ない
一時しのぎはできた


痛くても主人は運転できない
しばらく休んで帰宅
途中パーラがあったので入店した
店員さんが救急車呼びますか?
何と親切な・・・感謝
コップとお水をもらい洗面所を借り
しっかりうがいをして髪を解いた


落ちるとは私もついに齢かあと寂しくなった
現実を受け止めるのは辛い
たまたま 調子が悪かったと言い訳しながら
鏡を見て悲しくなってきた
泣いちゃったよ




2017年11月10日 (金)

リフォーム 報告3

お待たせいたしました
今回のリフォームの目玉
リビングというより囲炉裏の間って感じ
老夫婦がお気に入りの間です
8畳の和室 3部屋続きを1部屋をリフォーム
古民家風なんて大げさに言ってしまいましたが
単なる和風かしら


大きな張りをそのまま使用してほしかったが
天井が高すぎて無理そう・・・出来るが大変の様子
妥協して網代天井に角張りをつけてもらった
見学者からの反応も良かった・・・満足です


017001 005

009中廊下の電燈
010011奥座敷と
              以前の主人の寝室の電燈


今回は業者の勧めもあり地震の心配もして・・・
やはり座敷のようなものを使いたかったなあ


堀炬燵を囲炉裏にかえた・・・が問題あり
脚の悪い主人は座るのが無理
そこで腰かけ式の囲炉裏となった
少し不満がある私だがこれも仕方ない事




006 希望は叶わず⇒ 005

004_2
                成人式に父から頂いたもの帯の利用


004014

何となく古民家風でしょう
法被は庭師さんがお年賀に持参したもの
テレビ台も特注


友人や見学者にこの場所でお茶を振舞った
皆さん喜んでくれ 満足した私


016_2 015_4
以前のガラス障子はそのまま利用

この部屋で最もお気に入りは床


018_2 UPでは分かりにくいかな
          重厚感があって・・確か栗の木とか


001_2  
                   もう一つのお気に入りは
        部屋の一か所を床を下げ足を垂らして
              PC専用の間です

        UPの仕方が悪くごめんなさい


自慢だと誤解しないで・・
ただ嬉しくってここに残したかったのです


009_3 皆さんにお茶にお菓子を添えて


2017年11月 5日 (日)

リフォーム 報告2


番号順に経過報告しま~す

①寝室
もともとは両親の寝室だった部屋
畳敷きの和室8畳間に押入れがあった
父が亡くなってからは母が利用していたが
介護が必要となってからは介護ベットに
親子は2人で寝ていた
小さくなった母の体を抱きかかえて寝ていた
少しでも動くと心配で眠ってはいられなかった
この時から我が夫婦の家庭内別居が始まり
母の死後も私はこの部屋を去ることが出来ず
今回のリフォームまでずっといた
主人には申し訳ないことをしてしまった
君が納得するようにすれば・・・
ああ何と心広き主人でしょう


天井は杉の一枚板を張った竿縁天井
父が好きだった天井の一部を残してもらった
職人さんは暑い中天井裏に入り汗だくで気の毒だった
今ベットで眺めるとなかなか味があると満足

025 010
           中央部分を残し周りは洋間らしく


洋間になると窓も高くなり眺める庭も乙な感じ
どの部屋もペアガラスにした
これはなかなか良い
雨の音・風の音も遮られ快適だ
カーテンだけでやすんでいるが朝日が昇る瞬間を
ベットの中で感じる幸せをかみしめている


026 押入れはクローゼットに

020 中に鍵付きの戸棚も付けてもらった


021 フローリング
                  022_2 腰板の感じも良いでしょう











2017年10月30日 (月)

リフォーム 報告1

PC不良にて更新が滞ってしまった
やっと立ち上がり何とか

PCに加え私自身も不調が続いた
それでも地域のお役目や料理教室もあり
へとへとの毎日だった
ご心配頂いた皆様
ありがとうございました


皆さんにお詫びをしなくては
何を??古民家調なんて期待を持たせてしまったこと
全体をそうしたわけでもなく一部をしたまで
しかも我が夫婦が満足しているだけの事


今回のリフォームは三男の友達が幼い日に
大きくなったらお父さんのように大工さんになる
だからいつか僕に家を建てさせて…と約束してあった
その幼い日の夢を実現できるほどに成長したことを
知り嬉しかった 依頼をしたのだ

何社か見積もりをもらってはみたが・・・・
900万~1200万というものだった
やはり 子供との約束は守ろうと今回踏み切った
彼は高校卒業して専門学校に学び立派になった姿で
私たちの前に登場したのだ

色々検討した

兎に角 年寄りがより快適に過ごせるように
2人なので使用していない部屋が多い
無駄と考え取り壊しも考えたが・・・・

父が建てた家を私たちの代で壊すことは
躊躇いが生じた
それに今の家はまだ40~45年程度しか住んでいない
昔の家に比べれば新しいと感じられる
結局は①寝室②リビング③トイレ④バスルーム
⑤キッチンの一部⑥かつての子供部屋⑦玄関


① 両親の寝室だった場所を和室から洋間に
   押入れをクローゼットに
② 和室8畳間が3部屋続いていた一室をリビングに
   古民家調だと満足
③ 以前は男女別トイレだったものを一つに
   何れ車いすになってもOKのように
④ 五右衛門風呂はユニットバスに
   母の介護のときに最も苦労した風呂
⑤ 壁を取り除き和茶箪笥をはめ込んだ
   これは②にあったもの
⑥ 子供が成長してからは納戸状態
   クローゼットを設け机や箪笥は処分し
  10畳間は第2リビングに
⑦ もう少し時間がかかりそう


主人の寝室と長男の寝室はそのまま
ゲストルームになるかな?
奥座敷と仏間もそのまま




希望は多くあったがやはり相談すべき懐がOKを拒否
これから毎日の生活が続くわけだから
使いすぎは厳禁
身の丈に合ったリフォームだと思うことにした
主人に感謝 ありがとう
長男も出資してくれ助かった



2017年10月10日 (火)

ほぼ完成

リフォームも玄関の戸を残すのみとなった
この部分は想定外だがやはり古さは目立つ
思い切って手を加えてもらうことにした

長かったなあ~
職人さんたちも大変でした
6月20日から毎日日曜日もなく
頑張ってくれ感謝の一言
お盆休みと途中親戚の葬儀で休んだのみ
多くの職種の職人さんたちが携わって
建物は成り立っていることを再認識
何人の人たちが係ってくれたのだろうか

これから一体どのくらいの請求書がくるか・・・

頭が痛い~どうしょう

快適にはなった
素晴らしくなった
想像以上に良くなった
希望通りに古民家調の風情を醸し出している
どの様に生活していくか楽しみもでてきた
オット その前に片付けが待っている
4部屋はリフォームしなかったので荷物が
所狭しと散らかっている
片づけなくとも残りの部屋で生活はできる
そんなこんなでまだまだ時間がかかりそうだ

最終目的はお正月までには片付けて
新しい年を迎えること

リフォームの全貌は次回UP予定
乞う ご期待を sign03sign03



024

ショートケーキ
久しぶりに焼いた
デコレーションはイチゴがなく
少々赤みに欠けるもののお味はバッチリで~す



«講演会