私のホームページ

無料ブログはココログ

2017年6月20日 (火)

許すということ

今回のクルージングでは思わぬ出来事に遭遇
今までの人生で初めて味わった出来事
不愉快極まりなかったというより
同じ日本人として同じ女性として恥ずかしく
自分の裸を見られているような気さえした

ガチャンという音がしたと思った途端
▲一体どうしてくれるの
○ごめんなさいね
▲どうしてくれるか聞いているの
○本当にごめんなさい
ボーイが飛んできて▲婦人の洋服を拭きはじめた
どうやら○婦人のお皿の手元が誤って▲婦人の

洋服に飛び散った様子
▲責任者を呼びなさいよ
(おいおい おばちゃんよ 責任者が出てきたら
貴女 ひっこめないよ 其れに言葉が通じるの?)
そのようなことがおきていると知らない主人がせかす
まあ どうすることも出来ずその場を離れた私
遠巻きに眺めている人が多かった
結末は解らないが
相手が非を認め謝罪しているんだもの
許す寛容さがあっても良いのになあ~
挙げた拳を下すチャンスを失った時
惨めさが残るだけだと思うのだが・・・・

外国の方のマナーが悪い方が多いと
不平を口にしていたが日本人も悪いなあ
▲婦人どのような生い立ちかな
どの様な教育を受けて育ったのかな

1日重い気持ちが続いた日であった


Securedownload 愛らしさが一層増したハル君


2017年6月15日 (木)

石垣島

5/27~6/5までの10日間
台湾三都市周辺と那覇・石垣島の
クルージングを楽しんできた
神戸発着だったので新幹線を利用して神戸まで
初めてのポートターミナル
心配もあり少し早目に家を後にした
(ジバングを利用して前もって用意)
Img036 行ってきま~す

郵船トラベルを利用して申し込みしている
トラベルカウンターはないが事前に郵送される
日程表に流れが解りやすく説明されている
ダイヤモンド・プリンセスは今回で4回目なので
チェックインカウンターの様子も理解できており
手続きは全て簡単に終了し船室に
考えてみたら昼食が済んでいない

14階のホライゾンコート(ブッフェ)で軽く
有難いことに早く乗船した人のために
昼食も準備されている
部屋に戻ればサムソナイトが届いている
部屋いっぱいに広げてクローゼットに整理
あれ~こんなもの持ってきたんだ
何時着るつもりだろう
忘れ物はなかったかな
此処まで来てしまえば仕方ないけれど・・・


最初の寄港地【石垣島】までは2日要する
色々のイベントには目もくれずひたすら眠った
食事もそこそこで眠った
人間って一体どのくらい眠れるのかと感心した
世界に興味を持ち
新しい発見をしようと旅する人もいるが
我が老夫婦のクルージングの最大の魅力は
非日常に身を委ねること
何ものからも解放され自分を見つめ直す時間でもある
目的地はその次かな
2日目のドレスコードはフォーマル

ウェルカム・パーティーが開かれた
グラス・タワーも最初は感激したが回を重ねると・・・
途中で失礼して部屋でルームサービスを受け
2人で乾杯wine wine
今回は女優の万田久子さんが乗船していた
まあ スタイルの良いこと
勿論 綺麗だった

          006  011
         せめての抵抗で少し大きめにUP
         万田さんごめんなさいね
         今年はドレス新調したんです

       石垣島
主人が最も希望した石垣島
石垣島離島離島ターミナルに停泊
テンダーボートで石垣島に渡り
更に乗り換え竹富島に渡った
星砂の浜そして水牛車観光のツアーに参加
ブログ友に色々教えて頂き嬉しかった
海の美しさはどのように表現したら良いのか
皆さんに理解してもらえるのかな
その場所を離れたくなかった
童心にかえって砂の星を探した
水牛で街中を散策したが赤レンガの街並み
琉球石灰岩を使っている石垣
道は真っ白なサンゴの砂とか

島民が全て綺麗に掃除し掃き清められていた
静岡では見かけない花・花
やっぱ南国だなあ
友のお奨めの石垣牛を食べられなかったのは残念
水牛の臭いに圧倒され食欲down
南国 石垣島は海が綺麗でもう一度ゆっくり
訪れたいと思った


  045 048

  052 059

2017年6月10日 (土)

お詫び

ただいま~
5日無事帰りました

悲壮感に襲われ時間を過ごした
庭に置かれた挿し木がやっと芽をだし
今年は・・・という期待も虚しく
枯れはてた無残な姿があった weep weep
鉢植えの花も枯れ・・・・
毎年頼んでいた妹よ
今年はどうしたんだい
文句も言えず感謝の言葉にお土産を添えた


朽ちた姿がそこにあるだけに辛い
人も植物も大切さに変わりはない

野菜類や田んぼは大丈夫だった
こちらは頼んだ人が良かった

此の季節は出かけた方も悪いと反省
衣類や布団・敷物etcすべて入れ替えの季節
まあ 大変なこと
早朝5時起床
草取りや洗濯に追われ疲れた
PCに向かう気にもなれず・・・


それに少年院のお茶販売
まとめてわが家に届くので配・集金
こちらは時間がかかる
彼らが更生の一環として栽培している
微力ではあるが寄り添いたいと毎年実施

言い訳や前置きばかりでごめんなさい
写真も整理して次回はきっと
クルージングの様子UPしますね



2017年5月25日 (木)

クルージング

多くの事が押し寄せ お疲れモードですが
5月27日~6月5日までクルージングです
今回はシェアエクスカーションの申し込みも
間に合わず一体どうなちゃうのか心配

早く選んで申し込んでくださいネ
どこでも良いよ
仕事で何回も行っているから良いよ
(それは貴方 私は違うの)
変な言い訳してとうとう締切に間に合わなかった
あれほど頼んでおいたのに・・・もう pout happy02
怒りたかったが言い合いしても仕方ないので
そうですか 私は楽しみにしていましたよ
この一言だけは言いました

しっかりと・・・ね
何と寛大かつ寛容な私でしょう

まあ 考えてみればクルージングの目的は
いつもと違った異空間に身を委ね
のんびりすることが目的だから・・・
良しとしよう
行ってきます~


しばらくお休みいたしますので
コメント欄も閉じております
再開予定は6月10日頃になりそうです
その節はまた覗いてくださいネ

002母の日に届いた工芸茶

276今年もお会いできるかしら

2017年5月20日 (土)

葬儀

16日 叔父死す  友人の奥さまの通夜にも参列
17日 納棺     
18日 通夜     
19日 葬儀     
(運悪くこの時期は田植えの準備がある
 主人は全然やっている時間もなく
 全て父の従弟が友人と共にやってくれた)
(いつも助けてもらっている・・・感謝)


我家からの分家なのでもう大変
一人娘を嫁がせてしまったので叔母1人
全てが我が夫婦の肩にのしかかってきた
娘もきたがやはりこの地の風習が解らない
田舎では隣保の方々のお手伝いもあり
香典返しや火葬場での食事
納骨して払いの膳の準備
今は業者が全て取り仕切ってくれる
決めるのは施主と喪主
親戚はお互いが助け合ってこそ親戚だ

4月3日に入院しすでに転移しており
手の施しようがないとの医師の言葉
1ヶ月入院しその後は訪問看護を受けていた
家族に自宅で看取ってもらうのが良いのかな
叔父は幸せだったと思うことにした

27日より出掛ける準備は全くしていない
集荷日は22日
どうしよう
今夜一晩中かかりそう
果たして間に合うのだろうか
寝室から聴こえる鼾
腹立たしい・・・う~ん

23日は田植え
もう一体わが家はどうなってしまうのだろう



001 中廊下に飾ったカスミソウ

        癒される~

2017年5月15日 (月)

おもてなし(??)

お友達とわが家でランチを
いつも2人分の準備
今日は久しぶりで5人分
時間内に出来るかな??
喜んでくれるかな??
特別なものはなくても
そこに友の笑顔があれば良い


   献 立 表 restaurant restaurant restaurant

鶏肉の甘辛丼
(鶏もも肉・三つ葉・そばの新芽・刻みのり・白ごま)

お吸い物
(花麩・若布・うど)

小松菜と油揚げのさっと煮
(小松菜・油あげ・煮干し)


水羊羹

つけもの

常備食もいろいろあるのでお出しした
お土産にフルーツ・ロールケーキを作った

楽しいお喋りは続いた


019 羊羹が少し硬かった・・失敗 down

016 1本ずつお土産に
        こっちは上出来と自画自賛

009010011012013
良く泡立て⇒焼き⇒生クリームぬって⇒フルーツいれ⇒巻く


2017年5月10日 (水)

夏期結集

静岡県仏教婦人会・夏期結集に参加し
信州の戸隠神社と善光寺に行って来た

県下各地区の檀家の代表が結集した
都合が悪く参加できない寺院もあり
今年は114名 バス3台
私は今年で3回目の参加
020 014
善光寺    仁王門

022
精進料理


先月は主人と女神湖に1泊した温泉旅行で
信州に行ったばかりだったがお役目とあらば
仕方ないとまたしても信州へ
好きな地でもあるので良しとした



善光寺ではかの有名なお戒壇巡りをした
瑠璃壇床下の真っ暗な回廊を巡ったのだが
怖いわ~前を歩いている人も観えず
壁に片手をかざして手探りで回るのだ
中程で「極楽の錠前」に触れると
秘仏の御本尊様と結縁を果たし往生の際に
お迎えに来ていただけるという
見つけたよ~触ったよ~
暗闇で叫ぶ女たちの声・声
静かにもっと厳かにあるべきでは・・・と
感じた私だった


僧侶が出仕して勤める厳かな法要が
毎日行われ《お朝事》《お数珠頂戴》と
言ってとてもご利益があると母から聞かされていた
その日によって時間はまちまちだとか
今回は参加できなかったが一度は参加してみたいな

お上人様は84歳(?)の女性だが
凛としたお姿は気品が満ち溢れていた


戸隠神社についてはいずれ

2017年5月 5日 (金)

子どもの日

お茶の伸びが悪いが刈った
そうなんです
またまたお出かけなんです
県仏教婦人部の夏期結集で信州へ
5/8 戸隠神社 5/9善光寺
これは仕事の一部
そんなわけでお茶を刈るのは今日しかなかった
主人がどんなに頑張っても2人刈り機なので無理
収穫量は少ないが仕方ないな
田圃の代掻きも待っている
忙しいと言いながらも楽しんでいる部分もある


010

今日は子どもの日

だいたい子どもというものは
《親の目がとどかないところ》でそだっていくんです
今朝の朝日新聞の折々のことばより

確かに仲間と共に少々怖い目にあいつつも
良いこと悪いことを学んでいく
友の有難さも味わうことになる
先生の授業よりずっと深い教育の場がある

子育てに正解はないと思う
3人の息子がいる我家だが
1人1人個性があり一様でない
自分の人生をしっかり生きられる人に
成長してほしい
柏餅は今年は買ってしまった


022    026
主人作      ブログ友作

2017年4月30日 (日)

4月から5月へ

4月も終わりだ
薫風のなか鯉のぼりが泳いでいる
その姿は勢いよく観ているだけでも心地良い

年2回の庭師による手入れが始まった
毎年黙っていても来て剪定をしてくれる
もう な~がいお付き合いだ
時間や経費は掛かっても木々は活き活きし
嬉しそうだ


005 009 012
                山椒も養生した
022 026 013
          アジサイの挿し木も根ついた

そんな中 友人とランチに出かけた
市内の高台に位置するレストラン
富士山を仰ぎ 駿河湾を望むことが出来る
食事は創作料理とでもいうのか
少しずつ種類多く見た眼にも楽しい
TVで放映されたこともあり
店内は女性ばかり

沸かし湯なれど足湯も希望すれば
用意してくれる
至れり尽くせりのレストランだった


007 008 009_2
010 011 これで1500円

2017年4月25日 (火)

のんびり

朝食の準備しながら洗濯機回し
ニュースに耳を傾け
テーブルには野の花を1輪

隣では主人が新聞に目を通している
日本茶をすすりながら japanesetea


こんな静かで穏やかな時間が好きだ
ずっと続くことを祈っている


月初めに入院した叔父はすでに手遅れ状態
時間を見つけてはお見舞いに伺い励まし
許す限り多くの事を話してきた
頑張るわ~と弱弱しい声


そのような叔父の姿を観るにつけ
今 置かれた立場で感謝を忘れてはいけないと
強く思うし穏やかな時間の尊さに感謝


今日は特に予定なし
整骨院にマッサジー治療に行くだけ
PC周りの整理整頓した
そろそろ冬物を片づけなくては・・・・
でも辞めよう
1日ぐらい自分のために過ごそう
徹底して手足を伸ばした


嗚呼 ラクチン ラクチン
018
 ケーキを焼いた


014 015 017
タケノコを頂き⇒釜に小糠と唐辛子を入れ⇒釜で茹でた




«総会