私のホームページ


お気に入り

無料ブログはココログ

2019年4月15日 (月)

お疲れ様

ご無沙汰で~す。
やっと回復しました。
PCではなく、私自身がへたっていました。
何ともだらしなく哀しい事実。
寄る年波には勝てないのでしょうか?
全てのお役目を退けってことかしら?

落ち込んだ私の姿に主人が
堂ヶ島温泉に誘ってくれました。
4年前と同じホテルを予約してくれたのは、私が
ホテルから眺めるトンボロ現象に感動したことを
覚えていてくれたんです。
012 012
でもね~ 運転は私なんです。
それでも主人の思いやりに感謝しつつ・・安全運転。
このホテル嬉しかったのは、4年も前だったのに
しっかり記録が残っており主人の難しい名前もスラスラ。
このような些細なことがすごく嬉しく感じた私でした。
数えきれないほど行っている伊豆なので、
立ち寄りたいところもなく 
のお~んびり、楽しんできました。
途中で東京ラスク伊豆ファクトリーで一息・・・
コーヒーやジュースは無料なんです。
ここのラスク用のパンは美味しいラスクが家庭で
簡単に出来ます。


菩提寺やサロンの事業報告書や収支決算書を作成し
そして今日はもう一つの仕事の総会でした。
分刻みで毎日が過ぎました。
明日はまた老人会でお出かけです。
行くことは躊躇したのですが
同じ行動をとることも大切だと言われ
参加を決めました。
あれこれ・・・やること一杯ですが、乗り切りますよ。
でも皆さん安心してください。
凹んでいても体重は落ちるどころか、こちらはなぜか
上昇しっぱなしなんです。

 

 

2019年4月 5日 (金)

高速道路

中部横断道路が一部開通した。
《説明不足は↑で補ってください》
東名清水インターから富沢インターまでの21km。
工事の進捗状況は知っていたし、待ちわびてもいた。
便利になることは日常生活に重要だ。
この日 用事で清水まで行ったので、
帰りに遠回りになるが
時間はたっぷりある2人なので遠回りすることにした。
清水インターから新東名と交わりジャンクションを抜け
いよいよ中部横断道に車を進める。
兎に角怖かった。
道は一般道と変わらぬ幅なんです。
一車線で対向車とすれ違うのが、なんとも不安。
スピードは抑え控えめに・・・・・
後方を大型車が来ようものなら鼓動は高鳴り
掌には汗びっしょり。
何といってもトンネルばかりで目が疲れる。
トンネルの距離を確認しなかったが途中 なんでしょう?
紫色のライトで照らされた箇所が何か所かあった。
どの様な効果があるのかわからなぬまま走り続けた。
山間を走っている道なのでトンエルと高架橋ばかりで
しかも大きくカーブしていたので、怖い道だった。


作業した人たちも きっとご苦労が大きかっただろうと
感謝は忘れず走った道だった。

 

 

 

 

 

2019年3月30日 (土)

選挙

おちおち畑の草取りも出来ない。
県議会議員の立候補者が告示され、
我が地区は定数4に対し立候補者は5氏。
選挙戦がスタートした。
選挙カーが煩いほど走り、畑で顔でも
あげようものなら、車から候補者が降り
握手を求め、マイクではありがとうございますを、
連呼され恥ずかしいほどだ。
4月7日が投票日

次いで市会議員の選挙もある。
こちらは4月21日投票日。

しばらくは、田舎は選挙一色で賑やかになる。


叔父[母の兄]は、村会議員を長く勤めていた。
子ども心にも選挙って大変だなあって感じた記憶あり。
昔は家で食事の準備をして、支援者に振舞ったので、
母は毎日お手伝いで家には居なかった。
小学生だった私は寂しかった思い出が残っている。





001 愚息の金沢土産
           金箔張りのカステラ

2019年3月25日 (月)

ご存知??

先日本を買いに行って驚いた。


店頭に多くの手帳が並べられていたのだ。


昔は手帳は1月から始まり当たり前に予定を書き込んでいた。


いつから4月始まりになったのか??


確かに私の仕事も3月で修了し4月から新学期が始まる。


言われてみれば4月始まりの手帳の方が便利かな。


でも当時そんなことは考えたこともなく・・・・・


慣れは恐ろしいし、発想の転換なって思いもしなかった。


予定も多いので1冊購入した。


日曜日始まりを購入したが、月曜日始まりの物もあった。


世のなかの実情に合わせた手帳が良いのは当たり前。


手帳1冊で世の中の動きを知ることが出来た。


読みたかった本と絵手紙の参考書を購入


009_3

2019年3月22日 (金)

コンサート

富士山世界遺産登録5周年
「東儀秀樹・世界遺産コンサート」に行って来た。
16:00からだったが、その前に富士山本宮浅間大社で
奉納演奏も行われた。境内に多くの方が集まったようだ。
雅楽への関心は以前よりあり何度か聴いている老夫婦。
記念セレモニーで市長の挨拶があった。
始まると会場はシ~ンと静寂の海。
心に沁みわたるような音色に聴き惚れ、
シンガー・ソングライターのしらいみちよさんの
透き通った声に魅了され、
声楽家のジョン・健・ヌッツォ氏の声量に圧倒された。
素晴らしかった。
東儀氏のトークもユーモアたっぷりで楽しいものだった。
雅楽器とピアノやシンセサイザーなどの現代楽器をコラボし
しかもご自身が演奏しているとか。
実際にピアノ演奏やアンコールでは
自らポーカルを執る楽曲の披露もあった。
雅楽器の紹介も面白く分かりやすい説明だった。
鳳笙・篳篥・龍王etc【 難しく感じは間違っているかな 】
休憩なしの2時間はあっという時間であった。

2019年3月15日 (金)

下田温泉

12~13日は1泊で下田温泉に行ってきた。
昨年は4月20日だったが、ホテルは同じ。
市内の詳細はこちらで。

沼津市から、西海岸を回って下田まで。
東海岸に比べ道は狭く、くねくね曲がっている。
運転はとても疲れるが、主人の希望なので仕方ない。
途中にも名所旧跡・温泉は多多あるが
何といっても良く出かける伊豆なので、寄り道せず
ひたすら下田まで。
チェックインを済ませ、皆が来る前にのんびり温泉に。
早めでないと混んでくるので・・・・・苦手。
お着替えしてから、レストランへ。
平日とあって周りは年配者ばかりなので、気が楽だ。


お飲み物は如何いたしましょうか?
(久しぶりにビールで乾杯しようと思いオーダ―する)
お待たせいたしました。とウエイターは笑顔で。
チェックアウト時に分かったことだが中瓶で980円
笑顔の訳だ・・・・妙に納得した。
ちなみに日本酒は1合で1200~1700円だとか。
アルコール好きな方は値段ではないのかな??

食事の準備や片付けをしなくてすむことは、
主婦にとっては最高だわ。

今回少し残念だったのは、わが家は低反発マットを
使用しているので少々硬く感じた。

今までは何ともなかったベットだが・・・・・
慣れは恐ろしいなあ。

帰りは東海岸を通って熱海まで。
間欠泉の記事を読んでぜひ立ち寄りたいという希望。
熱海市内は道が狭いうえ坂道が多く走りにくい。
へえ~このような場所にあるんだあ。
しばし見惚れていたが、駐車場がないので幼稚園の
脇に失礼していたので、早めに出なくてはと気は急く。

時間に制限なくのんびりできる今の生活に
感謝しつつ楽しんだ1泊2日の下田温泉の旅だった




023 


013 014









2019年3月10日 (日)

友人

退職して久しいが友人からランチのお誘いが。
伊豆地方に住む2人が訪ねてくれた。
職場は違ったがお互いに切磋琢磨した友人。
協同研究した時は、私が伊豆に向かい
恩師は東京から来静して指導に当たってくれた。
勤務が終わってから夜遅くまで頑張ったなあ。


この研究は大分学会で発表し、
《栄養改善学会賞受賞》した。


( 私のホームページを参照してください )

1人は高知県出身。
ご主人の仕事の関係で伊豆に。
大学病院に勤務し、お子さんにも恵まれ
今は5人のお孫さんに囲まれ好きな書道で活躍している。



1人は学校も私の後輩にあたる。
先輩・先輩といつも大切に接してくれる。
有難いことだが、大した先輩でないのが
心苦しくもある。
ご主人が会社経営で彼女は旅を楽しみ
国内は勿論 海外にも良く出かけている。
ベンツで登場した時は驚いた。

最後の1人の私は何のとりえもない田舎の婆。


この3人が久しぶりに再会したのだから、
お喋りは尽きない。

ランチを済ませ拙宅にお招きした。
街から離れているが2人とも快諾してくれ
時間や周りを気にすることなくお喋り。


前日に練っておいた羊羹と主人がお点前を。
何もおもてなしらしいことはできないが
田舎の澄んだ空気と緑の山々の姿をお土産に。

同じ県内でも伊豆からは富士山の全景を観ることが
少ないのか、もう燥いでいた姿が印象的だった。


再会を約束して さようなら。




007




2019年3月 5日 (火)

3月

確定申告がやっと終わった。
毎年のことながら私の仕事になっている。
毎年 来年はお願いしますと言ってはあるが
何故か私がやる羽目になってしまう。
決められた日までに申告する義務があるんだよ~
医療費や保険はしっかり申告しなくては、
還付金があるかもと、甘い心で臨んだが・・・・
期待って裏切られるものなんだあ。
しっかり納付金が出た。
計算違いかと、なんども見直しをしたが
結局は・・・・まあ仕方ないなあ。


待ちわびた3月は何かと忙しい月だ。
サロンの申請や菩提寺の反省会と総会の準備。
そして裁判の傍聴と続いている。
絵手紙のお稽古も月2回。

現役時代に比べれば、問題にはならないが
それでも案外忙しく過ごしている。




014 富士宮市役所では市内福祉施設の
       作品を展示したり販売もしている
       富士山の形をした食パンを購入した。



2019年2月25日 (月)

富士山

最近 主人があちらこちらにドライブに行きたがる。
如何したのと尋ねると、今までより綺麗に
ものが見えるようになったので、しっかりと
観ておきたいとのこと。
ならばと、ドライバーをやろうって決めた。



山梨県富士吉田市にある
《富士山レーダードーム館》に行って来た。


以下はガイドの説明より

NHKのプロジェクトX放映
「巨大台風から日本を守れ 富士山頂・
男たちは命をかけた」を元にした
「世界最大のレーダー建設~
富士山頂9,000人のドラマ~」
大きなスクリーンに映し出され50分ほど鑑賞した。
壮大な事業に9000人もの人が係った。
富士山頂にあったレーダードームは
35年の役目を終え富士吉田市に移され、
内部を公開し、実際に使用していた機器類を
展示している。
ドーム内を見上げると ①1分間に2回転するレーダー
実物が観られる。



初めて知った事実

気象庁測器課長として
富士山レーダードーム建設を担当したのは
誰あろう  あの作家 新田次郎その人だった。
此の工事跡に作家としてデビューしたそうだ。
館内にはコナーが設けられていた。

体験コーナーでは、②気温-8℃ 風速13Mという過酷な
富士山頂の環境を知ることも出来た。



018 024 025 026
外観
027 020 028
①       ②
019  山頂で使っていた観測機器を使って
        台風観測を疑似体験する主人
         帽子を外したら髪が逆立ち剥げに見えると
         渋い顔をしていたので㊙UP







008 先日梅を観に行った折り
        偶然お会いした人






2019年2月20日 (水)

ふるさと芸能祭

《ふるさと芸能祭》を鑑賞した。
毎年同じ内容なので、昨年はパスしたが、
今年は友人が行きたいというので一緒に出掛けた。


郷土で長く受け継がれてきた民族芸能を
多くの方に知ってもらい、
後世に伝承していくことが大切だが、
後継者が不足の課題もあるようだ。

が、今年は子供の参加も多く見られ
光が見えてきたかな。
太鼓は子供が多かった。

生き生きとした姿は郷土を愛する心が見えたようだ。
其々の地域に根ざした文化を末永く伝承し地域に
愛着を持ってほしいと願った。


哀しいかな 合併前のわが地からは何もなかった。
故郷をこよなく愛している私には寂しかった。



014




久しぶりに主人とランチに

002 主人は海鮮にぎり
        小鉢も豊富に・デザートも
007 私は赤身にぎり
        半分は中トロでした



008コーヒーはフリー






«ゴミだし